「オーガニック1%キャンペーンを始めましょう!」Good for people Good for the Earth

But, take it easy and have a dream(でも、気楽にそして夢を持って)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オーガニックセミナーのご案内

2015-08-01 | オーガニック講座ご案内

八 月 (葉 月)

 

冒頭は・・・やはり、“あつい!!”しか浮かばない(+_+)です!

 

昨年より、確実に暑さの度合いが増した・・・と、感じませんか?

 

クーラーの冷えが苦手なので、夕方、自宅へ帰ってきたら、窓を開け、風通しをよくして、こもった空気の流れをよくして、熱っている体も保冷剤などで冷やして・・・、あとは、扇風機を回す程度で過ごせていたのですが、

今年は・・・、クーラー・・・、必需品になっています(+_+)。

 

 

この暑さですから・・・運動不足解消のため“駅まで片道25分歩く”・・・は、熱中症の危険性も考えて、ギブアップ(+_+)!

バスで往復していたのです・・が、「使っていない自転車あるけど〜」のある人の一言を思い出し、その自転車を頂戴し(笑)、先週から、徒歩の代わりに自転車で駅まで往復していま〜す。

 

“自転車”・・・(多分)10年以上乗っていなかったのですが、身体は覚えているのですね〜。10年ぶりでも、スイスイ〜でした(^'^)。

 

自転車に乗って、まず、感じたのは「風」でした!

風に吹かれるあの心地よさ、風が運ぶ緑の香り・・・。

歩いていた時とは全く違った感覚で「風」を感じ、楽しんでいます(^'^)。

 

この酷暑の中で、皆様も、“楽しめる何か・・”に出合えるといいですね・・。

(写真はブログスタッフで協力してくれたmihoさんとLapisさんからの頂き物・・・我が家の清涼剤です(^'^))

 




さて、

関由佳ドクター主催の「オーガニックセミナー(ホンモノのオーガニックとは?)」、7月は「オーガニックの畜産」と「オーガニック加工食品と塩」について行いました。

セミナーご参加のみなさま、ありがとうございました。

セミナーあとの懇親会は、前回同様、オーガニックビーフの食べ比べで盛り上がりました・・・。

三種類のオーガニックビーフ(写真)、餌(肥育期間も含め)と産地の違い・・・をあてっこ(笑)!!

こういう機会は通常ないので、「これは、グラスヘッドだけでは・・」「これがNZ産のオーガニックビーフでは・・」などなど、ご自身の味覚感覚への挑戦、楽しまれたようでした。

 

 

☆次回は、9月12日(土)に行います。

特別講座として、オーガニック水産物と食品以外のオーガニックの講座を追加しています。

詳細は、下記にアクセスしてみてくださいね。

http://ameblo.jp/dr-yuka/entry-12032822704.html

 

セミナーは、どなたでも参加お申込みできます。

セミナー終了後、Purelyで懇親会を行います(^’^)。

懇親会だけでも参加可能です。

どちらも予約制になっております。

席数にかぎりがありますので、お早目にお申し込みくださいね。

 

☆セミナー・懇親会参加のお申込みご希望の方は、

info@hapilabo.meまで、下記 銑い鯢ずご記入になりお申込みください


〔樵
▲瓠璽襯▲疋譽
ご希望の回
ず親会の参加の有無


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1%をオーガニックに変えよう!

2015-08-01 | 野菜申込方法

・・・Let’s change 1% into real Organic・・・

8月のお野菜(無肥料・無農薬栽培)のご案内

酷暑の中、無肥料無農薬栽培のお野菜たち、太陽のエネルギーをいっぱい受けて育っています(*^_^*)。食欲がないとき、トマトやキュウリからの水分・栄養補給は、生き返りますね〜。

(写真は8月1日に我が家に到着したお野菜たちです)

※無肥料無農薬栽培野菜8月お届け野菜の内容;

ズッキーニ、ジャガイモ、玉ねぎ、キュウリ、ナス、シシトウ、ピーマン、空芯菜、春菊、トマト、ミニトマト、オクラ、(中旬以降にゴーヤ)など。この中からお届けいたします。

(注)明記していない農産物に変わる場合もあり、収穫できる状態に応じて、生産者にお任せしておりますことご了承願います。)

※到着日指定ください(下記の中から日程のみご指定ください);

・8月8日(土)、9日(日)ご希望の方は、8月4日までにメールでご注文ください!

・8月22日、29日 (土曜日着)

・8月23日、30日 (日曜日着)

※代金は、送料・税込 2700円(クール便代200円が含まれます)

 

※お申し込みとお支払方法について※

※お申込者は、1〜3まで明記の上、下記アドレスまでメールでお送りください。

メールアドレス「sobfng@gmail.com」(1%キャンペーン事務局/益田)宛て

1.名前

2.ご住所とお電話番号

3.到着日時指定明記

*各到着日のそれぞれ一週間前までのお申し込みとなります。

:8月8日(土)、9日(日)到着ご希望は、8月4日迄のご注文に限らせて頂きます。

例:8月22日(土曜日)到着希望の方は、ご希望到着日明記の上、8月15日(土)までにお申し込みください。

「お申し込み確認メール」を頂いたアドレスに返信致します。

☆お支払:「お申し込み確認メール」受取り後、3日以内に下記へお振込み願います。

(ご入金確認させて頂いた方へ発送手続きさせて頂きます)

「ゆうちょ銀行」:口座名義「1%キャンペーン事務局」

記号「10220」・番号「11990691」

 ※尚、ゆうちょ銀行以外から、ゆうちょ銀行口座にお振込み頂く場合、

 店名「〇二八」、店番「028」、「普通預金:口座番号「1199069」をご指定ください。

・・・Let’s change 1% into real Organic・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーガニックセミナーのご案内

2015-07-05 | オーガニック講座ご案内

七月(文月)

 

7月と云えば・・・? 「七夕」でしょうか・・・。

 

中国から渡ってきた、ちょっと物悲しくてロマンチックな牽牛と織姫のラブストーリーと、もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」、そして、こちらも中国の行事「乞巧奠(きこうでん)」がミックスされて生まれた行事だそうですね。

 

改めて、中国との関係・・・歴史的にも、いろいろつながっていますね・・。

 

 

昨今、耳にする機会の多い「爆買い」・・・は、=(イコール)中国人観光客というイメージが定着してしまっていますが、決して中国の方々だけではなく、香港・台湾・韓国の方々も含めての現象だそうですね。

 

“日本の製品が良質”だから・・との評価を受けての表れであれば、それは、素直に嬉しいことと思ってもいいのかな〜と感じますが、日本人のお土産“まとめ買い”現象・・・国内でも海外でも目にする機会が多いので、アジア人の気質の根底と関連しているかも・・・というは飛躍しすぎているでしょうか?

 (ちなみに・・・私自身、20年前、アメリカでオーガニック原料使用のリップクリーム(当時、日本にはなかったので)を30個ほどお土産用にまとめ買いしたとき、レジの人はもちろん、周りにいたアメリカの人たちが目を丸くしていた記憶がありますので(^_^;)

 

さて、話は変わりまして、関由佳ドクター主催の「オーガニックセミナー(ホンモノのオーガニックとは?)」、6月から第二クール、スタートいたしました。

 

6月20日(土)のセミナー参加のみなさま、ありがとうございました。

セミナーあとの懇親会は、いろんな方面で、“良質のものを届けよう!”と奮闘している方々との交流会でもあり、“食”に直接関係していない方々も、たどっていけば、やはりベースとなる食を良質にしていく必要性を感じていただけると、本当に嬉しいですね。

 

☆今月は、7月18日(土)に行います。

前回セミナーでは満席御礼だった「オーガニック畜産の話」と「加工食品と塩」

 セミナーあとの懇親会、今回も前回同様、オーガニックビーフの食べ比べ・・・を行う予定ですよ(^'^)。

なかなか、こういう機会はないので、ぜひとも、学んで、そして、実際、食べて味わってみてくださいね。


詳細は、下記にアクセスしてみてくださいね。

http://ameblo.jp/dr-yuka/entry-12032822704.html

 

セミナーは、どなたでも参加お申込みできます。

セミナー終了後、Purelyで懇親会を行います(^’^)。

懇親会だけでも参加可能です。

どちらも予約制になっております。

席数にかぎりがありますので、お早目にお申し込みくださいね。

 

☆セミナー・懇親会参加のお申込みご希望の方は、

info@hapilabo.meまで、下記 銑い鯢ずご記入になりお申込みください


〔樵
▲瓠璽襯▲疋譽
ご希望の回
ず親会の参加の有無

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1%をオーガニックに変えよう!

2015-07-05 | 野菜申込方法

・・・Let’s change 1% into real Organic・・・

7月のお野菜(無肥料・無農薬栽培)のご案内

5月6月端境期の為、お休みしていたお野菜・・・今月から復活!です(^’^) 

後半には、夏野菜もでてくるようです。安心して生でいただけるお野菜・・・堪能してくださいね

(写真は7月4日に我が家に到着したお野菜たちです)


※無肥料無農薬栽培野菜7月お届け野菜の内容;

ズッキーニ、ジャガイモ、玉ねぎ、キュウリ、ナス、シシトウ、ピーマン、空芯菜、春菊、(後半、トマト、ミニトマト、オクラ)など。この中からお届けいたします。

(注)明記していない農産物に変わる場合もあり、収穫できる状態に応じて、生産者にお任せしておりますことご了承願います。)

