大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!

●●情報も含めた速報です●●( 詳しくはそれぞれご確認を)

5/15 鳥影うすい大阪城公園。

2017年05月15日 | Weblog
 新緑の風は心地いいが、鳥見人にとってはいかんせん鳥影が薄い。

 大阪城公園に到着した時は、いきなりオオムシクイのさえずりで、これは! と期待したがその後はさっぱり。

 出会った数人の知り合いも 「静かですねー」 と。

 さすがの大将も、市民の森でベンチに座ったまま。「さっき、ようやくメジロの声が・・・」

 基本的に多くの夏鳥は、すでに繁殖地に到着して一番忙しい時を過ごしている。

 しかし、大阪城公園の渡りは全く終わった訳でなく、サンコウチョウは今月いっぱいは可能性がある。トケンもまだ続く。

 ただ4月のような賑わいはない。

 社会運動顕彰塔、オオムシクイ。
 音楽堂西側上、アオバト鳴く。
 ツバメ、西外堀と内堀で3羽。
 イソヒヨドリ♂♀、第二寝屋川。

 アトリ1羽、天守閣東側配水池。
 カワラヒワ1羽、もみじ園。
 コゲラ1羽、ドラミング音楽堂。
 シジュウカラとメジロはさえずりが多い。

 カルガモは、人工川に1羽。そばに行ってみると、上がってきて足元に寄ってくる。グヮア・グヮアと鳴き、私と目を合わせようとする。

 何も持ってないからねー。と離れると悲しそうな目。
 食パンの耳でも持ってくればよかったかなと。

 カモへの給餌の是非。自分の意見を持っていないと。理論武装と言えば大げさだけど。

 カルガモはその後第二寝屋川で2羽。

 キンクロハジロが南外堀に5羽。意外と遅くまで残っている。まさかすべて越夏組では。

 先日、大阪でメジロを飼育していた約12人が逮捕され家宅捜査を受けたとのニュース。171羽のメジロを保護したと。

 大阪城公園でも、かつて何度か密猟があった。メジロの場合は、さえずりのテープを流し、近くに鳥もちか、カスミ網が仕掛けてある。

 これからの幼鳥が巣立つ時期に狙われことが多い。鳥見で各地へ出かけた時、密猟を見つけたら、ただちに警察へ通報をよろしく。
 自分で直接対応しないこと。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5/12 サンコウチョウ・コル... | トップ | 5/17 アオバトが鳴いたと聞く。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL