大阪ボランティア協会・事業レポート

大阪ボランティア協会で実施した事業・イベントの報告を掲載しています。

裁判員ACT通信37号 連続セミナー「裁判員裁判から見えてくる社会的孤立とその課題」の開催告知(再)

2016-06-11 13:28:27 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
//////////////■□ 裁判員ACT通信37号 □■//////////////

 伊勢志摩サミットが無事に終わり、二週間が経とうとしています。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
 裁判員ACTでは、今年度、全3回の連続セミナー「裁判員裁判か
ら見えてくる社会的孤立とその課題」を6月・8月・10月に開催い
たします。また、12月には、裁判員経験者と一緒に裁判員制度につ
いて考える恒例の学習会も開催します。既にお申込みいただいた皆様
ありがとうございます。会場の都合により定員数を設けておりますの
で、若干名となる残席を受付けております。詳しくは本メールに再度
添付いたしますチラシをご参照下さい。




 裁判員ACTは裁判員制度とともに7年間活動を続けています。ACT
メンバー内で裁判員制度そのものを見つめ考える視点と、セミナーや
学習会などで参加者を募り社会や司法の色々な問題について考える
場を提供してきました。今年度のテーマは、誰もが身近に感じられる
福祉や社会復帰などに焦点を当て、なぜ犯罪は起きるのか、私たちは
どう向き合えばいいのかを、連続セミナーを通じて実例の犯罪から原
因を考察し、社会の課題を皆さんと一緒に考えていきたいと思ってい
ます。

連続セミナーの内容は、下記のとおりです。
第一回:2016年6月19日(日曜日)14時~16時半
「彼はどうして罪を犯してしまったのか~社会的孤立と刑事司法~」
講師:辻川圭乃氏(大阪弁護士会)
内容:知的障がいなどのある人がなぜ犯罪行為を行ってしまうのか、
罪に問われるとき、刑事司法でどのような立場に置かれているのか、
いかなる支援が必要かという問題について、お話し頂きます。

第二回:2016年8月21日(日曜日)14時~16時半
「彼は社会に出たあとどうしているのか~出所者雇用の取組み~」
講師:岡本昌宏氏(セリエ・コーポレーション社長、
NPO法人なんとかなる(申請中)代表理事、職親プロジェクト)
内容:刑務所を出所後、円滑に社会復帰するためには、就労、教育、
住居などの支援が必要です。民間で出所者の支援を続けてこられた
立場から、出所者の支援についてお話し頂き、刑余者の社会復帰の
あり方について考えます。

第三回:2016年10月23日(日曜日)14時~16時半
「彼はどう裁かれたのか~裁判員裁判から見えてくる社会的孤立~」
講師:池田直樹氏(大阪弁護士会)
内容:裁判員裁判で審理される事件の中には、加害者側の社会的な
孤立がその背景にあったのではないかと考えられるものがあります。
介護疲れからの無理心中事件や、児童虐待事件などのほか、障がい
者が殺人行為をしてしまう場合もあります。具体的な事件をとおし
て、私たちはどのようにこれらの犯罪や裁判員裁判に向き合うべき
かを考えます。

 セミナーの開催場所は、市民活動スクエア「CANVAS 谷町」大会
議室(大阪市中央区谷町2 丁目2-20 二階)です。参加費は、
各1,000 円(当日払)ですが、第1~3回にすべて参加の方は初回
に3,000 円頂戴し、公開学習会(12/3に開催します・後述)の受講
料を500 円にいたします。大阪ボランティア協会の個人会員は、第
1~3回をすべて参加の場合、2500 円です。

 上記の連続セミナーのほか、以下の公開学習会を予定しています。
公開学習会:2016年12月3日土曜日 13時半~17時
「私たちは裁判員制度にどう向き合うか~裁判員経験者たちの思い」
講師:裁判員経験者数名その他(調整中)
参加費:1000円

 以上の連続セミナーおよび公開学習会への参加お申し込みは、
①ホームページから、
又は②本メールに添付しておりますチラシのフォームに記入のうえ、
FAXにてお願いいたします。
 皆様とご一緒できることを楽しみにしております。


※※※※※※※※※※※※※※※※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
事務局:〒540-0012
大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会(担当:永井)
e-mail: office @osakavol.org
URL: http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html

★フェイスブック
https://www.facebook.com/saibaninact.osakavol
★事業報告ブログ
http://blog.goo.ne.jp/osakavol-report/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
http://www.youtube.com/watch?v=oewPvijMXB8
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60

メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
裁判員ACT通信へのご意見・ご感想もお待ちしております。
-----
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員ACT通信36号 裁判員法施行7年を迎えて

2016-05-21 19:54:41 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
//////////////■□ 裁判員ACT通信36号 □■//////////////

裁判員法施行7年を迎えて
                  西 村  健
裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(裁判員法)が成立したのが
2004(平成16)年5月28日、施行されたのが2009(平成21)年5月
21日である。今年2016(平成28)年5月21日で、施行後7年が経過
したことになる。法律成立後からは約12年である。
2001(平成13)年6月12日付の司法制度改革審議会報告書
http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/report/ikensyo/pdf-dex.html
で裁判員制度導入が提案されたが、それからすると約15年である。
裁判員裁判という用語もほぼ定着し、日常化している。

弁護士会や私は、裁判員制度導入前、日本に市民参加制度を導入した
場合、必ずうまくいくと主張してきた。しかし、頓挫の危惧感が全くなかっ
たかといえばうそになろう。戦前の陪審は、1928(昭和3)年から施行
されたが、実施件数が減少傾向にあったからである。また、戦争が理由
とはいえ、約15年後の1943(昭和18)年に停止された。そして、何より
も、あの敗戦必至の状況で停止された際にでも戦争終了後の復活が
予定されていたが、民主憲法となり、裁判所法でも陪審復活が予定され
たものの、約60年にわたり市民参加制度が導入されなかったからである。
日本人は、それほど、市民参加制度に抵抗感を有しているのかという
危惧感である。しかし、全くの杞憂であった。おおむね順調に推移してい
ると言えよう。そして、社会の在り方を考える大きな動力にもなりつつある。

ただ、裁判所への出席率が減少し、他方、裁判員の辞退率が上昇する
http://www.saibanin.courts.go.jp/vcms_lf/h28_2_saibaninsokuhou.pdf
など、参加程度が気になる状況にある。しかし、例えば、当初と比較して
長期審理の裁判が増えてはいるので、3日程度までの審理の場合と
比較して、ある程度下がるのはやむを得ない。他方、参加したくてもでき
ない人も一定数存在するのであろう。例えば、就業先の理解が得られ
ない、育児介護を任せる人がいない等である。これらは、勤労や福祉等
の在り方とも密接に関連しており、その原因分析や対策が必要となって
いる。これらの改善は、日本の社会の在り方そのものの改善にもつなが
るであろう。

次に、高裁・最高裁で無期となった死刑判決が3件あったり、最高裁で
減刑された求刑超え判決もあるなど、不適切な重罰化傾向にあるので
はないかとの印象も否定できない。他方、仮に重罰化だとしても、国民
の意見が反映された結果であって、むしろ従前が軽すぎたのではないか、
また、裁判官だけで判断する上訴審で裁判員裁判の量刑を否定すること
はおかしいのではないかという意見もあろう。ただ、少なくとも言えることは、
裁判員裁判が導入されたからこそ、広く国民の間で量刑の在り方について
議論されるようになったということであろう。ルール違反に対してどのような
罰が適切なのか社会全体で考えていくということも、日本の社会の在り方
そのものと関連する。

このように課題はあるものの、今後も試行錯誤、改善改革を重ねながら、
裁判員制度は運営されていくであろう。その際の基本は、私たち自身が
この社会を支えていく、そのことに責任を持つ、裁判員制度を通じて
社会の在り方をも考えていくという点にあろう。市民参加制度導入の
是非を議論していた司法制度改革審議会のヒアリングにおいて、
四宮啓弁護士は、「陪審制というのは大きな車輪ですから、動かすには
最初の動力が必要です。大変だと思います。しかし、この審議会でその
最初の動力を与えていただければ、法曹三者や国民や研究者の方々の
協力をいただいて、必ずうまく動かすことができると思います。
国民を信頼する司法というのは、必ず国民からも信頼されると私は思い
ますし、国民を信頼する国というのは、必ず国際的にも信頼される国だ
と思っています。」と述べた
http://www.kantei.go.jp/jp/sihouseido/dai30/30gijiroku.html )。
審議会の大勢を、評決権ある市民参加制度導入に傾けさせた重要な
発言であった。今後も、裁判員ACTが、車輪を動かす大きな動力となり、
活動を拡大継続することを願ってやまない。

※※※※※※※※※※※※※※※※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
事務局:〒540-0012
大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
(担当:永井)
e-mail: office @osakavol.org
URL: http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html
★フェイスブック
https://www.facebook.com/saibaninact.osakavol
★事業報告ブログ
http://blog.goo.ne.jp/osakavol-report/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
http://www.youtube.com/watch?v=oewPvijMXB8
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60
メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
裁判員ACT通信へのご意見・ご感想もお待ちしております。
-----
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員ACT通信35号 裁判員ACT:連続セミナー開催のお知らせ

2016-04-21 19:56:14 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
//////////////■□ 裁判員ACT通信35号 □■//////////////

 新年度が始まりました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 裁判員ACTでは、今年度、全3回の連続セミナー
「裁判員裁判から見えてくる社会的孤立とその課題」を6月・8月・10月に
開催いたします。
また、12月には、裁判員経験者と一緒に裁判員制度について考える
恒例の学習会も開催します。
チラシを本メールに添付いたしましたので、ご参照下さい。





裁判員ACTは、裁判員制度が始まってから7年の間、活動を続けてきました。
裁判員制度という視点から、社会や司法の色々な問題について考える場を
提供してきました。これまでの活動を通し、裁判員を体験した人から
様々な声を聞きました。中でも多く聞かれたのは、「犯罪はなぜ起きてしまうの」
「犯罪者となった人は裁判の後はどうなるの」「どのように社会復帰していくの」
という声でした。
司法は社会の縮図です。特に刑事司法は社会のひずみや歪みを
そのまま反映しています。本来は福祉や教育によって対応されねばならないような
社会問題への対応がうまくなされず、その結果としてセーフティネットから
漏れた人々が社会的に孤立して逸脱行動に走り、犯罪者とされてしまうという構図が
存在します。いったん刑務所に入ると、問題に適切に対応する体制が
不十分であるがために、出所後の社会復帰がスムーズに行われにくくなっている
という状況もあります。
そこで今年度は、連続セミナーを通して、実際の事件などから
犯罪の原因を考えます。そして、社会の側がどのように刑事裁判や犯罪に
取り組むべきなのかという課題を様々な視点から考えていきたいと思っています。

連続セミナーの内容は、下記のとおりです。
第一回:2016年6月19日(日曜日)14時~16時半
「彼はどうして罪を犯してしまったのか~社会的孤立と刑事司法~」
講師:辻川圭乃氏(大阪弁護士会)
内容:知的障がいなどのある人がなぜ犯罪行為を行ってしまうのか、
罪に問われるとき、刑事司法でどのような立場に置かれているのか、
いかなる支援が必要かという問題について、お話し頂きます。

第二回:2016年8月21日(日曜日)14時~16時半
「彼は社会に出たあとどうしているのか~出所者雇用の取組み~」
講師:岡本昌宏氏(セリエ・コーポレーション社長、
NPO法人なんとかなる(申請中)代表理事、職親プロジェクト)
内容:刑務所を出所後、円滑に社会復帰するためには、就労、教育、住居などの
支援が必要です。民間で出所者の支援を続けてこられた立場から、
出所者の支援についてお話し頂き、刑余者の社会復帰のあり方について考えます。

第三回:2016年10月23日(日曜日)14時~16時半
「彼はどう裁かれたのか~裁判員裁判から見えてくる社会的孤立~」
講師:池田直樹氏(大阪弁護士会)
内容:裁判員裁判で審理される事件の中には、加害者側の社会的な孤立が
その背景にあったのではないかと考えられるものがあります。
介護疲れからの無理心中事件や、児童虐待事件などのほか、障がい者が
殺人行為をしてしまう場合もあります。
具体的な事件をとおして、私たちはどのようにこれらの犯罪や裁判員裁判に
向き合うべきかを考えます。

 セミナーの開催場所は、
市民活動スクエア「CANVAS 谷町」大会議室(大阪市中央区谷町2 丁目2-20 二階)です。
参加費は、各1,000 円(当日払)ですが、
第1~3回にすべて参加の方は初回に3,000 円頂戴し、
公開学習会(12/3に開催します・後述)の受講料を500 円にいたします。
大阪ボランティア協会の個人会員は、第1~3回をすべて参加の場合、2500 円です。
 
上記の連続セミナーのほか、以下の公開学習会を予定しています。
公開学習会:2016年12月3日土曜日 13時半~17時
「私たちは裁判員制度にどう向き合うか~裁判員経験者たちの思い」
講師:裁判員経験者数名その他(調整中)
参加費:1000円

以上の連続セミナーおよび公開学習会への参加お申し込みは、
①ホームページから、
又は②本メールに添付しておりますチラシのフォームに記入のうえ、FAXにて
お願いいたします。皆様とご一緒できることを楽しみにしております。

今年度も、裁判員ACTをよろしくお願いいたします。

※※※※※※※※※※※※※※※※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
事務局:〒540-0012
大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会(担当:永井)
e-mail: office @osakavol.org
URL: http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html

★フェイスブック
https://www.facebook.com/saibaninact.osakavol
★事業報告ブログ
http://blog.goo.ne.jp/osakavol-report/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you
tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
http://www.youtube.com/watch?v=oewPvijMXB8
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60

メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
裁判員ACT通信へのご意見・ご感想もお待ちしております。
-----
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員ACT通信34号 裁判員ACT:来年度の予定

2016-03-21 16:42:56 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
//////////////■□ 裁判員ACT通信34号 □■//////////////

1. 2015年度の活動報告
 2015年には、6月と11月の2回、公開の学習会「みんなで考えよう裁判員裁判」
を開催しました。裁判員裁判に関する基本的なレクチャーに続いて、複数の
裁判員経験者や、裁判員裁判を担当した経験のある弁護士のお話を
聞くことによって、裁判員裁判が実際にどのように運用されているのかを
明らかにすることができました。
 また、9月には公開セミナー「科学捜査とは?」を開催しました。
京都府警科捜研の元技官である平岡義博さんをお招きし、鑑識や科捜研の
仕事の内容に関するお話を通じて、科学捜査が実際にどのように
行われているのかを学ぶことができました。
 以上のほか、はびきの市民大学で開催された連続講義「裁判員制度の今を知る!」
(2015年10月から2016年1月)のカリキュラム構成の際にアドバイスを行い、
また講義への講師の派遣を行いました。
 また、チームの内部でも、様々なテーマの勉強会を開催しました。
裁判員経験者の聞き取りは継続的に行っております(その内容につきましては、
これまでのACT通信をご参照下さい)。
それに加えて、大阪地裁に申込みを行い、裁判官の出張説明会を開催して頂きました。
大阪地裁への傍聴、島根あさひ社会復帰促進センターの訪問なども行いました。
以上のように、2015年度も活発な活動をすることができました。
ACTチームの活動をさらに知りたいという方は、是非事務局にご連絡ください。

2. 2016年度の予定
2016年度は、これまでのような活動に加え、さらに刑事裁判や
裁判員制度の役割について考えて行くための活動を行おうと考えております。
具体的には、連続セミナー「裁判員裁判から見えてくる社会的孤立とその対策」を
6月より、隔月で4回開催しようと考えております。
ACTチームでは、これまで「裁判員制度」を入口として、市民が司法における
様々な問題について考える場を提供してきました。今までお話を聞いてきた
裁判員経験者が、裁判に関わった感想を述べる際に口をそろえるのは、
「犯罪はそもそもなぜ起きてしまうのか」、「犯罪者とされた人は
裁判の後はどうなるのか、どのように社会復帰していくのか」
というような疑問でした。
そこで、この連続セミナーでは、実際に起こった事件等から犯罪の原因が
どのようなものなのかを考え、そして犯罪が行われてしまった後に
社会の側がどのように取り組むべきなのかという問題について、
様々な視点から考えていきたいと思います。
 講師には、この問題に詳しい弁護士の先生方や、民間の支援団体の
メンバーの方をお招きしようと思っています。
 詳細につきましては、また本通信でお知らせいたします。
是非セミナーにお越し下さい。
 2015年度も皆様には大変お世話になりました。
2016年度も引き続き、裁判員ACTの応援をお願いいたします。

※※※※※※※※※※※※※※※※ ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
事務局:〒540-0012
大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会(担当:永井)
e-mail: office @osakavol.org
URL: http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html

★フェイスブック
https://www.facebook.com/saibaninact.osakavol
★事業報告ブログ
http://blog.goo.ne.jp/osakavol-report/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
http://www.youtube.com/watch?v=oewPvijMXB8
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60
 
メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
裁判員ACT通信へのご意見・ご感想もお待ちしております。
-----
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員ACT通信33号 企画・実施協力「はびきの市民大学」

2016-02-24 21:32:41 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
//////////////■□ 裁判員ACT通信33号 □■//////////////

