生きるため

奴隷社会を生き残る為の情報を共有したい

倫理がぶっ飛んでいる今村復興大臣

2017-04-05 20:35:26 | 売国奴・売国政治・反日活動

新聞赤旗より
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-19/2016081915_01_1.html

今村復興相 東電株8000株保有

本紙指摘で「報告書」訂正

問われる閣僚の適格性

 東京電力福島第1原発事故の対応に当たる責務を負う今村雅弘復興相(衆院比例九州)による東京電力株の保有をめぐって、資産報告書への株数の「記載漏れ」があったことが、本紙の調べでわかりました。東電株保有は、復興相としての適格性が問われます。(藤沢忠明)


図

 昨年3月23日付で衆院議長あてに報告し、同5月に公開された衆院議員の「資産等報告書」によると、今村氏は東電株8000株のほか、九州電力株4000株などを保有しています。

 今村氏は、初入閣の2日後にあたる今月5日の記者会見で東電株について、「ずっと前から持っていた。原発事故以後に買い増したことはない」などと説明しました。

 しかし、今村氏が衆院議長あてに提出している一連の「資産等報告書」「資産等補充報告書」を本紙が調べると、今村氏の説明に疑問が浮かび上がってきました。

 資産等報告書は、当選直後の資産を報告するもので、同補充報告書は資産の増減があった場合、年末時の資産を翌年4月末までに提出するものです。

 今村氏が2009年12月7日付で提出した「資産等報告書」によると、東電株を2000株保有。その後、10年4月28日付の「資産等補充報告書」で東電株を2000株、11年4月28日付の「資産等補充報告書」でさらに東電株2000株となっています。

 この時点で、今村氏は東電株を計6000株保有していたことになります。(図参照)

 13年3月25日付の「資産等報告書」によると、東電株は現在と同じ8000株となっています。この報告書は、12年12月の総選挙で当選後の資産を報告するもので、11年3月11日の原発事故後に、2000株を買い増していた可能性があります。

 今村氏の「原発事故後に買い増したことはない」という説明は事実に反するのでは―。

 本紙の文書による質問に後日答えた今村事務所は、「平成21年(09年)の総選挙後に提出した報告書の『2000株』は『4000株』の記載ミスだった」と説明、「原発事故後に買い増したことはない」としました。そのうえで、「報告書は訂正した」と答えました。

 同事務所は、「過去の資産報告を見直していたところ、記載漏れが見つかった」などといっていますが、本紙の指摘を受けて、6年以上もたって「訂正」した格好です。

 今村氏は、巨額の賠償・除染・廃炉費用などを電気料金の値上げという形で国民に負担を付け回す“東電救済”の仕組みをつくった「原子力損害賠償支援機構法案」の採決に賛成(11年8月)しています。

 東電株の保有をめぐっては、第3次安倍内閣で原発担当でもある宮沢洋一経済産業相が600株保有、国会で「経産相としての資格が問われる」と問題になりましたが、今村氏にもこの点が厳しく問われることになります。

 

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-08-29/2016082913_01_1.html

今村復興相

大企業の“優良株”多数保有

職務と関係深い銘柄も 売買繰り返す

 東京電力株を8000株も保有していた今村雅弘復興相(衆院比例九州)は、大企業の“優良株”を多数保有し、売買を繰り返していたことが本紙の調べでわかりました。国会議員、とりわけ与党議員には、いろんな情報が集中するだけに、株の売買については、規制することが求められています。(藤沢忠明)


時価総額6千万円

 今村氏が2009年12月7日付で衆院議長あてに提出した資産等報告書によると、ニッケル製品販売の「エス・サイエンス」10万株、東洋ゴム工業1万株など、18銘柄、計20万3800株を保有していました。

 直近の15年3月23日付の資産等報告書によると、全日空、日本郵船、宇部興産各1万株など、計18銘柄、合わせて11万3570株を持っています。(表参照)

 銘柄数は18で同じですが、この間の資産等報告書、同補充報告書を調べると、多くの入れ替わりがあります。売買した株式は、JR東日本、日本航空、オリエンタルランド、三洋電機など20銘柄以上におよんでいます。

 今村氏は、旧国鉄に入社後、JR九州の関連事業本部企画部長などをへて、1996年10月の総選挙で初当選し、7期目。この間、国土交通政務官や衆院国土交通委員長、自民党観光特別委員会副会長などを歴任していますが、取引した株には、今村氏の職務と関係の深い銘柄が目立ちます。

 一方、現在、今村氏が保有している株はすべて東証1部上場。初入閣した3日の終値で計算すると、時価総額は6032万2085円にのぼり、“株長者”ぶりを示しています。

表

 

 

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-03-13/2017031302_02_1.html

「ふるさとを捨てるの簡単」

自主避難者に復興相

 

 今村雅弘復興相は12日放送のNHK「日曜討論」で、福島原発事故の自主避難者に対し「ふるさとを捨てるのは簡単」だと述べ、福島県に戻るよう促しました。

 原発事故後、避難指示区域外でも自らの判断で避難をした人々は今も約2・6万人いるといいます。福島県は国と協議し、自主避難者への借り上げ住宅の無償提供を3月末で打ち切ると決めています。

 番組で今村氏は「ふるさとを捨てるというのは簡単です。戻って頑張っていくんだという気持ちを持ってもらいたい」「全国の皆さんも応援していただける」との考えを示しました。これに対し出演者から「帰還が悪いわけではないが、早期は無理だろう。廃炉にも何十年もかかる」と疑問が出されました。

 政府は避難指示区域の解除も進めており、「原発事故を終わったことにしたいのか」との声が出ています

 

引用おわり

自主避難を「自己責任」と明言した非情な今村復興相は、とんでもなく倫理が欠如した人間だった。
復興庁業務と直接関わっている東電のような企業の株を保有しているとか、復興大臣としてあるまじき行為だ。

その他にも、これまで今村氏が歴任した役職と関連の深い企業の株の売り買いを繰り返していたとの事。
これはモロにインサイダーの臭いがする。
公正取引委員会は、こういうのは見逃したらダメだろ。

あと自主避難者に対して「ふるさとを捨てるの簡単」と言ったらしいが、これは、放射線の危険からやむなくふるさとを離れなければならない人にとって、どれだけ酷い事を言っているのか、分かっているのだろうか。

今村大臣は冷酷で倫理がぶっ飛んだ最低の屑だ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍内閣が選挙応援での公設... | トップ | 卑劣、トランプがシリア侵略攻撃 »
最近の画像もっと見る

売国奴・売国政治・反日活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。