名無レ
Copyright (C) 2008-2016 orz_z. All rights reserved.



2016年10月12日 12時10分27秒

 秋めいてきました。拙宅でも、数日前に秋冬用の布団を出し、そしてカバーを取り替えたり、ついでにシーツや枕カバーも交換したりと、秋冬にむけての支度をしていました。
 昨日から干しておいたシーツが、よく乾いたので、私はシーツを取り込んで、寝室の押入れにしまいました。午前10時20分頃でした。
 
 おむさんが寝室にいたのか、私の後について入ってきたのか、覚えていませんが、めったに開かれることのない押入れの中がよく見えるので、おむさんは興味津々でした。ほうっておいたらおむさんは、押入れの中の探検を始めたでしょうが、私は押入れの戸を閉めてしまいました。私はおむさんを抱き上げて、頬ずりをしました。いつものスキンシップです。おむさんはダッコされるのが特に好きだというわけではありませんが、まんざら嫌いでもないのです。
 私は布団の上におむさんを下ろすと、洗面所(脱衣所)に向かいました。おむさんが私より先に寝室を出たのか、それとも私の後から出たのか、これも覚えていません。私は洗濯機の蓋を開けて、洗ったばかりの布団カバーを取り出し、干しに行こうとしました。その時……居間から「ゴトッ」という音が聞こえました。

 居間には南向きの出窓があります。高さは人間の膝くらいです。おむさんは日中、その出窓に上がって、ガラス越しの陽射しを浴びながら、うとうとするのです。それが、ここ数日の常でした。だから今も、いつものように、おむさんが出窓に乗ったのだろう、その拍子に何かモノを落としたのだろう、と私は思いました。
 洗濯物を手に持ったまま、居間に行ってみると、思ったとおりおむさんは出窓の上にいて、日の光に照らされ、向こうを向いて、横になって寝ています。近くにおいてあったアイロンのカバー(プラスチックのケース)が床に落ちています。
 アイロンのカバーを拾い上げながらおむさんを見ると……なんとなく寝方が不自然です。よくよく見ると……舌をだらんと垂らし、目を見開いて、「ケッ……ケッ……」と、小さな痙攣のような動きをしています。触ってみても、ぐったりしたままで、反応しません。抱き上げて出窓から下ろし、床に寝かせて、声をかけたり、なでたり、さすったりしましたが……30秒も経たないうちに、動きが止まりました。瞳孔も開いてしまいました。
 午前10時24分でした。


 


 あとになって考えてみると、「ゴトッ」というにぶい音は、アイロンのカバーが落ちた音ではなく、おむさんが倒れた音だったような気がします。おむさんは、私と前後して、寝室から出、廊下を移動し、居間に入って、ひょいと出窓に乗って……そこで急に倒れたのです。文字通りの突然死でした。

 私の寝室は和室です。私は布団を敷いて寝ています。猫ベッドも置いてありますが、おむさんは夏からずっと、猫ベッドは使わず、夜は私の布団の上で寝ていました。いつも私の足や腰のあたりで、私につかず離れずの位置で、丸くなって寝ていました。
 が、昨夜から今朝にかけて冷え込むと思われたので、私は昨夜、おむさんの猫ベッドのヒーターを点けました。(猫ベッドの下に敷いてある電気マットのスイッチを入れたわけです。)
 実際、当地では今朝、この秋初めて、気温が15度を下回ったそうです。でも、おむさんは、昨夜から今朝にかけて、暖かい猫ベッドで眠りました。今朝からの様子も、排泄も食事も水飲みも、普段と変わったところは何もありませんでした。
 けれど、ここ数日の、気候の変化が、おむさんの体に何らかの影響を与えたのかもしれません。

 おむさんは尿路結石ができやすい体質なので、ずっと療養食を与えていました。高齢でもあり(正確な年齢は不明ですが、15歳を超えていると推定されます)、3~4ヶ月ごとに健診を受けていました。視診・触診・聴診・血液検査・尿検査……毎回、特に大きな問題は見出されず、ほぼ健康体との検査結果でした。鼻に小さな腫瘍のようなものができかけていましたが、それも様子見の段階でした。まだまだ元気で長生きできるだろうと私は思っていましたが……発見が困難な、循環器系の疾患などがあったのかもしれません。
 死因は不明ですが、おそらく、急性・突発性の心疾患あるいは脳血管障害でしょう。


 



コメント 9   トラックバック 0   新規掲載 一覧

« 無題 死亡日は »
新規掲載 一覧

ページのトップ

ブログのトップ














 
コメント
 
 
 
Unknown (tyare)
2016-10-12 17:45:03
あまりに突然で、ショックです。
おかか先生同様、おむさんも大好きでしたから・・・
でも、とっても幸せな猫生だったと思います。
ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-12 21:58:56
こんな時になんとコメントしていいのかよくわからないのですが、
名無レさん元気を出してください。
名無レさんのおむさん、おかか先生との関係は拝見していて
とても微笑ましく、また羨ましく見えました。
おむさんはとても幸せだったと思います。
おむさんだけでなく名無レさんにもとても感謝しています。
ありがとうございました。
 
 
 
Unknown (ラー)
2016-10-12 22:38:25
突然の訃報でビックリして、涙をこぼしながらブログ読ませていただきました。
でも、写真では安らかなおむさんのお顔だったのが印象的です。ご冥福をお祈りします。
 
 
 
こういう日がいつかは来るとは思いつつも、 (ポトマック)
2016-10-13 00:42:12
突然の事だったようで、名無レさんのお気持ちお察しします。

名無レさんが川沿いの土手に足しげく通い、
おむさんやおかか先生、よっちゃん、ゆうちゃんなど、
多くの猫たちと過ごされた日々が、
今となってはなにか美しい夢のように懐かしく思えます。

おかか先生、おむさんが名無レさんと一緒に暮らした日々は
川沿いで過ごした時とはまた違った穏やかな時間だったと思います。

どうもありがとうございました。
おむさんの冥福をお祈りいたします。
 
 
 
Unknown (kkk)
2016-10-13 01:15:40
おむさんの急逝と驚きと悲しみが同時に...
ご冥福をお祈り申し上げます。

あの桜の花びらの絨毯の物ですマウスパッド大事に使っています
 
 
 
Unknown (mikehana)
2016-10-13 17:26:43
おむさんおむさん急なお別れなんて悲しすぎる
なんて言ったらいいの言葉が見つからない

名無レさんありがとう
おむさんとおかか先生を保護してくれて

おむさんおかか先生とまたなかよく暮らしてください
どうぞ安らかに
 
 
 
Unknown (Unknown)
2016-10-13 22:37:17
突然すぎるとも、おむさんらしいとも感じました
最後まで気高く生きたのだと思います
おむさんのご冥福をこころよりお祈りいたします
 
 
 
Unknown (ルナの兄ちゃん)
2016-10-13 23:51:44
久しぶりにふたばに行って…
突然すぎて実感出来ません。

おかか先生・おむさん、あちらで仲良く暮らしてください。名無レさん数々の素晴らしい猫生を綴ってくださって感謝しています、二人とも最後は立派な家猫でしたね。

何もルナの後を追わなくて良いのに…
 
 
 
ありがとうございます (美保子)
2016-10-23 00:15:42
ご無沙汰してたのですがヤフーで高齢猫さんが老猫ホームで大往生した話を読み、おむさんはどうしてるかなと見に行ったら、、。本当におむさんらしいお別れだったように感じました。名無レさん、今までありがとうございました。おかか先生おむさんがついの住処を持つことが出来て本当に良かった。おかか先生もおむさんも名無レさんと暮らすことができて嬉しかったでしょう。私もおむさんの姿に癒やされてました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。