gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夫に執行猶予判決=難病長男の命絶った妻殺害-横浜地裁(時事通信)

2010-03-05 19:33:42 | 日記
 難病の長男の命を絶った苦しみから死を望んだ妻を殺害したとして、嘱託殺人罪に問われた自動車運転手菅野幸信被告(66)の判決公判が5日、横浜地裁であった。川口政明裁判長は「苦悩、葛藤(かっとう)、悲しみの深さは大いに同情の余地がある」と述べ、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。
 判決によると、菅野被告は昨年10月12日、神奈川県相模原市の自宅で、自殺願望を抱いた妻初子さん=当時(65)=から依頼され、初子さんの首を包丁で切り付け、失血死させた。
 夫妻の長男=同(40)=は筋肉が萎縮(いしゅく)する難病で人工呼吸器を着けて暮らしていた。初子さんは前途を悲観し、2004年8月に人工呼吸器の酸素供給を停止して長男を殺害。懲役3年、執行猶予5年の判決を受け、執行猶予中だった。 

【関連ニュース】
ガーゼへの助成求め署名提出=皮膚の難病患者ら、厚労省に
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功
来年1月14日まで意見募集=万能細胞から精子・卵子作成で
臓器つくる遺伝子全容ウェブに=成育医療センター、世界に公開
筋ジス遺伝子治療に道=iPS細胞で修復成功

補助金、4種類に分類=一括交付金化の検討で-地域主権会議(時事通信)
<訃報>若槻菊枝さん94歳=バー「ノアノア」元店主(毎日新聞)
「条件整わないうちに作業」…JR西の作業員死亡事故、運輸安全委が調査報告(産経新聞)
元係長、「局長関与」供述、「勾留長期化怖かった」から(産経新聞)
「医療広告ガイドライン」Q&Aに事例追加(医療介護CBニュース)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <チリ地震>イオンが復興支... | トップ | <羅臼漁船銃撃>区域外操業... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。