 裁判員ACTが企画に協力した「はびきの市民大学」“裁判員裁判の
今を知る!~さまざまな角度から見た裁判員裁判~”が終了しました。
講座は平成27年10月から平成28年1月にかけて12回開催され、裁判員
ACTメンバーも講師を務めました。

「はびきの市民大学」は羽曳野市の生涯学習事業で、毎年、歴史・
経済・時事・音楽・健康など多種多様なテーマの講座を企画しています。
「はびきの市民大学」としては、裁判員裁判をテーマとした講座は
2回目の実施です。2010年前期講座では、2009年5月から始まった
裁判員制度の理解を目的に連続講座が開催されました。今回は裁判員法の
見直しもあり、「今、裁判員制度はどのようになっているか」について、
弁護士だけではなく、裁判員経験者やマスコミ、裁判官や検察官など
多方向から話していただく講座を企画しました。

「自分は働いているし、仕事を休んでまで裁判員として参加できない」や
「自分にそんな人を裁くなんてできるわけがない」といった消極的な
意見をお持ちの方も社会には多くおられ、裁判員候補者となっている方が
実際に呼び出された時の出頭率も低下している中で、裁判員制度のことを
知っていただき、正しく理解し、前向きに受け止められるようになって
いただきたいという想いで、内容を作り上げました。

第1講義
題目 入門① 裁判とは、刑事裁判とは
第2講義
題目 入門② 裁判員制度とは 経験者のお話を交えて
第3講義
題目 裁判員裁判の実際① 裁判員裁判の具体例から
第4講義
題目 裁判員裁判の実際② 裁判所見学と裁判傍聴
第5講義
題目 裁判員裁判の実際③ 裁判員裁判の流れを知る
第6講義
題目 裁判員裁判の実際④ 検察官の職務と裁判員裁判
第7講義
題目 裁判員裁判の実際⑤ 記者の目から見た裁判員裁判
第8講義
題目 司法への市民参加  諸外国と日本の裁判はどう違う?
第9講義
題目 裁判員を体験してみよう 模擬評議
第10講義
題目 裁判員裁判の現状と課題① 裁判員、市民の視点で

第11回
題目 裁判員裁判の現状と課題② 刑事裁判の課題
第12講義
題目 裁判員裁判の現状と課題③ まとめ

 講座には17名の方が参加され、熱心な眼差しで講師の言葉を受け止めて
いました。
 受講生の感想には、「裁判員裁判を身近に感じることができた。候補者に
なれば参加してみたい」や「今後、ニュース等で裁判員裁判の判決などが
報道された時には、これまでとは違った感覚で聞くと思う」など、制度に
関心を持ち、裁判への参加に前向きな気持ちになれたというものが多く
ありました。
 また、「裁判に関わる様々な立場の方から、生の声が聞けてよかった」や
「個人ではおそらく行くことのない裁判傍聴や模擬評議を体験できてよかった」
といった、今回の企画の意図に合った感想もいただきました。


 以下は、受講生として参加した、裁判員ACTメンバーの感想です。

【裁判員ACTメンバーの感想】
 裁判員ACTに参加していても断片的にしか知らない刑事裁判についての
基礎知識を習得する良い機会だと思い受講しました。弁護士や裁判官、
今まで身近に会ったことのない検察官、大学の先生や記者など、裁判員裁判に
かかわる様々な専門家のお話が聴けて、大変充実した有意義な講座でした。
また、その講師の多くが裁判員ACTのメンバーであることに誇らしさも感じました。
裁判員裁判に参加することは、憲法で定められた国民主権の具体的な実践行為
だと思いますが、社会的活動をしている私の身近な活動家達でも、「通知が
来ても辞退すればいい」と平気で言い放つお寒い民主主義の現状です。
裁判員裁判が真の「民主主義の学校」として機能していくためには、このような
講座によって市民が裁判員裁判を知り、裁判についての知識を一般教養として
身に着ける必要があると思います。
 だから、このような立派な講座が羽曳野地域限定の開催なのはもったいなく思い、
先日の裁判員ACTの例会で大阪市内での開催を提案しました。幸い共感を得て、新年度の
事業として刑事司法関係の連続講座が開催される予定になりました。ぜひ市民の
皆様のご参加をお待ちいたします。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html
★フェイスブック
https://www.facebook.com/saibaninact.osakavol
★事業報告ブログ
http://blog.goo.ne.jp/osakavol-report/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
http://www.youtube.com/watch?v=oewPvijMXB8
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60

 メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
 月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
 裁判員ACT通信へのご意見・ご感想もお待ちしております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加