明日の行方

ここは私の外部記憶装置です。
このブログには正しい情報なんて恐らくありませんよ。頭の悪い管理人の妄想メモですからね。

トランプがやらない訳

2017-05-18 00:29:14 | 砂利日記
デッドラインは具体的には言ってない。
けど、グアムやアラスカに到達するミサイルはアメリカにとって脅威になるはずだけど、動かない。

多分チャイナの近平ちゃんに期限付きで任せたことと、ミサイル程度ならECMなんか妨害して、制御用チップ狂わせたり自爆やれちゃったりするからかもしれない。

多分ハッキングじゃないんじゃないかなぁ。
発射台は、発射管が吹っ飛ぶホットローンチじゃなくてコールドローンチで、尚且つサイロじゃなくて車両で移動式と聞いた。
ネットには繋がってないだろうから、制御チップにバックドアみたいなのがついてるものをあえて輸入させて利用させてるか、スタックスネットみたいに何らかの方法で仕込んだか、じゃないのかしらね。
イランの核濃縮プラント吹っ飛ばしたのもスタックスネットだそうだし、F1吹っ飛ばしたのも、外資系企業に警備やらせてそこでスタックスネット仕込まれたって噂もある。
北への技術供与は誰がやったんだろうね。
中東の某国なら納得がいくなぁ。
スタックスネットの開発元だし。

もしそうなら、カリアゲ君は道化だなぁ。
ミサイル程度なら、制御下におけるんだぞと煽ってるみたいなもんだ。
ヤレるものなら、もう一歩進んでみろと。

煽ってる奴らがいる。
チャイナも、朝鮮戦争停戦後に締結されてた再開時の協力は、破棄するようなことも言い始めたし、ロシアは国境に軍隊張り付かせながら協力などと言っている。
各国はそれぞれの思惑を抱きつつ、北を睨んでいる。
韓国もようやく理解したのか、特使の姿勢が腰折れ状態だ。
トランプのキレ具合を見るに、何かあったのかね。

しかしロシアはよくやるわ。
イギリスと仲悪いのに極東にも手を伸ばす。
欲しいんだろうな、港が、さ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 円の信認 | トップ | 眞子様のお話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。