オリアンティを愛するファンのブログ

素敵な女性ギタリストOrianthi Panagaris! 全曲レビュー、機材紹介など。

DEAN MARKLEY エレキギター弦

2017年07月08日 | 使用機材について
オリアンティの使用弦 Helixの「Dean Markley」。ゲージは0.09~0.42が基本だが、アリスクーパーとのツアーでは、よりハード・ヘヴィな音にするため0.10からのゲージを使ってチューンダウンしていたらしい。もともと彼女は半音下げチューニングらしいが、最近のリッチーとのライブではどんなチューニングなのだろう?

    

メーカーはアメリカ。左から、Signature、Helix、Blue Steelのシリーズだ。
Signatureは、六角形の芯線に巻きつけることで巻弦が緩みにくくなり、寿命も長くなる。
Helixは、巻弦が楕円状をしており、高密度でタイトな弦を実現。長寿命、リッチな音色とレゾナンスが売り。
Blue Steelは、超低温-196℃の液体窒素に浸すクライオジェニック処理で分子間が高密度かつ均質になり、ロングライフとリッチな音色を実現している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Drive Away | トップ | Highly Strung »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む