a obscure feelin'

優柔不断な曖昧感情、揺さぶる日々の欠片。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

嘘笑いではなく空笑い。

2017-03-25 19:28:55 | 詩付。
ここ1年引きこもりがちな生活をしているからか、社会的行動とか集団行動とか他人に合わせることがどんどん苦手になっている自覚がある。
許容できない。
同時期に入ったバイトちゃんでも、年齢も違えば得手不得手も違うわけで、あっちができたからといってこっちができるとは限らない。
のはわかるけどもさっき注意したところは気をつけてくれないか?と思ってイライラしてしまうわけで。
自分も同じようなミスをしてしまうかもしれないのにね。非常に上から目線な訳ですよ。

あと社畜脳が抜けなくて仕事中喋れないとかね。コミュニケーションも大事なんだろうけどね。時給発生する間は手を休めず仕事しろとか思ってしまう訳ですよ……。

日頃の意思疎通が簡単すぎてるんだろうなぁ、と理由はわかっている。
もっと丁寧に(言葉遣いではなく)話す相手を作らないと。

と言いつつ今日も家でぼっち。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

穏やかさを許容する。

2017-01-02 17:29:31 | 詩付。
あけましたね。また電車の中です。
めっきり更新しなくなって、自分のことながら淋しい。
書くことがないから、起こらないからとも言える。淋しい。

いよいよアラサーです。嫌だ。
しかしながら服装も化粧の仕方も変わりなく、毎年思う。「これで大人と言えるのか?」
そもそも大人になりたくない人間だけるども。年齢は否応なくとっていくものだしいい加減大人に見えるようにはならねばなるまい。
まずは人としての器をお猪口から小皿くらいにはしないといけないかな。
……それが一番の難題かしら。

誰も見ていないかもしれない。でもきっと少し未来の私は見るだろうから、
今年もよろしく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思考は静寂の中で。

2016-07-15 12:10:40 | 詩付。
またもや5日ほどぼっちなのですが、
一人の夜は思考が働きすぎてダメですね。
下りの螺旋階段を駆け降りるよう。

動かないと暗くなるのに動かなくても生きていけるからなぁ。

あるいはしばらく調子乗ってたツケが今回ってきているか。
今日は2回怒られます。

「生まれ変わるなら人間は嫌だ。思考のないものがいい。」と私が言ったとき、奴は何を思っただろう。
……何も思ってないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

呼吸するだけの存在証明。

2016-06-25 01:10:36 | 詩付。
旦那氏出張のため漫画を借りてきて読破。神様はじめました1~24巻。桜のところが好きだなぁ。あとやっぱり巴衛かわいい。

さっき風呂に入っていて唐突に繋がった思考なんだけども。
(何度も言ってるかもしれないが)たとえば私が好きになるタイプの歌は、だいたい幸せな人には書けないものが多い。
(だから「この先ずっと永遠に好きです」 なんて言えない。)
私の琴線には触れないようになる。
それは何故か。
幸せになったらきっと書くものが変わる。それは求めているものではない。平たく言うとそういうこと。
おそらく私が求めているのは、求愛中の鮮やかな羽を持つ孔雀とか、そういうもの。
だから私の琴線には触れないようになる。

そんな理論で納得した、お風呂タイムだった。

……寝よう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も地球が回るような高速度。

2016-05-16 13:51:00 | にっき。
ケータイを変えるとブラウザの操作方法等違ってて、すっかりブログ更新が滞っておりますね、綺莎斗です。
今日も今日とて特急電車の中です。

初めての友人の結婚式も無事終わり、法事も無事おわり、体調不良だけ引きずって帰っています。
もはや実家に帰れない。くしゃみ止まらぬ……。
そして結局涙無く送り出したわけですが、果たして私が結婚式で泣く日は来るんだろうか。悲しい。
あと車税が地味に高くて困る。お金無いよ……_ノ乙(、ン、)_

日々のローテーションも出来て、バイトも始めて、あとは少し痩せれれば万々歳な平和だなぁ。
幸せや平和は気づいたときに宣言しておかなければ。平和だなぁ。

あとぶりぶりざえもんが久しぶりに喋りましたね。だいぶ寄せてたけど、色気が足りない感じはあった。でも無駄に色気ある声だったので、これはこれで不足無しではないかと思われ。

詩を書かなくなって久しいけれど、あの頃はすぐそばに紙と鉛筆があったから、あれほどまでに量産できたんだろうな。今は紙と鉛筆が遠い。フレーズも消え行くばかりだ。
消えないフレーズがあれば、まだまだ書くだろう、まだまだ幼稚な精神だ。
(あの頃なりたくないと感じた)大人には、まだなっていないと、信じてる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加