パララン山脈の向こう

思い出せないくらい昔 私はパララン山脈の向こうに生えていた草だったんだ

第四幕 26. 魚のため

2017-09-17 11:44:25 | パラ山
村人の掌から石が産まれると言われている掌産石村の話には 尾ひれはひれがついて 石の上に三年いたら村長になれるだの 石の橋を作っても絶対たたいてはいけないだの 転がる石で苔を育てているだの 一個の石で2匹の鳥を逃すことが出来るだの 流れの中の石を枕にして猫になるだの 尾ひれはひれは数えきれないほどの枚数になっていたが 肝心の魚はみんなで焼いて食べてしまって 残っているのは骨だけである。なので 文頭の言葉を正しくいえば

掌産石村の話には骨に尾ひれはひれがついて

となるわけだが そんな話は聞かなかったことにしたほうが魚のためだと 石の上の村長が こっそり教えてくれたのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第四幕 25. 青い帽子 緑の帽子 | トップ | 第四幕 27. 普通の草 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

パラ山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL