アネッティワールド

日常の体験から・・・

陶芸の森 信楽

2016年12月07日 15時22分27秒 | 滋賀県

どこに行けばよいのか解らず

いただいたマップを片手に車を走らせました。

レオが走れる大きな広場有りました。

陶芸の森です。

天気のいい日は信楽の街を見下ろせる高台にあるんです。

さらに階段を上がるともっと見晴らしがいいのだろうけど・・・

ダイエット階段だって

ダイエットの必要はないけど、膝が悪いので見上げるだけで断念。

ご主人様を真似てかレオも階段を見るだけで Uターンです。

金比羅山など数々の階段を登らせてきたので

我が家のペット君は階段を好まないようです

ここがいいのかな?

 

陶芸の森と言うだけあって

広場にはいろんな作品があります。

↓ <BOOK>だそうです。

 

 ↑ REGRET  未練となっていました。

政治家の合言葉の「遺憾に思う」じゃないんですね。

こんな可愛いものも

 

校外学習で地元の小学生が来てるくらいで

平日は静かな街です。

『1食だけのランチ、

  外れの無いよう鼻を利かせてマップとタブレットをにらめっこ』

 

美味しそうな蕎麦屋さんを発見

いざ出発

車大好きなレオはこの時期、車内でおとなしく待ってくれているので安心なんです。

 

 

 

『芸術』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信楽陶苑たぬき村 | トップ | 手打ちそばと朝宮茶の店 黒田園 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (せいパパ)
2016-12-07 20:32:10
益子焼も確か大きなタヌキが
デンといた気がします。
焼き物とタヌキは関係があるのかな〜
Unknown (よっちん)
2016-12-07 22:55:20
信楽焼というと
タヌキばかり連想されますが
私はタヌキ以外の
信楽焼の陶器が大好きです(*^_^*)
Unknown (FREUDE)
2016-12-08 07:39:02
狸以外のおもしろい作品が並んでいますね

せいパパさんがおっしゃるように益子にも
巨大な狸が置かれていますね
信楽焼に習ってできた笠間焼から分かれた益子焼ですから
狸の焼き物も伝わったのでしょう

膝や腰は無理をなさらないほうがいいと思います
Unknown (guuchan)
2016-12-08 18:11:30
 若いころに買い集めた陶器も断捨離しましたが、どうしても捨てきれず残っているものの多くは、信楽の器が多いです。
 長く使ってて、使いやすく手になじんできます。
せいパパさん (アネッティワールド)
2016-12-09 14:52:23
栃木県益子焼も有名なんですね。
もちろん行ったことありませんが・・・

狸は「他を抜く」という洒落から転じた
縁起物みたいですね。
よっちんさん (アネッティワールド)
2016-12-09 14:54:02
よっちんさんのブログで紹介されていた
コーヒーカップ素敵でしたね。

とても気に入っています。
guuchanさん (アネッティワールド)
2016-12-09 14:56:01
そんなに信楽焼きが手になじんでいいんですか。
もっと下調べして行けば良かったです。

今は愛媛県の砥部焼で買った茶碗が
気に入っています。
FREUDEさん (アネッティワールド)
2016-12-09 14:58:16
土の性質によって
各地の窯でいろんな特色ある陶器が
出来上がってるんですね。

この歳になって知らないことが多すぎます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL