アネッティワールド

日常の体験から・・・

小樽運河ナイトクルーズ 

2017年07月23日 07時36分57秒 | 北海道

北海道旅行最後の夜は小樽運河でナイトクルーズです。

運河と海峡の違いは人工か自然にできた物かの違いですが

小樽運河は内陸を掘って作った運河ではなく海岸線を埋め立てて作った

非常に珍しい「埋め立て式運河」です。

 

小樽運河を40分ほどかけて女性キャプテンが歴史や名所を案内してくれます。

 

中央橋を浅草橋に向かってスタートしました。

数時間前行ってきた小樽ビール館です。 テラスで一杯もいいですね

Uターンして海に向かいます。

天候によっては海にでることができないときもあるそうです。

小さい船なので水面ギリギリを航行しています。

船から上半身を乗り出して夜景を楽しみながら興奮気味でシャッターを切ってました。

小樽観光振興公社を右手に

左には大型フェリーを誘導するタグボートが見えます。

正面に小さく小さく見えるのがその大型フェリーです。

舞鶴港から20時間以上かけて小樽に到着するフェリーです。

 

あのフェリーに乗っている1人の男性と翌日出会うなんてこの時はまだ知るよしもありません。

 

ボートの向こうに見える建物はショットバーのようです。

大好きなショットバーがこんなシチュエーションのところにあれば行きつけにしたいな 

 

左に見える建物はショッカーだったかな?

戦隊もののテレビのロケで使われたところだそうです。

不気味で怖そうな倉庫です。

あの螺旋は上から荷物を滑り下ろすものだとキャプテンが説明していました。

 

約40分のクルーズでしたが、歴史名所を聞きながらあっという間のひとときでした。

 

ホテルに帰る途中に昼間見付けてたバーがあったので寄ってみました。

あの朝ドラ「マッサン」のモデルになったニッカの直営店です。

 

竹鶴氏の妻 リタから  その名も「Rita」

エリーもマッサンも来たそうです。

ニッカなのでサントリー系のウィスキーは置いていません。

でもお薦めのウヰスキーを頂きながらドラマ「マッサン」を思い浮べ

風間杜夫演じる熊虎の「にしん御殿」へ行く予定をここで立てたところです。

 

よし  明日はにしんを食べに行こう 

 

 

 

 

ジャンル:
夜遊び
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小樽 出抜小路(でぬきこうじ) | トップ | にしん御殿 小樽 貴賓館  定... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guuchan)
2017-07-23 08:55:09
わぁ~~~~
ロマンティック♪
 水面に映る建物のライトの美しい事。。。
 こんな場に居たら幸せだろうなぁ~と羨ましく思いました。
ついて行けばよかった(笑)

 次に期待の出逢いがありそうですね~
 次回アップが待たれます♪
Unknown (せいパパ)
2017-07-23 15:29:32
小樽の夜を満喫してますね
クルージングは優雅で良いですね
説明を聞きながらだと
飽きずに乗ってられるだろうな。
小樽運河は埋め立てて出来たとは
知らなかったです。
船上から! (路渡カッパ)
2017-07-23 23:32:53
夜景が美しいですね、船から撮るのはかなり難易度高いと思うのですが、素晴らしいです♪
guuchanさん (アネッティワールド)
2017-07-25 10:05:43
>ついて行けばよかった(笑)

どうぞどうぞついてきてください。
北海道に詳しいguuchanさんに
観光スポット教えていただきます(笑)

せいパパさん (アネッティワールド)
2017-07-25 10:08:12
案内してくれる方がいると
旅の思い出に花が添えられます。

秋の小樽運河も味わってみたいです。
路渡カッパさん (アネッティワールド)
2017-07-25 10:12:43
ありがとうございます。

EOS 6D Mark Ⅱ新登場の発表が届きました。

心揺れますが、 じっと我慢の子です。
Unknown (リカ)
2017-07-25 16:58:45
ロロロ、ロマンチック~!
また写真がきれい!おかげさまで、こちらの体感度も高くなります。
あの廃墟ビル?の螺旋、気になってとくとく眺めていたところでした。荷物用だったとは~。
リカさん (アネッティワールド)
2017-07-27 00:16:41
ありがとうございます。

今回は水の上でいろいろ体験できました。
最後のここだけカメラを落とす心配なく
撮ることに集中できました。

あと少しの北海道 お付き合いくださいね。

コメントを投稿

北海道」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL