大阪城公園の野鳥 元山裕康のこんなん出てます!

●●情報も含めた速報です●●( 詳しくはそれぞれご確認を)

3/30 ついに夏鳥到着との情報が!!

2017年03月30日 | Weblog
 歩いていると汗をかきそう。服装が冬と変わらないので、今朝の気温ではさすがに暑い。
 出掛ける時に、何を着て行けばいいか迷って慣れたのを着た。

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/27 トラツグミも出発したのだろうか?

2017年03月27日 | Weblog
 風が冷たく感じない。さえずりや、蕾のふくらみで春を感じる。

 セグロカモメが第二寝屋川で3羽。南外堀に1羽着水。で合計4羽。
 ユリカモメは出合いなし。いつもセグロカモメの方が遅くまで残る。ユリカモメが4月の中旬以降くらいまで残ってくれると、頭の黒い奴に合えるのに。

 昨日は高校野球で、延長引き分け再試合が二つもあった。球児の真剣な姿は引き込まれる。みんな、その年代を過ごしてきたんだから。

 大相撲もびっくり! 負傷して出場の稀勢の里。負けは当然も、横綱としての責任で出たのだろうと。解説の親方たちも。
 
 彼の苦しい気持ちを思うと、勝ち負け以前に、傷をより痛める事がないようにと祈った。
 それが勝ってしまうのだから驚き。2番も。

 東外堀を除くと景色が変わっていると言えるほど。カモが見えなくてオオバンばかり目立つ。しかも少ない。

 オオバンは東外堀に76羽が最多で、他の堀を合わせて計113羽。どんどん少なくなる。

 トラツグミ、昨日も今日も見られていない様子。山へ向かったのかも。
 次々と旅立っていく鳥たち。

 青屋門の元バス駐車場では、自衛隊の車両が数十台が並ぶ。迷彩服の隊員たちが物々しい。圧倒される雰囲気も、日本のために頑張ってくれているんだろうと。

 今回は石垣清掃と広報活動。装甲車のドアに虎の絵。昨年隊員に聞いた話の記憶では 「阪神タイガース」 と云々。
 災害地で設営される風呂も設置されていた。暖簾は 「六甲の湯」 だったか。南極の氷も試食できそうだった。

 時間が早くて入浴も試食もできなかったが、昼ごろなら間違いなく。風呂入れまっか?南極の氷で酒飲みたいねんけど・・・と声を掛けていた。

 ツグミは各所で6羽。全て地面で。
 シロハラは各所で21羽。これも地面で採餌。
 ジョウビタキは、人工川で♀1羽。

 アトリは、太陽の広場東の森やみどりのリズムで計56羽。
 カワラヒワは、計5羽のみ。
 シメ、飛騨の森。


 エナガは、音楽堂西側上ほかで計5羽。留鳥になりつつある。
 コゲラは、音楽堂西側上1羽。
 アオジは、音楽堂西側上で2羽。胸を黄色く染めて、枝に上がってぐぜっている。

 一番やぐらで出会った方から、イソヒヨドリ、ハイタカ、ハヤブサの観察情報。えーびっくり。出会いのないのばかり・・・。

 オカヨシガモは計14羽。
 ヨシガモは計11羽。

 ヒドリガモは計45羽。
 マガモは計2羽。
 
 カルガモは計4羽。内堀ではアヒルと一緒に2羽が。
 コガモは計25羽。

 ホシハジロは計、26羽。
 キンクロハジロは計、113羽。ホシハジロとはずいぶん変わった。

 カイツブリが、東外堀・南外堀・西外堀で各1羽。

●今日の可愛い鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、セグロカモメ、カワラヒワ、アトリ、ツグミ、シロハラ、カイツブリ、オオバン、カワウ、シジュウカラ、コゲラ、エナガ、アオジ、ハクセキレイ、ジョウビタキ、オイソヒヨドリ、ハイタカ、ハヤブサ、メジロ、ゴイサギ、ウグイス、シメ、モズ、ツバメ、アオサギ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/25 待ち遠しい春の渡り。

2017年03月25日 | Weblog
 早朝は曇天ながら、予報ではこれから晴れる。

 ピースおおさかでは、「ジロ」 名付け親がトラツグミの前に。今日もニシオジロビタキは出ていない。

 旅立ったことは間違いないようだと肩を落とす。先ほど 「残念さん」 に手を合わせ旅の無事を祈ったと言う。
 
 余談ながら、「ジロー・ジロー」 と声を掛ける人がいるが、「ジロー」 は間違いだと彼が言う。

 「一郎、次郎」 のジローでなく、ニシオジロの 「ジロ」 だと。
 だから、「ジロー」 と呼びかけてもだめ。「ジロ」 だと。

 ウグイスのさえずりは、元射撃場・音楽堂西側上・豊国神社・豊国神社東。豊国神社東のが一番上手にさえずっていた。

 シロハラは各所で42羽。
 ツグミも各所で9羽。

 カワラヒワは、各所で7羽。大きな群れに出会わなかった。
 アトリは、各所で47羽。飛騨の森で群れ。

 シメは、修道館裏、豊国神社裏など、一番やぐらでは5羽が枝に群れていた。渡りが近いのだろう。

 ジョウビタキは♂が城南地区。♀が豊国神社裏。

 オオバンは、合計133羽。一番多かった東外堀もとうとう100を切った。
 カワウは、合計14羽。
 ゴイサギは、北外堀ねぐら2羽のみ。

 マガモが、人工川♂♀の2羽。西外堀が♂♀ペア以外に♂2。合計6羽。近年マガモがやや増加傾向。

 人工川でアオサギ。
 わずか5メートルほど先に動かない。逃げない。私を見ない。こんなアオサギは初。

 トビ2羽が上空飛翔、ひでキングからメール。
 そういえば、バス駐車場で出会った時、今日は 「タカの春の渡り」 観察するつもりだと言っていた。

 オカヨシガモは計26羽。
 ヨシガモは計8羽。

 ヒドリガモは計54羽。
 北外堀を回っていると、ヒドリガモ2羽が堀から出て前に。すぐに飛んで堀に戻った。
 なおも堀のカモをカウントしながら進むと、今度は6羽が木々の間を採餌しながら歩いている。
 
 城南地区の人工川周辺で、カルガモが歩いているのは何度か見たが、北外堀の外側をヒドリガモが歩いているのは初めて。
 その先でも観察し計10羽を確認。

●今日の素晴らしい鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、カワラヒワ、オオバン、ツグミ、シロハラ、カイツブリ、カワウ、シジュウカラ、ウグイス、アオジ、トラツグミ、メジロ、キセキレイ、ジョウビタキ、アオサギ、コゲラ、ハクセキレイ、シメ、アトリ、ゴイサギ、セグロカモメ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/24 ニシオジロビタキ旅立ち!

2017年03月24日 | Weblog
 ウグイスの声を聞きながらピースおおさかへ向かうと、数人の鳥友たちが集まっている。いつもと違う雰囲気。遠くから見ても分かる。

 悲しい出来事が頭に浮かぶ。
 「ジロ」 が居ないと言う。やはり・・・。この日がきた。

 朝7時前から、一度も見られていないらしい。これまでなら10分以上も出てこないことはなかった。
 すぐ横で今とばかりに、遅咲きのウメが満開で朝日に輝く。主人公が旅立った事を知っているのか。

 大将が 「泣いてる二人の記念撮影するから並んで」 とちゃかすと皆が大笑い。

 でも、I 氏の目が赤いと指摘される。確かに。涙か・・・。
 当人は、「いや、これは目に・・・」 ゴミが入ったと、ごまかすような仕草。

 ♪♪♪
 「私の瞳が ぬれているのは
  涙なんかじゃないわ 泣いたりしない
  この日がいつか 来る事なんか
  二人が出会った時に 知っていたはず」

 松山千春の歌 「旅立ち」 

 鳥たちとの出会いは、男と女の出会いに似ているかも知れない。別れは突然やってくる。

 トラツグミも見当たらなかったが、その後見つかったとの知らせ。最近は特に行動範囲が広がったので、すぐに会えるとは限らない。
 近いうちに、トラツグミとも別れの日が来る。

 ツグミは各所で7羽。
 シロハラは各所で28羽。
 ジョウビタキは北外堀で♂1羽。 

 カワラヒワは太陽の広場東の森で17羽。
 アトリはみどりのリズム、豊国神社裏で24羽。
 シメは市民の森で1羽。
 
 今朝のウグイスのさえずりは、沖縄復帰の森・人工川・修道館裏の3か所。
 シジュウカラのさえずりも各所で聞かれる。

 モズ♀1羽、もみじ園。
 アオジは、音楽堂西側上、修道館裏で3羽。

 大阪城公園駅から大阪城ホールまでの間が大きく変わっている。
 「ジョー・テラス・オオサカ」 おしゃれなカフェやスポーツ施設などが入った建物ができるのはニュースで知っていたが、

 工事現場を日々見ていると、想像以上に大きな開発。
 太陽の広場東の森の一部まで囲われていたが、今朝はびっくり、木が伐採されて景色が変わっている。

 一つの施設が建設されると思っていたが、外から見る限り5つの建物が。こんな大規模なものとは思わなかった。

 この辺りの雰囲気は大きく変わるだろう。
 場所的に、鳥たちに大きく影響することはないと判断しているが。

 オオバンはずいぶん少なくなった。東外堀では88羽。かつてここだけで200羽に近づいていたのがうそのよう。
 今朝は合計で133羽。日ごとに減少。

 カモたちもますます少ない。
 オカヨシガモ、14羽。
 ヨシガモ、7羽。
 ヒドリガモ、37羽。
 マガモ、2羽。
 カルガモ、12羽。
 ハシビロガモ、32羽。
 コガモ、19羽。

 ホシハジロ、22羽。
 キンクロハジロ、77羽。

 カイツブリ1羽、南外堀。
 セグロカモメ、第二寝屋川・西外堀・内堀。

●今日の素敵な鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、オオバン、ツグミ、シロハラ、カワラヒワ、アトリ、シメ、シジュウカラ、モズ、ウグイス、アオジ、カイツブリ、メジロ、セグロカモメ、カワウ、ジョウビタキ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3/22 春が全身に、夏鳥たちは今ごろ。

2017年03月22日 | Weblog
 春が全身で感じられるようになってきた。そろそろ、はしりの夏鳥の観察情報が届くかも。

 ユキヤナギ、ハクモクレン・コブシなどなど。
 ピースおおさか西の 「ウメ」 もほぼ満開。濃いピンク色。でもニシオジロビタキは花の枝にとまってくれない。

 メジロが何度もやってきて蜜を吸う。ウメとメジロを撮影する場合、白梅より色の濃い紅梅がお勧め。
 メジロの明るい緑色を出そうとすれば、白い花の色は飛んでしまう。花の諧調を出そうと押さえると、メジロが暗緑になってしまう。

 しかし、この場所の濃色のウメならメジロ基準の露出でも、花の色が十分満足できる。

 少し専門的に言うと、こんな場合に補う方法は、よりダイナミックレンジの広いカメラや設定。快晴より曇天や日陰が有利。花よりメジロに光があたっている時を狙う。人の時は補助光を使う。

 ピースおおさかでは、ニシオジロビタキの他トラツグミも変わらず滞在中。

 春の到着はうれしいが、近づく別れはつらい。

 帰途、大阪城公園ホールの石垣に出入りするシジュウカラ。細く縦に開いた狭い隙間に入っていく。外から見ても中は見えない。
 多分、奥にそれなりの空間があるのだろう。

 ちなみにシジュウカラクラスの小鳥の巣箱の穴は、直径28ミリが適当とされている。大まかに500円玉くらいの大きさ。

 いつも見ているより小さいので驚かれるだろう。羽で膨らんで見えるが実際はごく小さい。
 例えば、日本で一番軽いと言われるキクイタダキの体重は5グラムくらい。同じ重さの1円玉5枚を手に乗せるとびっくりする。

 そんな鳥たちが数千キロを飛んでくる。
 
 第二寝屋川を飛んで対岸のホテルニューオータニの窓枠にとまる鳥。多分あれだろうと予想。ホテルの窓なので少し気が引けるが、双眼鏡で素早く確認。
 間違いなく、イソヒヨドリ。♂1羽。

 ツグミは各所で9羽。
 シロハラは各所で23羽。

 アトリは、太陽の広場東の森ほかで19羽。
 カワラヒワは、太陽の広場東の森・みどりのリズムなどで16羽。

 ジョウビタキは、元射撃場と南外堀沿いで♂、豊国神社裏で♀。
 アオジは、音楽堂西側上で3羽、人工川で1羽、修道館裏でも1羽。移動時期を前に少しずつ目立つ所に出るように。

 ウグイスのさえずりは、沖縄復帰の森、ピースおおさか、人工川で。

 エナガ二番やぐら跡付近。尾は真っ直ぐ。

 オオバンは、東外堀104羽、他を合計して136羽。ずいぶん減ってきた。

 カイツブリ東外堀と南外堀で3羽。

 第二寝屋川をセグロカモメが4羽上流へ。
 同じく第二寝屋川をユリカモメが3羽。少なくなった。

 オカヨシガモ計27羽。
 ヨシガモ計7羽。
 ヒドリガモ計43羽。
 カルガモ計5羽。
 ハシビロガモ計72羽。
 コガモ計28羽。
  
 ホシハジロ計33羽。
 キンクロハジロ計127羽。

 オオルリ、キビタキ、サンコウチョウ、コマドリ・・・・みんな今ごろ、日本を目指して北へ、北へ旅を続けているんだろう。
 気を付けて旅を。大阪城公園で待ってる!!

●今日の素敵な出会い。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ツグミ、シロハラ、アトリ、カワラヒワ、オオバン、カイツブリ、カワウ、ジョウビタキ、アオジ、ウグイス、ニシオジロビタキ、トラツグミ、コゲラ、ハクセキレイ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、ユリカモメ、セグロカモメ、イソヒヨドリ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/19 おっさん二人泣くらしい。ニシオジロビタキ越冬中。

2017年03月19日 | Weblog
 今朝も素晴らしい気候。暑くもなく寒くもなく。春に向かって種々の花が輝き匂う。

 ピースおおさか西に着くと、今日も元気に飛び回るニシオジロビタキ。
 「ジロ」 の名づけ親ともう一人の鳥友。撮影を楽しみに開花待ちしていたが、その梅の蕾が落とされていると言う。

 多分、金曜日の午後から土曜日の朝にやられたと。
 開きかけの蕾をわざと落とす行為! 犯人は分からないが、実にくだらん人生を送っている人だろう。みじめで情けない日々を送っている、かわいそうな人なんだろう。

 充実した日々を過ごしている者がする行為ではないから、はっきりしている。かわいそうに。

 3人でしばらく立ち話しをしていると、花にヒヨドリがやってくる。次にメジロがやってくる。
 みんな春を謳歌している。

 やがてニシオジロビタキが旅立った時の話になった。その時には、名付人の彼が泣くだろうは有名な話し。ところが、I氏も泣くらしい。

 おい!おい! おっさん二人。公園の隅で泣いてどうすんねん。
 ・・・見たくない。

 トラツグミは変わらずピースおおさか西。最近は沖縄復帰の森の中央辺りまで行くことが多いそうだ。

 豊国神社裏で出会ったK鳥友から
 「ランキングの答えは・・・?」 聞かれて一瞬何の事かと。

 そうだ以前に、大阪城公園の観察総数の順位は? と出題ブログを書いたことがある。
 飲みながらブログを書いて、寝てしまって忘れてしまたようだ。申し訳ない事をした。

 確かにそんな事を書いた覚えがある。答えは何? 聞かれたが分からない。で。帰宅したら、今日のブログに答えを書くから。と許してもらった。

Q・問題 26年間の延べ観察総数の多い順は10位まで?

A・答え
 
 1位 ホシハジロ・・・  72万8千652羽
 2位 キンクロハジロ・・・43万8千790羽
 3位 ヒドリガモ・・・・ 10万9千743羽
 4位 ユリカモメ・・・・・ 6万8千28羽
 5位 ツグミ・・・・・・・ 4万9千823羽
 6位 ハシビロガモ ・・・・4万3千232羽
 7位 メジロ・・・・・・・ 3万7千455羽
 8位 オカヨシガモ・・・・ 2万6千130羽
 9位 シジュウカラ・・・・ 2万4千27羽。
10位 シロハラ・・・・・・・2万357羽

 今朝のウグイスのさえずりは3か所。沖縄復帰の森・ピースおおさか・大手前。笹鳴きは音楽堂西側上で、計4羽。

 ツグミは各所で計7羽。
 シロハラは各所で22羽。

 カワラヒワ、大きな群れに出会わず、各所で計21羽。

 アオジ、音楽堂西側上5羽。

 エナガ、各所で計4羽。

 イカル、天守閣東側配水池、豊国神社裏で計4羽。

 シメ、修道館裏、梅林、天守閣東側配水池、飛騨の森4羽。梅林のシメが、フレンドリーで、しかも梅の木にとまるとK氏に聞いて向かう。
 梅林に着くと売店はオープン。おでんに酒。たまらずワンカップの酒をチンしてもらう。

 中央辺りでベンチに座って飲みながら見まわしていると発見。
 なるほどフレンドリーなシメ。しかし残念なことに飛び上がったのは梅の木ではなかった。梅花とシメの写真は撮れなかった。

 半日くらい、そのつもりで居ると撮影成功するだろう。出来上がった写真を頭に浮かべながら、どんな時に使えるかなと。

 ジョウビタキ、♂ピースおおさか・豊国神社裏。

 セグロカモメ、第二寝屋川2羽。

 カイツブリ、東外堀2羽。

 カワウ、東外堀・西外堀計7羽。

 ゴイサギ北外堀3羽。

 オオジシギ、計143羽。

●今日の可愛い鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、シロハラ、ツグミ、セグロカモメ、カワラヒワ、シジュウカラ、カイツブリ、オオバン、カワウ、コゲラ、ウグイス、アオジ、エナガ、イカル、ニシオジロビタキ、トラツグミ、メジロ、シメ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、ゴイサギ、ユリカモメ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3/17 ニシオジロビタキ・トラツグミ  春 越冬中!

2017年03月17日 | Weblog
 早朝は少し冷んやりするが、朝のこの空気が好き。

 花粉症なのか鼻水が・・・。情けないけどハンカチで流れる鼻水を拭きながら歩いている。
 しかし、朝の1~2時間のみ。薬も何も対策はしていないが、いつも症状は治まる。

 ピースおおさかのニシオジロビタキ。花の木にとまるので開花を待っている。
 この花を 「ウメ」 だという人と 「モモ」 だという人がいて面白い。私は知識がないので意見が言えない。

 例年この時期には 「モクレン」 と 「コブシ」 でも悩んでいる。昨年ネットで勉強したがすでに忘れている。
 もともと 「失顔症」 の私。人の顔が覚えられない。それと関係があるのかも知れない。

 トラツグミは沖縄復帰の森の中央辺りにいた。ごく普通に落ち葉の上にいる。意識しなければ気付かない。

 一応の撮影はできているので確認だけでいいのだが、あまりにも目前で普通に立っているのでカメラを向けると、換算640ミリのレンズでは、近すぎてはみ出てしまう。

 それほど警戒しない。ネコなどに襲われなければいいが。

 愛の森の近くのトイレ裏、北外堀天端のシメも人を気にしない。先日から観察しているが10メートルくらいの距離でも普通に採餌している。

 同じシメでも、今朝音楽堂西側上で出会った個体は、30メートルほど先ですぐに飛び上がり、高い枝にとまっていた。 

 鳥の種によって、人への警戒心の強い弱いがあるが、同じ種でも個体差で大きく違う。いわゆるフレンドリーな個体がいる。
 観察・撮影には好都合。しかしその事が、外敵に容易に襲われることに繋がらないといいが。

 鳥友の夫妻から 「かきのたね」 を送っていただいた。昔からよく知っている柿の種ではない。
 柿の種専門店 「かきたねキッチン」 の製品。
 数種の中で 「安曇野産の わさびと醤油合わせ」 のピリッとした辛さがビールに合った。

 ウグイスのさえずりは今日も多かった。
 市民の森・沖縄復帰の森・もみじ園・ピースおおさか・教育塔裏で計6羽。確かにウグイスのさえずりは春を感じる。

 ジョウビタキは、ピースおおさか♂・飛騨の森♂・城南地区♀のみ。

 アトリは、みどりのリズム・市民の森・飛騨の森で計75羽。「キョ・キョ・キョ・キョ」 と鳴き飛ぶ。

 カワラヒワと出合いが少なくて、みどりのリズムで3羽のみ。

 オオバンは、かなり減少して計153羽。東外堀は114羽でもうすぐ100を切るだろう。
 つい先日までは合計200羽以上だったのに。日々減少している。みんなどこへ行くのだろう。

●今日の素敵な鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、オオバン、ツグミ、シロハラ、カワラヒワ、カワウ、カイツブリ、アトリ、シジュウカラ、ウグイス、シメ、アオジ、ジョウビタキ、ニシオジロビタキ、トラツグミ、ハクセキレイ、セグロカモメ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3/16 ウグイスを聞きながら回る。

2017年03月16日 | Weblog
 今朝はウグイスのさえずりをたくさん耳にした。

 少し暖かい風の中 「♪ホー・ホケキョ」 今年もウグイスが鳴き出した。沖縄復帰の森・城南地区・教育塔裏・梅林南側上桜広場・修道館裏・飛騨の森で計7か所。

 音楽堂北側ゴミ集積場付近のウグイスが一番上手にさえずっていた。他は申し訳ないが、まだまだ未熟。

 春は未熟なのがいい。頑張ってる新鮮な姿がいい。

 ピースおおさかのニシオジロビタキは、変わらず元気に飛び回る。今朝は数人がその場所に。そろそろ別れの日が近づいている。

 旅立ったら 「ジロちゃん」 と名付けた男性は、きっと泣くだろうとと回りから冷やかされていた。

 彼の表情を見ると、本当に泣きそうなくらい気持ちが入って。
 「来年も来てくれるかなぁ?」 聞かれたが、過去ニシオジロビタキが翌年も同じ場所で観察されたとの記憶は無い。可能性はゼロに近い。

 何しろヨーロッパから、ウラル山脈を越えてやって来たと考えられているのだから。そしてほぼすべて1W(第1回冬羽)の個体。多分来ないだろうとしか。

 トラツグミも変わらずピースおおさか西。
 
 春がくるとよく聞かれるのが、夏鳥はまだか?
 過去3年間の初認記録を紹介すると。(2014~2016年)

・オオルリ 4/3 4/3 4/6
・ヤブサメ 4/5 4/5 4/13
・クロツグミ 4/6 3/31 4/8
・コマドリ 4/6 4/5 4/9
・キビタキ 4/8 4/4 4/10

 しかしこれはあくまで初認で、たまたま1羽が観察された結果。この時期に大阪城公園に来られても会える可能性は低い。ピークはまだ先。

 ツグミは計9羽。
 シロハラは計22羽。

 カワラヒワは、太陽の広場東の森ほかで計41羽。
 アトリは、市民の森で9羽。大きな群れには会わなかった。
 シメ1羽、飛騨の森。 

 アオジが、植え込みの中から出てきて、枝先でぐぜり始めた。音楽堂西側上3羽。
 
 ジョウビタキは♂が、南外堀沿い・一番やぐら・北外堀沿い。

 オオバンは合計171羽。東外堀は115羽。一目みただけで少なくなったなぁーと分かる。

 カイツブリは、東外堀2・西外堀2の計4羽。
 カワウは、東外堀・南外堀・西外堀・内堀の計13羽。

 セグロカモメ1羽が南外堀に着水。
 ユリカモメは、東外堀1・第二寝屋川4で計わずか5羽。急に減少している。

 コサギ1羽が人工川で採餌。

 オカヨシガモは22羽。
 ヨシガモは7羽。
 ヒドリガモは66羽。
 マガモは2羽。
 カルガモは3羽。
 ハシビロガモは32羽。
 コガモは14羽。

 ホシハジロは77羽。
 キンクロハジロは114羽。

 水辺は日増しに寂しくなっている。春が近づくといつものこと。

●今日の可愛い鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、オオバン、ツグミ、シロハラ、カワラヒワ、ユリカモメ、カイツブリ、カワウ、シジュウカラ、アトリ、ウグイス、アオジ、ニシオジロビタキ、トラツグミ、セグロカモメ、ジョウビタキ、コサギ、シメ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3/14 ツバメ3羽 舞う。

2017年03月14日 | Weblog
 南外堀の上をツバメが舞う。3羽。私は今春初。
 「ツバメが来たなぁー」 と舞い飛ぶのをしばらく眺めてリラックス。心が豊かになる。

 今年のツバメ初認は3月6日。信用できる方から観察情報をいただいている。ちなみに過去5年間の初認記録は

・2013年=3月10日
・2014年=3月21日
・2015年=3月22日
・2016年=3月21日

 子供のころ家の前の道を、ツバメが低く飛び交うのが普通に見られた。特別な思いもなく夏が近づくとそれが普通の光景だった。

 近くの家の軒下では巣もあった。親の持ってきた餌を口いっぱい開けてねだるヒナたちを見て育った。みんな大切に見守っていた。

 ニシオジロビタキ、ピースおおさか西で、変わらず元気に過ごしている。
 トラツグミも変わらず、ピースおおさか西で過ごしている。

 カワラヒワが太陽の広場東の森で34羽、枝に群れている。
 アトリが、みどりのリズムで101。その他合わせて104羽。

 オオバンはとうとう169羽になった。
 これでも、とんでもない数なのに、200を超えるのが常態の時を過ごすと、ずいぶん減ったなぁーと感じてしまう。

 カモはかなり減少。堀が寂しくなった。
 毎年の事。これの繰り返し。

 そろそろ酔いが回ってきて、パソコンを前にうとうと。
 いつもなら横になるのが、今日はできない。イカナゴの入荷。スーパーの方に聞くと今朝は漁が出ているので大丈夫、多分昼頃には入荷するとの返事。

 今ごろ、漁港で仕入れたイカナゴを満載したトラックが、高速道路をひたすら大阪に向かって走っている。

 関西地方以外の方にはよく分からないと思うが、春を知らせる季節の食べ物。
 「イカナゴのくぎ煮」 今日か、今日か?と待っている。

 時間を見て出かけないと売り切れてしまう。昼寝していられない。

 ツグミ各所で6羽。
 シロハラ各所で19羽。

 ウグイス内堀沿いで2羽。

 カモはますます減少。
 オカヨシガモは36羽。
 ヨシガモは8羽。
 ヒドリガモは33羽。
 カルガモは5羽。
 マガモは6羽。
 ハシビロガモは53羽。
 コガモは12羽。
 
 ホシハジロは71羽。
 キンクロハジロは132羽。

●今日観察の鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、カイツブリ、オオバン、ツグミ、シロハラ、カワラヒワ、アトリ、ハクセキレイ、ジョウビタキ、ニシオジロビタキ、トラツグミ、カワウ、ツバメ、ウグイス、コゲラ、メジロ、シジュウカラ、ゴイサギ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3/11 「フクロウ」  情報に感謝♪♪

2017年03月11日 | Weblog
 前回の 「フクロウ」 の件。

 先日、大阪城公園でフクロウが撮影されたとのことで観察情報をお願いしていました。その結果、多くの方から、電話、メール、コメントなどをいただきました。本当に感謝しております。

 結論は 「大阪城公園のフクロウは事実ではない」 という事でした。
 残念な結果でした。フクロウがいなかった事でなく、フェイク情報が発信されたことに悲しい思いをしました。
 その人は、どんな日々を送っているんだろうかと。
 
 連絡をいただいた方々や、応援いただいた方々に、あらためてお礼申し上げます。
 たくさんの情報を寄せていただけたことに感激です。

 その事が 「うれしくて♪、うれしくて♪」 美味しいい酒に泥酔してしまいました。このブログが多くの方に支えられている事を実感しました。

 ただの酒飲みですが、今後もよろしく応援ご指導をお願いいたします。

 30年近く大阪城公園の鳥を伝えてきました。これからも大阪城公園の野鳥の記録を続けます。そして正確な情報発信を続けます。

 今朝もピースおおさかに向かうと数人。
 ニシオジロビタキは、ウメからモモに移って愛嬌を振りまく。知人の話では、昼ごろからは、カメラマンがあふれるほどたくさん来るらしい。

 トラツグミはここでは見られなかったが、今朝も観察されているとの事。

 ミヤマホオジロ♂も元ヘリポートで観察されている。

 イカル1羽が天守閣東側配水池でと。

 梅林ではウグイスのさえずり。ハーモニカを演奏している方がいた。
 「峠の我が家」 かな? 春に合う。上手なハーモニカだった。耳に聞こえたが、心に入ってきた。

 ツグミは6羽。シロハラは14羽。

 カワラヒワは、太陽の広場東の森2・みどりのリズム2・東外堀沿い9。
 アトリは、みどりのリズム林床32羽。

 ジョウビタキは、天守閣東側配水池・ピースおおさか・北外堀沿いで♂4、西外堀♀1。

 大将から、飛騨の森のハイタカ、昨夕はねぐらに帰って来なかった。そして今朝も見当たらずと。いよいよ大阪城公園を後にしたようです。

 ちなみに、昨年秋から市民の森をねぐらとしていた、胸褐色のハイタカは2月4日が終認となっています。

 ここ数年の観察で、ハイタカが、大阪城公園を 「ねぐらとしてだけに利用」 する事もあると判明したのは大きな成果です。大将の、朝夕の熱心な観察の結果と言えます。

 オオバンは、合計175羽。そろそろ減少か。

◎今日の可愛いい鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、オオバン、ツグミ、シロハラ、カワラヒワ、セグロカモメ、カイツブリ、アトリ、シジュウカラ、コゲラ、ニシオジロビタキ、トラツグミ、ミヤマホオジロ、イカル、ジョウビタキ、カワウ、ユリカモメ、ウグイス、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3/9 フクロウの観察情報を待っています。(お願い)

2017年03月09日 | Weblog
 前回3/7のブログに(灰色のチュウヒ)さんからコメント。6日にフクロウの写真を載せたブログがあると。
 早速そのブログを開いてみると、確かにフクロウ。地面で弱っているようにも見える。

 鳥友などに問い合わせたが、6日にフクロウの観察情報はまったくなし。聞いたこともないと。
 ・・・困った。詳しいことが分からない。

 3/6にフクロウを見た方、あるいは話を聞いた方はぜひご教授いただきたい。
 このブログのプロフィールに、私のメールアドレスがあります。よろしくお願いいたします。

 今日もカワラヒワが多い。太陽の広場東の森では24羽、みどりのリズムでは21羽。林床で採餌し、警戒心強くすぐに木に飛び上がる。

 アトリも多く、市民の森の石の水場辺りで70+、豊国神社東では16。水場では誰も居ないので近くのベンチに座って待っていると、アトリは次々と下りてきて水場は満員状態。

 アトリは実にカラフル。1羽1羽違う。頭の黒いのがどうしても気になる。同じ種で同じ行動をしているのに、夏羽に換羽する時期にこれほど差があるのが不思議。

 エナガのペア、城南地区人工川と豊国神社東で出会う。今年もカラスの見つからないように営巣して、たくさんのヒナを育ててほしい。

 西外堀でカワウが特大のコイ?を捕まえたが大きすぎて飲み込めない。時間をかけて飲み込もうと苦労している。
 他のカワウもやってきて横取りしようとする。時間はかかったが結局丸飲み。口より大きな魚を。

 そういえば前回も東外堀でも、大きな魚を苦労して飲み込むのを見た。
 「鵜のみ」 の語源とされる。この食べ方。

 オジロビタキはいつものピースおおさか西側。梅の花にとまると、なかないいそうだ。

 トラツグミは見当たらない。沖縄復帰の森も探した見当たらなかった。まだ山へ帰るのは早い。しばらくすれば戻ってくるに違いない。

 オオバンは、合計181羽。やや減少傾向か。

 オカヨシガモ25羽。
 ヨシガモ11羽。
 ヒドリガモ80羽。
 マガモ2羽。
 カルガモ6羽。
 ハシビロガモ55羽。
 コガモ8羽。

 ホシハジロ101羽。
 キンクロハジロ162羽。

●今日の素敵な鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、セグロカモメ、ツグミ、シロハラ、カワラヒワ、カイツブリ、オオバン、シジュウカラ、アトリ、ハクセキレイ、エナガ、カワウ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ゴイサギ、ユリカモメ、メジロ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3/7 ツバメ・ウグイス もう春♪

2017年03月07日 | Weblog
 春、風が強い朝、みどりのリズムに 「沈丁花」 の香りが舞う。梅林は一番の見ごろ。「梅」 と酒に酔う。飛騨の森へ向かうと内堀沿いの 「馬酔木」 が満開。

 内堀の梅林側の植え込みから 「ホー・ホー・ホーホケキョ・ケキョ・ケキョ」 今日もウグイス。

 大将から沖縄復帰の森の上空ツバメ1・南外堀上空2の観察情報。前日にも観察の情報をもらっている。今年のツバメ初認は3月6日。

 トラツグミは変わらずピースおおさか西側。
 ニシオジロビタキも変わらずピースおおさか西側。

 元ヘリポートでH夫妻。ミヤマホオジロに出合わなかったのかと聞くと、今朝も枝に出てきて撮影したと。H夫妻のミヤマホオジロとの出合いの確率は素晴らしい!

 シメ、修道館裏と愛の森の北外堀沿い。くちばしが少し鉛色に変わってここにも春。

 ジョウビタキ♂、ピースおおさかと北外堀沿い。

 カワラヒワ、太陽の広場東の森48羽。梅林南側上桜広場4羽。

 アトリ、みどりのリズム46羽。

 東外堀のカモはずいぶん少なくなってオオバンが目立つ。今日のオオバンの各所の合計190羽。

 セグロカモメ、第二寝屋川1・東外堀着水1・北外堀着水1。

 オカヨシガモ計18羽。
 ヨシガモ計4羽。
 ヒドリガモ計51羽。
 マガモ計3羽。
 カルガモ計8羽。
 ハシビロガモ47羽。
 コガモ計9羽。

 ホシハジロ計117羽。
 キンクロハジロ計103羽。

※追加情報=オオタカ成鳥、豊国神社裏・市民の森。ハヤブサ、沖縄復帰の森上空。ハイタカ3号17時17分飛騨の森ねぐら入り。

●今日の可愛い鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、セグロカモメ、ユリカモメ、カワラヒワ、ツグミ、シロハラ、オオバン、カワウ、アトリ、コゲラ、ジョウビタキ、トラツグミ、ニシオジロビタキ、ハクセキレイ、シメ、シジュウカラ、アオジ、ミヤマホオジロ、ウグイス、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、オオタカ、ハヤブサ、ハイタカ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3/5 ウグイス さえずり。もう春。

2017年03月05日 | Weblog
 「 鴬の 初音聞きたる 齢かな 」 鳥鳥子。

 大将から、天守閣東側配水池の北側でウグイスのさえずり。3日には音楽堂東側でもさえずっていたと。

 歌では、ウグイスとホトトギスの2種のみ、その年初めて聞く声を初音という。ウグイスの初音は春の訪れ、ホトトギスの初音は夏の訪れ。

 今日のウグイスは、天守閣東側配水池のほか、一番やぐら、内堀沿いで計4羽。

 今日は 「梅見酒」 の知らせをいただいていた。ただし、用があってゆっくりできない。2時間程度なら問題ないが、その辺りが酒が一番うまくなっているころ。

 「お先に失礼します」 と早引けできる自信がない。行くか行かないか・・・迷いながら鳥見。結局、後ろ髪引かれる思いで大阪城公園を後にする。
 飲みだしたら最後まで飲むに決まっている。自分の事は自分が一番よく知っている。

 今ごろ、皆でうまい酒を飲んでるんだろうな。。。。いいなぁ♪♪♪

 ミヤマホオジロ♂が今朝も元ヘリポートで観察されている。H夫妻はミヤマホオジロと相性がいいらしい。
 夫妻が行くと下から上がってきて枝にとまるそうだ。

 エナガ2羽、一番やぐら周辺。つがいで繁殖行動か。

 アオジ、音楽堂西側上・六番やぐら・一番やぐら。

 コゲラ修道館裏1羽。
 
 シメ1羽、修道館裏。

 ツグミ計6羽。
 シロハラ計23羽。

 カワラヒワ、太陽の広場東の森の林床23羽。みどりのリズム林床42羽。市民の森2羽。
 アトリ、みどりのリズムと一番やぐらで計5羽。大きな群れに出会わなかった。

 ニシオジロビタキは変わらず、ピースおおさか。
 トラツグミも変わらず、ピースおおさか。

 オオバンは計192羽。もっとも多いのは東外堀で147羽。

 カワウの群れが第二寝屋川を下流側へ飛ぶ。概算170羽。その他東外堀・南外堀・西外堀を合わせて182羽。
 ビルの間を群れが並んで飛ぶ姿は見ごたえがある。

 セグロカモメ、第二寝屋川で5羽、東外堀着水1羽。

 ゴイサギ北外堀ねぐら2羽。

 オカヨシガモ計41羽。
 ヨシガモ計7羽。
 ヒドリガモ計48羽。
 マガモ♂♀2羽が人工川に。警戒心薄い。何者か。
 カルガモ計10羽。
 ハシビロガモ計47羽。
 コガモ計13羽。

 ホシハジロ計100羽。
 キンクロハジロ計145羽。

 みどりのリズムに着くと、どこからか沈丁花の香りが漂う。やはり春は来ている。

●今日の素晴らしい鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、セグロカモメ、ツグミ、シロハラ、カワラヒワ、ユリカモメ、オオバン、カワウ、アトリ、シジュウカラ、メジロ、ニシオジロビタキ、トラツグミ、ハクセキレイ、シメ、コゲラ、ウグイス、アオジ、エナガ、カイツブリ、ジョウビタキ、ゴイサギ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/3 ミヤマホオジロ・ニシオジロビタキ・トラツグミ・・・

2017年03月03日 | Weblog
 グーグルを開いたら、ひな人形になっている。
 一昨日、娘がひな人形を出して飾っていた。孫娘のために。その昔、松屋町で買った木目込みのひな人形。

 今朝の大阪城公園もいつもと特別変わらない。いるのがいると言った感じ。
 ピースおおさかでは、ニシオジロビタキ。トラツグミは時々沖縄復帰の森まで動いている。

 元射撃場で、ミヤマホオジロ♂とオオタカ成鳥が観察されている。ミヤマホオジロは、運よく枝に上がってきてうまく撮影されたようだ。
 飛騨の森のハイタカ3号、今朝のねぐら立ちは6時14分とのこと。

 梅花も満開近し。酒もうまい。
 先日、梅田に出かけた。地下街 「ホワイティうめだ」 朝から立ち飲み屋が開いている。いつも行くのが 「大御所」 

 新しく見つけたのが 「赤垣屋」 こっちの方が早く8時頃には開いている。
 しかも、煮物・焼き物・生ものなど早朝から何でもそろっている。マグロの角切りとほうれん草のお浸しで湯割りを2杯。

 続いて串カツの 「ヨネヤ」 で湯割りを5杯ほど。朝っぱらからの酒は効く!

 阪急百貨店の地下でトイレへ行く。酒類の販売コーナーで、ショットバーが目に入る。

 結構酔っているのに 「お勧めは何ですか?」 シャンパンを1杯。
 「シャンパンしか無いんか?」 酔っているのでマスターと言うかボーイと言うか、その男性にべらべらしゃべる。

 「向こうに、ワインも日本酒もあります」 ワインのコーナーに行って 「お勧めは何ですか?」 で赤ワインを飲む。止まらない。

 いい所を見つけた 「ヨドバシカメラ」 へ行った時はここで飲んで帰れる。今後のコースになりそう。

 オオバンは、各所で合計191羽。
 セグロカモメは、第二寝屋川3羽、東外堀着水1羽。
 ユリカモメは、東外堀・第二寝屋川で17羽と少ない。

 カワウは、東外堀・南外堀・西外堀・第二寝屋川で計12羽。

 カイツブリは東外堀に2羽。一昨日は夏羽の個体が見られたのに、今朝は2羽とも第1回冬羽か成鳥冬羽。同じ2羽でも入れ替わっている。

 カイツブリの成鳥冬羽と第1回冬羽の違いがよく分からない。何かの図鑑で読んだ、くちばしの先端が黒いのが成鳥冬羽。そうでないのが第1回冬羽。
 正しいのか、よく分からない。識別ポイントはどこなのか。

 オカヨシガモは計17羽。
 ヨシガモは計7羽。内堀。
 ヒドリガモは計56羽。
 マガモ2羽。西外堀。
 カルガモ4羽人工川・西外堀2羽の計6羽。
 ハシビロガモは計48羽。
 コガモは計11羽。

 ホシハジロは計111羽。
 キンクロハジロは計161羽。

 ツグミ各所で8羽。
 シロハラ各所で22羽。

 カワラヒワ、太陽の広場東の森と市民の森で計46羽。
 アトリ、みどりのリズム、二番やぐら跡、内堀で計34羽。

 シメ、六番やぐら1羽。
 イカル豊国神社裏でさえずり「お菊24-」

 ジョウビタキは♂もみじ園・北外堀沿い、♀人工川・六番やぐら。
 アオジ音楽堂西側上3羽・内堀沿い2羽。黄色い胸腹が見事で美しい。

 ウグイス一番やぐらで1羽。第二寝屋川沿いで、一瞬さえずりかと。しばらく立ち止まって耳を澄ましたが聞こえず。そろそろ初鳴きか。

●今日の素敵な鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、ツグミ、シロハラ、カワラヒワ、セグロカモメ、オオバン、ユリカモメ、カワウ、カイツブリ、アトリ、ハクセキレイ、ジョウビタキ、アオジ、ハイタカ、オオタカ、ミヤマホオジロ、ニシオジロビタキ、トラツグミ、エナガ、シメ、イカル、ウグイス、シジュウカラ、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3/1 トラツグミ・ニシオジロビタキ変わらず。

2017年03月01日 | Weblog
 早くも3月。今日から春ということになる。まだ少し早いが、春の渡りが待ち遠しい。

 市民の森で、久しぶりに大将と出会った。これから仕事に向かうとの事。
 最近は大変忙しくて休日なしで働いているそうだ。大阪城公園へは、時間があれば仕事前に立ち寄ったり、夕刻に来て観察してから帰るそうだ。

 今朝の飛騨の森のハイタカは1羽のみで(3号)、ねぐら立ちは6時14分だったと。
 飛騨の森のねぐらのハイタカは、1羽になってしまった。

 TV 「鬼平 犯科帳」 も好きな番組。再放送まで見てしまう。
 原作は池波正太郎の時代小説。作者は食物や酒に思いがあって、ストーリーの中にもよく出てくる。
 
 酒の場面が無い時はない。料理も、時には作り方まで。
 鬼平が飲み屋で、「これはうまい。おやじどうして作るんだ?」 すると店のおやじが作り方を説明する。そんな会話の中でレシピ紹介することも。

 私は、中村吉右衛門が演じる鬼平が好き。実にうまそうに飲む。食べる。
 「どじょう鍋」 が食べたくて、ネットで検索していたらブログで見つけ買いに出かけた。

 うまい酒を飲むのが好き。多少こだわりをもっている。いわゆるスナックで、ウイスキーを水で薄めて、ねえちゃんと騒ぎ、カラオケを歌うような飲み方は好きではない。
 小料理屋で女将さんとしゃべりながら、季節の料理をつまんで飲むのが好き。

 動き回るどじょう。最初に日本酒に漬けて酔わせて、それから料理が始まる。ボウルの中で暴れていたが、しばらくするとおとなしくなる。
 酔っぱらったようだ。気持ちよく酔っていたら熱湯の中とは、ちょっとかわいそうな気がするが。

 ピースおおさかの、ニシオジロビタキ変わらず元気。
 トラツグミは、ピースおおさかから沖縄復帰の森辺りを行き来。ニシオジロビタキとともに観察撮影良好。

 アトリが市民の森の石の水場に群れる。約70羽+。誰も居ないので少し近づいて、木の陰に半身を隠して撮影。
 頭が真っ黒な夏羽のも混じっている。それに焦点を合わせて。

 カワラヒワは、太陽の広場東の森、沖縄復帰の森、豊国神社裏で計8羽と少ない。

 シメは、市民の森石の水辺にアトリの群れと一緒に1羽、修道館に1羽。

 アオジは音楽堂西側上で3羽。

 ツグミは各所で8羽。
 シロハラは各所で26羽。

 オオバンは、各所の計191羽。これからは徐々に減少する。
 それにしても、全国で相当な数になると思うが、どこで繁殖しているんだろう。

 ユリカモメは東外堀でわずか3羽。本種は飛去する時期はが早くなっているようだ。かつてのように、頭が黒くなったのには会えない。

 キセキレイは南外堀に1羽。
 ハクセキレイは各所に6羽。
 カイツブリが東外堀2・南外堀1の計3羽。東外堀の1羽は頬などの赤褐色が鮮やかな夏羽。
 
 エナガ6羽。市民の森、ピースおおさか。
 ウグイス1羽、二番やぐら跡。

 セグロカモメ第二寝屋川3羽。
 
 オカヨシガモ計28羽。
 ヨシガモ計14羽。
 ヒドリガモ計64羽。
 マガモ計3羽。
 カルガモ計6羽。
 ハシビロガモ計22羽。
 コガモ計19羽。
 
 ホシハジロ計101羽。
 キンクロハジロ計146羽。

 今日もピースおおさかでソウシチョウ2羽が観察された。

●今日の素敵な鳥たち。
 オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、マガモ、カイツブリ、セグロカモメ、シジュウカラ、ツグミ、シロハラ、オオバン、ユリカモメ、カワウ、ハイタカ、アトリ、エナガ、シメ、アオジ、トラツグミ、ニシオジロビタキ、カワラヒワ、キセキレイ、ウグイス、キジバト、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加