大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!

●●情報も含めた速報です●●( 詳しくはそれぞれご確認を)

8/9 カワウ。

2017年08月09日 | Weblog
 今朝もクマゼミがうるさいだけで、鳥見は変わらない。

 東外堀を2羽のツバメが低く飛んで、時々水面にタッチ。飲水か水浴か。始めは赤褐色が見えたように思えた。
 一瞬、これはとリュックを下してカメラを出そうかと!

 コシアカツバメなら、2002年に1度だけ観察したことのある珍鳥。
 しかし、今回は、ただツバメだった。

 アオサギ、カルガモ、カワウ、シジュウカラ、キジバト、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。

 これまで、観察記録の一環として写真撮影も続けてきた。
 昔の分はポジフィルム、デジタル分は外付けハードディスクに記録している。

 その中から、気に入ったものや思いのあるものなどは、2Lサイズにプリントして、ファイルに保存している。

 そのうえ、プリントした写真すべてに、その時の思いや、感情や、もろもろを書いている。

 感激や興奮や喜びは、時とともに薄れる。やがて忘れる。悲しいけれど事実。

 そのため、文章にして残している。それが今では700件近くにも。

 第二寝屋川でカワウを見ながら思った。
 今は冬期だけでなく、一年中見られる鳥。誰も振り向かないカワウ。私も 「カワウか」 としか。

 始めての時の感激を忘れかけている。
 久しぶりに例のファイルの中から、カワウの最初のページを開いてみた。
 
 その時の思いが一気に頭の中を巡った。そうだった!!!


■ カワウ 1996.1.1 南外堀

 12月29日早朝、小雨の振るなか南外堀でカモのカウント中にカワウが着水。急いで車に駆け戻りカメラを取り出す。心臓の鼓動が激しく胸が苦しい。最近こんな一生懸命走ったことがない。体力の低下を感じる。
 その時、一段と雨足が強くなってくる。無情。眼鏡が水滴で曇りよく見えない。カメラにも雨。15分ほどで飛び去る。無念。
 
 翌日早朝、上空を4羽のカワウが飛翔。南外堀の上を旋回して南に飛び去る。高度からすると南外堀から飛び立った様子。
 正月の三が日は、カワウに賭けることにする。3日間の間で何とか撮影を成功させたい。  やって来る可能性は十分あると自分に言い聞かせる。

 元日5時過ぎ目が覚める。窓の外を見ると、いまだ夜は明けず真っ暗、しかし雨は降っていない。しばらく床の中でまどろみながらカワウを夢見る。
 6時半起床、朝食。7時南外堀に到着。午後から来る可能性は低いと思われる。午前中が勝負だろう。
 7時半カワウ現れ低く飛ぶ。降りてくれと心の中で祈りながら目で追う。カワウ着水。暗くて露出が厳しいうえ距離も遠い。前回の行動から、こちらの方向に来ると予測し、追いかけずに植え込みに体を隠して待つ。

 カワウは潜水を繰り返しながら徐々に近づいてくるが、距離は約100m。逆光の水面が輝く。狙いを波紋にカワウのシルエットに変える。
 十数枚シャッターを切るが条件は非常に悪い。もう少し明るくなってくれ。しかし願い空しくカワウ飛び立つ。双眼鏡の中でカワウが小さくなっていく。今しばらくいてほしかった。ああ残念辛い悔しい。

 風が出てきて寒い。芯から冷える。カメラの前を行ったり来たりして体を温めながら待つ。
1時間、2時間。冷える。冷える。体が冷える。
 突然目の前をカワウが飛翔通過し着水。20cmを超える魚を飲み込む。日も昇って条件は完璧。
 カワウの動きに合わせて移動しながら撮影を続ける。ファインダーの中でカワウと目が合う。約100枚ほど興奮して撮影。成功。
 カワウ飛び立つ。小さくなっていくカワウに心に中で手を振りながら見送る。緊張感から一気に開放される。その場に座り込んで煙草を吸う。うまい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 8/6 大阪城公園と蕎麦。 | トップ | 8/12 センダイムシクイ。静... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL