大阪ボランティア協会・事業レポート

大阪ボランティア協会で実施した事業・イベントの報告を掲載しています。

裁判員ACT通信 11号 裁判員交流会報告「証拠に確信が持てない難しさ」&「見て、聞いてわかる裁判を」

2014-08-22 11:45:02 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
//////////////////■□ 裁判員ACT通信 11号 □■//////////////////

 8月2日(土)、今年3回目の裁判員交流会を開催しました、
今回は、ゲストの裁判員経験者Aさんと安原浩弁護士のお話を中心に意見交換。
予定時間を超えて3時間半、濃い~話が交わされました。

●証拠に確信が持てない難しさ

 Aさんは2013年2月、名古屋地裁で裁判員を務めました。フランス人の女性が
中部国際空港に覚醒剤3.1キログラムを持ち込んだ事件で、女性は武装した
ナイジェリア人から「友人や家族に危害を加える」と脅されて運んだと主張。
 アフリカやフランスで起こった事を確認できる証拠がないことや、法廷での
通訳が的確でない印象を持ったこと、調書は評議室に1冊置かれていたものの、
分厚い書類を読む時間はなかったことなど、Aさんは「これだけの証拠だけで
判断するのは難しい」と感じたそうです。
 検察官の求刑は13年で、弁護士は5年を主張。「脅された」という被告人の訴え
は信用できず、報酬目的で持ち込んだという結論になり、8年の判決になりました。
 「懲役はなぜ年単位なのか、裁判長に質問したが明確な答は聞けなかった。
判例から3.1キログラムは多いらしいとわかったが、納得できる基準を持たない中で
出した結論が正しいのかどうか、答が出ない」と、感想を話してくださいました。
 証拠や評議の感想の他、「10日間の予定を空けて裁判所に行き、抽選でもれて
選任されない場合、ふつうの会社員は対応が難しい」など、選任手続きについての
意見や疑問もあったそうです。



●見て、聞いてわかる裁判を

 安原浩弁護士は、「Aさんは難しい裁判を担当されたと思うが、普通の裁判と
違い裁判員裁判の法廷が緊迫しているのは素晴らしいこと」とコメント。
 弁護士として裁判員裁判を担当された経験から、「裁判員は一生に一度の体験
なので法廷での話をよく聞き、真剣に考えている。検察官や弁護士が証拠に
基づかないことや不合理なことを言うと納得しない。検察官、弁護士が証拠に
基づいてわかりやすい説明ができているか、力量が問われることになる」。
 また、元裁判官の立場から、「若い裁判官は誘導しないように自分の意見を
言いながらも,裁判員の意見を引き出すように努力している」と実情を紹介して
いただきました。


★次回の裁判員交流会は10月4日(土)に開催します。
詳しくはお問い合わせください。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html
★フェイスブック
https://www.facebook.com/pages/裁判員act-裁判への市民参加を進める会/153869441396369?ref=hl
★事業報告ブログ
http://blog.goo.ne.jp/osakavol-report/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
http://www.youtube.com/watch?v=oewPvijMXB8
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60
 
 メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
 月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
 飛び入り参加も歓迎です♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 裁判員ACT通信 10号 活動... | トップ | 裁判員ACT通信 12号 フ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。