生きるため

奴隷社会を生き残る為の情報を共有したい

安倍内閣が選挙応援での公設秘書の随行を認める、犯罪行為の疑い濃厚

2017-04-05 17:46:25 | 事件

 

安倍総理夫人が公設秘書を伴って選挙応援をしていたことが問題になっているが、福島議員の国会での追及により、安倍内閣はその事実を認めた。


回答は以下の通り

*************************************

平成29年4月5日
内閣官房

平成29年4月3日の参議院決算委員会において御要請いただきました以下3件について、下記のとおり回答いたします。

○「2016年7月9日、参議院沖縄選挙区、島尻安伊子候補応援」について
○「2016年7月2日(※)、参議院東京選挙区、朝日健太郎候補」について
○「2016年6月28日、参議院岡山選挙区、小野田紀美候補応援」について
(※)確認したところ、2016年7月3日となります。



 平成28年(2016年)6月28日、7月3日、7月9日それぞれの日について、総理夫人による総理の公務の遂行の補助に係わる連絡調整等を行うため、総理夫人に同行しています。
 職員の氏名については、課長相当職以上の幹部職員ではないため、お答えを差し控えさせていただきます。
 職員の旅費については、総理夫人の申し出により、総理夫人の私的経費により負担されているのものと承知しています。

以上

*************************************


国家公務員法 第102条――職員は、政党又は政治的目的のために、寄附金その他の利益を求め、若しくは受領し、又は何らの方法を以てするを問わず、これらの行為に関与し、あるいは選挙権の行使を除く外、人事院規則で定める政治的行為をしてはならない。


これは、国家公務員法違反を安倍内閣が認めたという事になる。
本当に気の毒だが、昭恵さんの公設秘書の方々は違法行為をした以上、処罰されなければならない。

そして、この解答書には他にも重要な問題が含まれている。

「総理夫人による総理の公務の遂行の補助」とあるが、

公務を補助する人は私人なのか?
補助とはいえ、公務を執行するなら公人ではないのか。
これは、昭恵夫人を私人とした閣議決定と矛盾している。
(こんな事を閣議決定するとか、すでに常軌を逸しているわけだが)

また、昭恵夫人が行っていたのは選挙応援だが、その行為を内閣は総理の公務の補助と言っている。
つまり内閣は、選挙応援を公務と言ってる。はぁ
選挙応援は公務じゃないだろ。総理だから公務になるのか、そんなの聞いたことがない。

もし、選挙応援のような私的行為で国家公務員を使役させたとしたら、国家権力の乱用であり重大問題だ。

安倍内閣の主張は矛盾だらけだが、どう理解しようとも彼らが嘘つきか犯罪者であることは確定済みである。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卑劣、国会議事録を隠蔽 | トップ | 倫理がぶっ飛んでいる今村復... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。