大阪ボランティア協会・事業レポート

大阪ボランティア協会で実施した事業・イベントの報告を掲載しています。

裁判員ACT通信45号 ~「ミニ学習会」の報告(2017年4月29日開催)~

2017-05-31 21:43:13 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
///////////////■□ 裁判員ACT通信第45号 □■/////////////////

 ゴールデンウイークも終わり、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 今回の裁判員ACT通信第45号は、裁判員ACTの「ミニ学習会」(2017年4月
29日開催)の報告です。

 裁判員ACTでは、昨年度より、「裁判員裁判から見えてくる社会的孤立とそ
の課題」として、様々な視点から犯罪の原因を考え、社会の側として、今後ど
のように取り組むべきかについて探ってきました。今回は、裁判員ACTメン
バーだけではなく、このテーマに興味のある新聞記者や経験者などにも参加
いただき、合計18人で昨年度開催された連続セミナー講演録をもとに語り合
いました。

 まずは、簡単に昨年度の3回の連続セミナーを振り返ります。

第1回(2016年6月19日) 彼はどうして罪を犯してしまったのか~社会的孤立
と刑事司法~
大阪弁護士会所属の辻川圭乃氏より、3つの事件を紹介いただき、障害のあ
る人が加害者となった事件の背景を知りました。

第2回(2016年8月21日) 彼は社会に出たあとどうしているのか~出所者雇
用の取組み~
セリエ・コーポレーション社長の岡本昌宏氏より、福祉施設や少年院などから
少年少女を受け入れ、仕事を提供し親代わりになってきたセリエの取組みを
紹介いただきました。

第3回(2016年10月23日) 彼はどう裁かれたのか~裁判員裁判から見えて
くる社会的孤立~
大阪弁護士会所属の池田直樹氏より、介護殺人の事例をご紹介いただき、
事件に至る前に取りうる方法などについてお話しいただきました。

 それでは、ミニ学習会の報告です。今回、最もたくさんの意見が出たのは、
第1回で取り上げられた知的障害がある人が起こした事件についてでした。

 まず、裁判官、検察官、裁判員いずれも障害に対する理解に乏しいという
ことが課題であるという意見が出ました。また、捜査段階でも知的障害があ
る人は他者に迎合しやすい、先の見通しが難しいという障害特性から、調書
を取られるときに、何にでも「ハイ、ハイ」と言ってしまい、「未必の故意(犯罪
事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が
発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態:出典
 小学館デジタル大辞泉)があった」とされてしまうことがあるとのこと。その
防止策としては可視化が有効であるとの意見が出ました。
 大阪弁護士会には、司法と福祉が連携する必要性が高いと考えられる被
疑者・被告人に障害がある場合などに、福祉専門職に関与してもらい、被疑
者・被告人の支援に協力する仕組み「大阪モデル」があります。現在の日本
の制度では検察官に起訴するかどうか決める権限があり、起訴されるとほぼ
有罪になるため、起訴前に障害特性のわかる福祉関係者が関与する必要が
あります。このような取り組みが全国に広まることが必要であるとの意見も出
ました。
 ただし、障害といっても、「ここから障害」と簡単に線引きできるものではなく、
障害を持つ人の中には高校を卒業し社会生活を送っている人もいるそうです。
そのため障害に気づいていない人も多く、療育手帳を取得するなどの認定を
受けることができるにもかかわらず受けていない人は、受けている人の5倍
程度はいるとのこと。司法との関係から言うと、刑事施設に収容されている人
にも知的障害が疑われる人が多くおり、障害が見過ごされ、出所後適切な
支援が受けられないため、また罪を犯してしまうという意見も出ました。

 最後に参加者から感想として次のような意見が述べられました。

 社会的孤立を防ぐために取り組んでいる自治体もあり、これは少子高齢化
社会対策とクロスする部分が多い。動き出している自治体もあるが1700あ
る全国の自治体すべてとはなっていないため、全国に伝える必要がある。
裁判官、検察官、弁護士、行政いずれもみな考えていると思う。
 再犯防止の取材をされた方からは、知的障害にはボーダーが多く、刑務所
出所後に支援の在り方を考える必要がある。何もなしでは犯罪を繰り返して
しまうとのこと。中間支援施設で教育+仕事など支援が必要になる。
 裁判員裁判の辞退率が高いことが問題となっている。守秘義務の問題もあ
り、裁判員経験者の経験が他に伝わらず、辞退につながると考えられる。
 職親プロジェクトでは少年院出所後すぐに連れていくのが条件となっている。
ただ、福祉とはつながっていないところも多いようで課題ではないか。
 地域の在り方は重要である。否定的な面も含め地域共生社会について考
える必要がある。住民参加は良いことばかりではない。公的責任の後退で
あってはならず、公的責任を住民で負うのは無理である。
 裁判員裁判では裁判員がなぜ被告人が犯罪してしまったのか共感できる
かどうかにかかっていると感じる。検察側の意見に流されがちである。
 子から親への虐待、ネグレクトも蔓延しており問題であり、セーフティーネッ
トもできていない。裁判員ACTは生活者の目線から活動しており、それは大
切なことだと思う。縦割り社会の中で受け皿から   はみ出ている人をどう
救うのか。

 【編集後記】
 障害を持つ人が罪を犯してしまったとき、障害特性からうまく反省の念を表
現できなかったり、罪を犯す以前に別の被害にあっていることを説明できな
かったりする、ということを知らないと、裁判員に選ばれても正しい判断をす
ることができないでしょう。昨年度の学習会で紹介された事例では、いずれ
の加害者も障害や貧困のせいで社会的に孤立しており、適切な支援を受け
ることができませんでした。もし適切な支援が受けられれば罪を犯すに至ら
なかったのではないかと思われます。障害があるため、経済的に苦しいため
困っているということなら、福祉的な支援制度があり、窮状をうまく説明でき
ない人でも、制度を知っている人や組織とうまく繋がれば何とかなることは
多いと考えます。でも、そのような人の中には、助けを求められない、求め
たくない人もおり、必要なところに支援が届かないということは非常に難し
い問題であると思いました。

 今年度も、昨年度に引き続き、「連続セミナー?裁判員裁判から見えてくる
社会的孤立とその課題?」第2弾を予定しております。
 第1回:2017年9月24日 刑事事件から見える貧困~法律・制度を貧困者
の味方に~(大阪弁護士会 小久保氏)
 第2回:2017年10月29日 少年事件の裁判員裁判~裁判員は非行の背
景にどこまで踏み込めるのか(大阪弁護士会 岩本氏)
 第3回:2017年12月2日 公開学習会
(題名はいずれも仮)
 ぜひ、ご参加ください。みなさまとお会いできることを楽しみにしております。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
事務局:〒540-0012
大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会 “裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会(担当:永井)
Email: office@osakavol.org
URL: http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html
★フェイスブック
  https://www.facebook.com/saibaninact.osakavol
★事業報告ブログ
  http://blog.goo.ne.jp/os…/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you tube版)
  http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
  http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60&feature=youtu.
メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
裁判員ACT通信へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員ACT通信44号 ~「裁判員ACT」からのお知らせ~

2017-04-06 21:13:39 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
///////////////■□ 裁判員ACT通信44号 □■///////////////////

大阪ボランティア協会「裁判員ACT」からのお知らせです。

*************************
【1】「2016連続セミナー」講演録を発行。
【2】今年度も「連続セミナー」を予定。
【3】『ウォロ』で「傍聴カフェ」連載を開始。
【4】ミニ学習会(4月29日)参加者募集(無料)
【5】傍聴カフェ(5月17日)参加者募集(無料)
*************************

【1】「2016連続セミナー」の講演録を発行しました。
 昨年度、大好評だった「連続セミナー?裁判員裁判から見えてくる社会的
孤立とその課題?」の講演録を冊子にまとめました。3回分の講演内容をま
とめた冊子です。
 定価300円ですが、昨年、このセミナーに参加された方やこのACT通信を
見てご注文された方には、一冊100円でお譲りします。ぜひご購読ください。
また、送料を負担いただけるのであれば、発送もいたします。希望される方
は、ぜひ裁判員ACTまでご連絡ください。
*****2016年「連続セミナー」講演録の内容*****
<第1回>
彼はどうして罪を犯してしまったのか?社会的孤立と刑事司法?
講師:辻川圭乃(大阪弁護士会)2016年6月19日
<第2回>
彼は社会に出たあとどうしているのか?出所者雇用の取組み?
講師:岡本昌宏(セリエ・コーポレーション社長)2016年8月
21日
<第3回>彼はどう裁かれたのか?裁判員裁判から見えてくる社会的孤立?
講師:池田直樹(大阪弁護士会)2016年10月23日

【2】裁判員ACTでは、今年も連続セミナーなど様々な活動を計画しています。
 裁判員ACTでは、2月18日・19日に行われた大阪ボランティア協会の「事
業計画会議」にメンバー数名が参加して、2016年度の活動報告と今後の活
動計画を報告しました。
 まず、昨年評判だった「連続セミナー?裁判員裁判から見えてくる社会的孤
立とその課題?」は、今秋も引き続き、第2弾を予定しています。
 第1回:9月24日(日)
 第2回:10月29日(日)
 第3回:12月2日(土)
 また、手軽に参加できる「傍聴カフェ」や「ACTミニ学習会」、裁判員の聴き
取りなども引き続き実施します。

【3】『ウォロ』で、裁判員ACTの連載が新しく始まります。
 裁判員ACTでは、裁判員裁判を傍聴する「傍聴カフェ」を定期的に実施して
います。こうした機会を通じて、裁判員ACTメンバーが見た実際の「裁判員裁
判」について、市民活動総合情報誌「ウォロ」で連載することになりました。
裁判傍聴を通して、社会の片隅で起きている事件を市民の目で見つめ、福
祉や社会の様々な問題について考えていきます。第1回目は、介護疲れか
ら認知症の妻と心中を図ろうとした夫の裁判員裁判「介護殺人未遂」をとり
あげる予定です。
 新連載は、「ウォロ(6・7月号)」から掲載予定です。

【4】ACTのミニ学習会(4月29日)を実施します。
 2016年に実施した「連続セミナー?裁判員裁判から見えてくる社会的孤立
とその課題?」の講演録を読んで、みんなで気軽に語りあいましょう。
 連続セミナーを聴講された方だけでなく、聴講できなかった方も、この機会
にご参加ください。
 講演録は、大阪ボランティア協会にて100円で販売します。
 2017年4月29日(祝)15時?17時

   市民活動スクエアCANVAS谷町 小会議室
   参加費:無料

【5】第13回傍聴カフェ(5月17日)のお知らせです。
 ACTメンバーと一緒に裁判を傍聴してみませんか。「裁判員裁判」を傍聴し
て、法律家に専門用語や裁判についての解説を聞いたり、感想を語りあい
ましょう。まだ裁判を見たことがない初心者の方も安心です。ご興味がある
方は、この機会にぜひ。大阪ボランティア協会までお気軽に申し込みくださ
い。どなたでも参加できます。
  2017年5月17日(水)
大阪地方裁判所正面玄関 9時半集合
   ACTスタッフ、明賀英樹(大阪弁護士会)
   参加費:無料

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
事務局:〒540-0012
大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会 “裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会(担当:永井)
Email: office@osakavol.org
URL: http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html
★フェイスブック
  https://www.facebook.com/saibaninact.osakavol
★事業報告ブログ
  http://blog.goo.ne.jp/os…/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you tube版)
  http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
  http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60&feature=youtu.
メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
裁判員ACT通信へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員ACT通信43号 ~私たちは裁判員制度にどう向き合うか~

2017-01-21 17:10:31 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
  //////////////■□ 裁判員ACT通信43号 □■//////////////


 2016年12月3日に裁判員ACTの公開学習会が開かれ、強盗殺人罪に問
われた被告の裁判員裁判を経験した会社員・松尾悦子さんの実体験や、甲南大の
笹倉香奈教授による裁判員制度の仕組みについての講演があり、参加した市民ら
約20人が熱心に耳を傾けました。松尾さんからは「裁判員経験者がいろんな意
見を出さなければ制度は良くならない」との指摘がありました。経験者と弁護士、
市民らによる班ごとのグループディスカッションもあり、もし自分が裁判員に選
ばれたらどうしすればいいのか、様々な意見を出し合いました。

▼笹倉教授「捜査手続きの改善を」

 笹倉教授からは刑事裁判と裁判員制度の概要について説明がありました。冒頭
では、刑事手続きは国家が不当な刑罰を科さないようにする手続きであるという
点や、裁判は証拠に基づいて事実認定されなくてはならないなどの原則について
紹介がありました。
 さらに、裁判員制度が導入された経緯や目的を巡り、最高裁の2011年の大
法廷判決を引用し「(制度は)司法の国民的基盤の強化を図るものである」「司
法権の行使に対する国民の参加という点で、参政権と同様の権限を国民に付与す
るものである」という解説がされました。海外の制度については、アメリカやイ
ギリスの「陪審制度」や、ドイツなどの「参審制度」の仕組みを確認し、日本の
裁判員制度については最高裁の資料を用いながら、選任方法や裁判の流れ、守秘
義務について時間が割かれました。
 裁判員制度の課題についても指摘がありました。2009年の制度開始から、
裁判員の呼び出しに対する出席率が年々低下している実態があることや、北九州
で暴力団員による裁判員への「声掛け」があったことなど、精神的ケアが必要と
されている点です。
 最後に、笹倉教授は「日本の刑事手続きの一番大きな問題は捜査手続きにあっ
たと言われてきた。ここが改善されなければ刑事司法全体が良くなったと言える
のか。裁判員制度だけでなく今後の課題となる」と問題提起し、講演を締めくく
りました。

▼松尾さん「一生に一度の経験」

 松尾さんは2010年に仙台地裁で、強盗殺人罪に問われた被告の裁判員裁判
に参加しました。当時「遺体なき殺人」と報道された事件で、意図的に殺害した
のか、そうではないのかが争点となりました。
 松尾さんは社会福祉士と精神保健福祉士の資格を持ち、障害者の就労支援の仕
事をしている女子中学生の母親です。大学時代には、少年犯罪などの司法福祉の
勉強をしており、もともと裁判員制度についての知識もありました。ただ、実際
に最高裁からの通知を郵便で受け取ったのはお母さんで、「あなた何やったの」
と職場に電話が来たそうです。「たぶん裁判員だから、何もやっていないから大
丈夫だよ」と言うと、ようやく安心してくれました。
 参加に向けて、職場には裁判員休暇がありましたが、1週間休むための引き継
ぎは大変だったそうです。それでも「仕事は1週間分を取り返せても、裁判員は
一生できないかもしれない」と思い、参加を決断したそうです。
 事件については事前に調べることはありませんでした。「素人として参加した
方が良いんだろうな」と思ったからです。守秘義務について裁判所では「法廷で
見聞きしたことは公開されているからしゃべっても良いが、評議室の内容はだめ
です」と説明があり、「それが分かりやすかった」と振り返っていました。
 初公判が始まり、対面した被告の印象は「普通のこざっぱりした人が出てきた」
というものでした。松尾さんと被告とは同年代のどこにでもいるような人。検察
側と被告の言い分が違うのを見て「ああ割れているな」と感じた一方、弁護側は
「何を言っているかよく分からない。切れがなかった」と感じ、法廷用の資料も
文章だけの分かりにくいものでした。
 お昼ご飯は「大」か「小」のお弁当だけでした。あまりおいしくもなく、外に
買いに行ったり裁判所の食堂を使ったりはできなかったことが不満だったそうで
す。「死刑はないと思っていた」と予想していたとおり、検察側の求刑は無期懲
役。
 その後、量刑検索システムを使って、有期刑か無期刑かを判断し、判決では強
盗致死罪にとどまると認定し、被告人に懲役15年を言い渡しました。当時の被
告の印象は「すごく納得したように見えた」そうです。終わった感想は「充実し
ていた」。松尾さんは裁判所から贈呈されたバッジや感謝状、判決文の下書きも
持参され、披露して頂きました。
 しかし、判決はその後、仙台高裁で地裁に審理を差し戻されます。裁判所から
連絡はなく、報道で知ったそうで、「できるものなら控訴しましたとか、連絡が
ほしかった」と求めていました。差し戻しの裁判は、最初の審理を録画したDV
Dを見る内容。松尾さんは「高裁で『審理が尽くされていない』と言われても、
評議室のことは言えない。その内容を伝えることが一切できず嫌だった。審理を
尽くしたと言うほかに、反論ができないからです」と話し、憤りを見せる場面も
ありました。
 差し戻しの裁判では検察側の求刑と同じ無期懲役の判決がいったん言い渡され
ましたが、最終的には最高裁で松尾さんらが下した懲役15年の判決が確定しま
した。松尾さんは「被告は罪を犯して刑に服さないといけない。でも、こんな無
駄な時間を経験する刑はないはずだ。被告はつらかったのではないか」と指摘し
ました。服役後の被告については「出てくるときは60歳を超えて仕事もない。
そうなると、仕事柄、司法福祉で就労支援でも難しい。とにかく穏やかな老後を
過ごして頂きたい」と話していました。「裁判員制度を良くするにはどうすれば
いいですか」という質問に対しては「裁判員経験者が言いたいことを言える環境
ではない。いろんな人がいろんなことをしゃべっていかないと何も変わらない」
という危機感を示していました。
 最後に、これから裁判員に選ばれる人へのアドバイスをお願いすると、こんな
風に答えてていただけました。「もし呼び出しが来たらまずは行ってください。
一生に一度しかできない経験だと思います。嫌々やっていたら良い裁判にはなら
ない。興味を持ってやっていただければ、必ず良い経験になると思います」。

▼市民ら「イメージわいた」

 公開学習会の最後には、参加した市民らと弁護士、大学教授ら有識者が班ごと
に分かれて、裁判員制度について意見交換をしました。「どんな事件が裁判員裁
判の対象になるのかイメージがなかったが、今日聞いてやってみても良いと思っ
た」「体験談を聞くことで、裁判員候補者になったときのイメージがわいた」な
どの意見が出ました。京都弁護士会の遠山大輔弁護士は、裁判員裁判で被告が黙
秘権を行使した事例を紹介し「裁判員から被告に『あなた無実なんでしょ。だっ
たら黙秘するとか言わないでちゃんとしゃべったらどうですか』と質問した人も
いる。黙秘権をどう分かってもらえるかが次の課題だ」という決意表明があり、
その後の懇親会でも黙秘権について議論が盛り上がりました。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
事務局:〒540-0012
大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会 “裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会(担当:永井)
Email: office@osakavol.org
URL: http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html
★フェイスブック
  https://www.facebook.com/saibaninact.osakavol
★事業報告ブログ
  http://blog.goo.ne.jp/os…/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you tube版)
  http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
  http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60&feature=youtu.
メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
裁判員ACT通信へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員ACT通信42号 ~彼はどう裁かれたのか~

2016-12-29 10:50:58 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
///////////////■□ 裁判員ACT通信42号 □■///////////////////

年の瀬を迎え、寒さもだんだんと厳しくなってまいりました。皆様いかがお過
ごしでしょうか。
今回の裁判員ACT通信では、10月23日(日)に開催しました「連続セミナー
-裁判員裁判から見えてくる社会的孤立とその課題」の最終回のご報告を
いたします。
 今回のセミナーは、「彼はどう裁かれたのか~裁判員裁判から見えてくる
社会的孤立~」と題して、弁護士の池田直樹先生(大阪弁護士会・上本町
総合法律事務所所長)にお越しいただき、ご講演いただきました。具体的な
事件例を通して、加害者側の社会的孤立が背景と考えられる犯罪に対して
どのように向き合うべきか、このような事件を審理する立場として裁判員裁
判とどう向き合うべきかを考えていきました。

 まずは、以下に今回先生よりお話いただいた事件例をご紹介いたします。
【例1:京都事件】
 介護者である息子(54歳)が被介護者である認知症の母(86歳)を絞殺しま
した。父はすでに亡くなっており、息子は仕事しながらも一人で母の介護の
すべてを請け負っていました。息子は介護に専念しなければならず止む無
く退職。
 生活保護は「まだ働ける」として受け入れてもらうことができず、求職活動
も「介護の空き時間だけ」で長時間働けない条件下では成功しませんでした。
やがて雇用保険が切れ、生活費が底を尽いた息子は、母と共に最期の思
い出作りのために京都市内に出かけた後、事件現場へ。母を絞殺し、自身
も自殺を図りましたが意識を失っているところを通行人に発見されました。
 判決は承諾殺人で懲役2年6カ月・執行猶予3年となりましたが、8年後に
彼は自殺しました。
 (参考動画: https://www.youtube.com/watch?v=QLjXRMoM7Ec )

【例2:名古屋無理心中事件】
 夫(68歳)が30年間連れ添った認知症の妻(74歳)を絞殺しました。夫は妻
を一人で介護していましたが、回復の見込みがないことに絶望し、妻を絞殺。
自身も自殺を図りましたが死ぬことができず、後に警察に出頭しました。
 裁判では多くの嘆願書や寄せられ、執行猶予付きの有罪判決でしたが、
判決の4日後に5階の自宅から飛び降り死亡しました。

 これら2つの事件には、介護による加害者の社会的孤立という背景があっ
たと考えることができます。では、このような事件はなぜ起こってしまったの
でしょうか。また未然に防ぐことは出来るのでしょうか。
池田先生からは、『「法的正義」という観点からこれらの事件を見た時には、
「罪を犯した事実」がある以上被告を裁くことは筋が通っていると考えること
ができる一方で、「社会的正義」という観点から見た時には、加害者が罪を
犯す原因となった「孤立」の状況を生み出した社会が彼らを裁くことには正
当性があるのか』というお話がありました。このような事件を防ぐには同情
ではなく「不法行為(殺人)」以外の選択肢を社会が用意する必要があり、
ここで重要となってくるのが成熟した地域コミュニティーです。例えば長野県
諏訪市の「シルバーネット」のように、介護サービスが利用料の滞納により
ストップになってしまう前に訪問相談があれば「不法行為」以外の選択肢を
提供できることでしょう。地域コミュニティーによって相談ができる、頼ること
のできる環境があるということは、犯罪の原因となりかねない「孤立」を解消
するのに有効な手段となるようです。介護殺人に関わらず、事件を犯す前や、
刑務所を出所した後など各フェーズにおいて地域コミュニティーが各人の居
場所を用意することが社会的孤立を背景とする事件の発生を未然に防止し、
事件を解決していくポイントとなっていくことでしょう。

最後に池田先生より、コミュニティーを形成する一員としての裁判員に「法廷
で介護殺人の被告人に語りかけてください」とのメッセージをいただきました。
罪を犯してしまった被告人を社会からはじき出すのではなく、「あなたには帰っ
てくる場所がありますよ」と声を掛け、再び社会で受け止める姿勢が、孤立に
よる死の連鎖を断ち切ることに繋がるかもしれません。

グループディスカッションでも今回のテーマのような事件に対して「かわいそう
に」「でも仕方ないよね」で済まさずに、同じ社会の一員として受け止めること
の難しさ、今後社会として受け止めるツールはないのかという発言が多くあっ
たように思います。根本的な解決を目指すため、地域コミュニティーの一員と
して一丸となって考えていくことが求められていくことでしょう。

[文責:小坂祐貴]

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
事務局:〒540-0012
大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会 “裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会(担当:永井)
Email: office@osakavol.org
URL: http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html
★フェイスブック
  https://www.facebook.com/saibaninact.osakavol
★事業報告ブログ
  http://blog.goo.ne.jp/os…/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you tube版)
  http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
  http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60&feature=youtu.
メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
裁判員ACT通信へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裁判員ACT通信41号 ~「今市事件勉強会」報告~

2016-12-04 12:23:18 | 裁判への市民参加を進める会(裁判員ACT)
///////////////■□裁判員ACT通信41号 □■///////////////////
■今回は、今市事件の公判(2016年2月29日~4月8日)を傍聴された栃木県
の白鴎大学法学部平山真理教授に来ていただき(9月10日)、「今市事件裁
判員裁判を通じて刑事司法制度の課題を考える~取り調べの可視化、裁判
員の負担、被害者問題」とのテーマで講演された内容の報告です。
今市事件とは、当時の今市市(現在は日光市)で2005年12月に小1女児が行
方不明になり翌日遺体で発見された事件です。2014年1月になって別件で逮
捕された被告人が「本件の殺人を自供した」として起訴され、公判では被告は
「殺していない」と無罪を主張したのに有罪・無期懲役の判決でした。
1回目は傍聴席数の20倍以上の人が詰めかけたこの事件の公判は16回にわ
たり、平山講師はそのうちの半数ほどを傍聴されました。証人が計17人で内
16人が取り調べた検察官や警察官などを含む検察側だった特徴ある裁判員
裁判でした。被告人の自白調書以外には殺害に直接つながる物証がなく、
取り調べ状況をほぼ録画しながら、被疑者が一番最初に自白されたとされる
肝心の部分は録画されておらず、しかし、後日、別の検察官に対して供述して
いる様子の録音録画を見て、自白の信用性を裁判員が判断してしまったとい
わざるを得ないなど、多くの問題点がありました。

■講演で講師は以下の論点に整理して、この裁判への思いを話されました。
<論点1>事件による被害者、地域社会への影響
 事件後8年間は誰も逮捕されず、被害者遺族の苦しみや地域社会の不安が
続き、捜査機関への非難が彼らを焦らせた。事件を契機に子どもへの声掛け
を規制する条例が栃木県などで制定され、「不審者」排除の傾向が強まる。
<論点2>取り調べの可視化のあり方
 被疑者が検察官に対して最初に殺人を自供したとされる場面は録画されて
ないが、「こうやって刺して…」と別の検察官に対して被告が進んで自白して
いるように見える映像が裁判員に与えるインパクトは絶大で、「取り調べの可
視化」が検察の新たな武器になっている。
<論点3>裁判員の負担と守秘義務
 15日間の審理で裁判員に負担が大きかった長期裁判で、難しい判断を迫ら
れて議論し悩んだ経験を人に話して社会に還元したいと思う裁判員もいるだろ
うに、守秘義務によりほとんど話せないのは酷ではないか。
<論点4>刑事裁判と被害者
 刑事裁判で一定の重大事件については、被害者が被害者参加制度により
関与できるので、本件でも被害者遺族が参加していたが、被告人の否認事件
で事実認定前に被害者側の意見を裁判員・裁判官に聞かせることに問題はな
いのか。また、被害者が裁判に参加した場合に、参加することで更に傷ついた
被害者はサポートを受けられるのだろうか。
                            <論点整理、以上>

■検察官による取調べで2人目の“優しい”検察官に変わったことで、被疑者が
大いに迎合的になって自白したと言えますが、公判で裁判員が被告人に「どう
して自白したのか」と質問したことに対して、弁護人は弁論で被告人が迎合した
心理について充分に述べなかったとのことです。「やってもいないのに『やった』
と言うはずがない」とほとんどの人が思っているのだから、被告人が追い込まれ
た長期の勾留による取り調べの問題や心理状況を説明すべきだったと言えます。

■判決では、検察官が証拠とした「Nシステム」(自動車の走行記録)の記録や、
鑑定により被害者の遺体に付着していた猫の毛と被告の飼っていた猫とが同じ
グループに属する(同体ではなく)、その他、「スタンガンの空き箱」、「被告人が
出した母親への謝罪の手紙」等の証拠はどれも、「被告人が犯人ではないとす
れば合理的に説明できない」と言う程度にまでは、被告人の有罪を証明できて
いない。しかし一方、被告人が検察官に対して述べている自白は具体的で、被
害者の遺体や遺棄現場の様子と矛盾しない、という説明で被告人を有罪にした
ものでした。傍聴していたマスコミ関係者も「これで有罪は、ないね」と語ってい
た人もいたとのことです。
講演を聞いた参加者からの質疑でも、被告人のDNAが被害者の遺体から見つ
かっていないことや、自白と現場の状況が違う点などについて、「足利事件の反
省が生きてない」との意見や、「Nシステム」や猫の毛鑑定などの問題点も含め
て疑問に思う、との多くの意見が出されました。

★【編集後記】講演を聞いて、根拠の弱いこんな証拠で「そういうこともありうる
」などと裁判官が解釈して有罪になるのなら、「誰でもいいから犯人にして事件
解決に持ち込みたい」と警察・検察権力が思えば、今後も事件に無関係の無
実の人間が都合良く犯罪者にされかねない恐怖を感じます。加えて、司法改
革の一環として先日の刑事訴訟法改正で採用された「司法取引」も怖い。「あ
いつが○○した」と被疑者が嘘を言っても無実の人間が犯人にされかねず、
この制度化に疑問を感じます。(森岡)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
★“裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会
事務局:〒540-0012
大阪市中央区谷町2丁目2-20 2F 市民活動スクエア「CANVAS谷町」
(福)大阪ボランティア協会 “裁判員ACT”裁判への市民参加を進める会(担当:永井)
Email: office@osakavol.org
URL: http://www.osakavol.org/08/saibanin/index.html
★フェイスブック
  https://www.facebook.com/saibaninact.osakavol
★事業報告ブログ
  http://blog.goo.ne.jp/os…/c/75d41997315d8237933718b371a797bf
★裁判員ACTの提言(you tube版)
  http://www.youtube.com/watch?v=Pwk2ee2Dqe0
★裁判員ノート~裁判員になったあなたへ(you tube版)
  http://www.youtube.com/watch?v=JFUgKlTPP60&feature=youtu.
メンバーは裁判員経験者を含む市民、弁護士、記者など。
月1回、CANVAS谷町に集まっての例会を中心に活動しています。
裁判員ACT通信へのご意見・ご感想もお待ちしております。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
コメント
この記事をはてなブックマークに追加