明日の行方

ここは私の外部記憶装置です。
このブログには正しい情報なんて恐らくありませんよ。頭の悪い管理人の妄想メモですからね。

この先日英同盟あるんじゃない?

2016-10-13 23:43:12 | 砂利日記
イギリスは大戦で欧州大陸に関わって国力を落とした。
日本も大戦でアジア大陸に関わって国力を落とした。

海洋国家は大陸国家には付かず離れずで一定の距離感を持っていた方がイイのではないかなと僕は思う。

なので、ユーラシアの端の海洋国家同士が同盟組むのは、利害関係が一致するのではないかなと思うのですよ。
しかも、イギリスと日本は競合しないのですよ。
むしろ、互いにステークホルダーになりうるんじゃありませんか?

イギリスの強みは金融です。
ドルの40%はイギリスで取引されていますね。
結局Cityが為替はじめ金融の一大拠点なんですよ。
それがあるからこそ、イギリスはEUから離脱するという決断ができたんでしょう。
イギリスはEUの金融危機が起こった時に尻を拭きたくないから出たんですよ。
出ても勝てると踏んだから。
EUが金融危機に陥った時、イギリスはより優位なポジションで事に当たることができるようになる。

一方で日本は中間財の技術立国ですよ。
ボーイングも日本の部品がなければ飛ばないんですよね。
金融と工業がくっついたらこれ以上ないパワーになります。

さらに、新幹線で樺太からシベリア鉄道につないで、日本から欧州まで繋ぐとなれば、日本にとってこれ以上ない流通ルートを手に入れられはしませんか?
日英露で組めたら、アジアは支配できませんかねぇ。

ドイツは極度の左派に陥ってバランス感覚を失っていますので、没落するでしょうね。

確か、日英空軍が演習してましたっけ?
いい兆候だと思いますよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 北方列島帰属問題 | トップ | 中国さんへ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。