 

※到着日指定ください(下記の中から日程のみご指定ください);

・7月18日、25日 (土曜日着)

・7月19日、26(日曜日着)

※代金は、送料・税込 2700円(クール便代200円が含まれます)

 

※お申し込みとお支払方法について※

※お申込者は、1〜3まで明記の上、下記アドレスまでメールでお送りください。

メールアドレス「sobfng@gmail.com」(1%キャンペーン事務局/益田)宛て

1.名前

2.ご住所とお電話番号

3.到着日時指定明記

*各到着日のそれぞれ一週間前までのお申し込みとなります。

例:7月18日(土曜日)到着希望の方は、ご希望到着日明記の上、7月11日(土)までにお申し込みください。


「お申し込み確認メール」を頂いたアドレスに返信致します。

☆お支払:「お申し込み確認メール」受取り後、3日以内に下記へお振込み願います。

(ご入金確認させて頂いた方へ発送手続きさせて頂きます)

「ゆうちょ銀行」:口座名義「1%キャンペーン事務局」

記号「10220」・番号「11990691」

 ※尚、ゆうちょ銀行以外から、ゆうちょ銀行口座にお振込み頂く場合、

 店名「〇二八」、店番「028」、「普通預金:口座番号「1199069」をご指定ください。

・・・Let’s change 1% into real Organic・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーガニックセミナーのご案内

2015-06-07 | オーガニック講座ご案内

六月(水無月)

 

六月・・・今年も丁度半分・・・!

寒さが大の苦手の私は、5月GWに大掃除して、冬物(こたつなど⇒冬はコタツで過ごしています(笑))を片づけ、部屋もスッキリ!

衣類も夏服はカラフルで部屋の中が明るくなり、梅雨入り前のこの季節は、ヴァター体質の私にとって、一年で一番!居心地がいい時期です(^'^)。

 

雨の日や荷物が多い日以外は、駅まで徒歩25分、健康のために歩くことにしているのですが、道すがら、アジサイがこんなに多くみられるとは・・・。

お花大好きだった母も、四季折々の花を、庭や玄関前にところ狭し(笑)と植えていたので、私にとってアジサイは、実家の庭に咲く身近な花の一つでした。

 

写真は、駅までの道中、毎日拝見させていただいている道路に顏を出していたアジサイです。

 

私はオーソドックスな紫色の花びらが好きです!

母もそうでしたが、色的に、「紫色」が好きな人・・・私の周りにとても多いのです。

 

2013年10月のカラーのコーナーで「紫色」についてmihoさんがコメントしてくださった内容を読み返していて、なるほどね〜、日本人がこの色に魅かれるくだりに、改めて納得です。

 

毎月のお花を担当してくださっていたLapisさんの2014年11月「紫千振」は、花の名前に「紫」がついている通り、花の色は、もちろん「紫」ですが、形がとってもキュートな星形!

紫色と星形の組み合わせに私は一目ぼれ!この花のファンになりました・・。

 

 

食べ物と同じく、旬のものや露地栽培は、季節外れのハウス栽培でできたものよりエネルギッシュなように、お花も、土に根っこを伸ばして、咲くべき季節に空に向かっている花たちはエネルギーにあふれている・・・と感じますね。住宅街を通り抜けるお蔭で、四季折々の花々を、沢山の方々のお庭の外から楽しませていただいて、感謝です(^’^)。

 

 

さて、関由佳ドクター主催で行ってきた「オーガニックセミナー(ホンモノのオーガニックとは?)」

5月は、「加工食品◆廚箸靴董⊆然食品とオーガニック食品の違い、

日本人にとって“調味料の三種の神器”ともいえる「醤油」「味噌」「酢」については、商品表示からホンモノのオーガニック調味料を選ぶ為のポイントについてお伝えしました。

セミナー主催者の関由佳さんご自身の今回のセミナーの感想は、

下記ブログでお読みいただけます。

http://ameblo.jp/dr-yuka/entry-12029677957.html

 

今年1月からスタートしたこのセミナーも、今回は最終回となり、5回全てを受講した方には、「修了証」と基本の調味料を1つプレゼントさせて頂きました。

 

オーガニックバンクスタート時から多くのセミナーをさせていただきましたが、

セミナー直後にオーガニック食品を味わう(懇親会)・・・という組み合わせは、受講者にとっても、講師という立場にとっても、「なぜ、オーガニック」「だからオーガニック」が知識と実食で実感できますね・・・・。

 

おかげさまで好評!につき、関ドクター主催のこのセミナー、

もう1クール行うことに決定しました(*^_^*)。

☆第一回と二回は、同日、6月20日(土)に行います。

詳細は、下記にアクセスしてみてくださいね。

http://ameblo.jp/dr-yuka/entry-12032822704.html

 

セミナーは、どなたでも参加お申込みできます。

セミナー終了後、Purelyで懇親会を行います(^’^)。

こちらも予約制になっております。

席数にかぎりがありますので、お早目にお申し込みくださいね。

 

☆セミナー・懇親会参加のお申込みご希望の方は、

info@hapilabo.meまで、下記 銑い鯢ずご記入になりお申込みください


〔樵
▲瓠璽襯▲疋譽
ご希望の回
ず親会の参加の有無


※6のお野菜もお休みさせていただきます(生産者の地域が端境期のためです)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーガニックセミナーのご案内

2015-05-06 | オーガニック講座ご案内

五月(皐月)

昨日(5月5日)、ホテルオークラで開催されていた「新緑盆栽展」へ行ってきました。

 

昨年に続き、2度目の盆栽鑑賞でした〜(^'^)。

昨年六月のブログで、盆栽観賞初体験と掲載した理由について、ながながと書かせていただきましたので、ご関心ある方は、下記からアクセスしてみてくださいね。

 

http://blog.goo.ne.jp/organicbank/m/201406

 

 

写真は、昨年もご紹介した葉坂さんの、今年の出展作品(五葉松)です。

『京都で開かれた盆栽展で内閣総理大臣賞を受賞した名木。強風にさらされながらも生き抜いてきた力強さを感じさせる。貴重盆栽登録樹』と、出展目録に紹介されていました・・。

 

とても勢いを感じ、緑がホントウに鮮やかで、きれいに整った一つ一つの松が全体のバランスを美しく形作っている・・・と、素人なりに感じた次第です(^_^;)。

 

葉坂さんが、単に趣味として盆栽に没頭(!)しているわけではなく、オーガニックバンクがお伝えしているホンモノのオーガニックのコンセプトの一つである“いのちのサイクル”とふか〜い関連があることは、昨年のブログでもお伝えしているのですが、今年は、私の素朴な疑問(盆栽に合った土の世界とホンモノのオーガニックを生産する為に必要な土壌との違いなどなど)から、改めて「土の世界の深さ」に触れる機会となりました。

 

そして、「食品業界」の一人として、ホンモノのオーガニックビーフを日本に初めて紹介し、オーガニックバンク設立した大浦さんが、なぜ葉坂さんの盆栽をいろんな人に紹介しているのか・・・、「永続的・循環」のキーワードから、お二人の共通の熱き想い(*盆栽を通じて伝えたいこと、これから発信したいことを含めて)も、たっぷりお聞きすることができました・・・。

*この点については、いずれ、また、ブログでご紹介するかと思います(^_-)

 

盆栽そのもの世界について全く素人であり興味・関心がなかった私(+_+)ですが、日本の文化の一つとして引き寄せるきっかけになり、また、やはり、健康で美しい盆栽の原点は「健康な土台」と「それぞれの素材に合わせた培養方法(=食品生産における栽培・飼育方法)」であるとわかり、ホンモノオーガニックを広めたい私にとって、“感ずるポイント”・・・昨年と比べてグーンとアップしたと自画自賛(笑)・・・楽しく充実した時間でした(^'^)。

 

もう一つの写真は、松やけやきではなく、ブーゲンビリアの盆栽です。

出展されていた中にはバラやモクレンの盆栽もあり、ひたすら緑の世界・・とイメージしていた私には、とても新鮮な盆栽の世界でした。

 

新しい世界、知っているようで知らない世界、私たちの周りには沢山ありますね・・・。

 

 



さて、関由佳ドクター主催で行ってきた「オーガニックセミナー」、

4月は「加工食品(一般の概念とオーガニック加工食品)と塩」についてお話しさせて頂きました。

 

・・・・たかが「塩」されど「塩」・・・・。

今、日本には100種類もの塩が販売されていますが、なぜ、そんなにたくさんの塩が販売されているか・・・あまり一般的に知られていない、その背景と歴史を知ることから、「塩」を選ぶ意味(必要性)が見えてきます。

 

ホンモノのオーガニックを伝えるこの講座では、“塩は生き物には必要なもの”という観点から、“含まれているミネラルの種類と含有量”、また、オーガニック食品同様、どのように作られているかという観点から、“製法”の2点にポイントを置いてお話しさせていただきました・・。

 

セミナー主催者の関由佳さんご自身の今回のセミナーの感想は、

下記ブログでお読みいただけます。

 

http://ameblo.jp/dr-yuka/entry-12021137828.html

 

 

☆次回のセミナーは、5月16日(土)です。

第五回「オーガニック加工食品◆心と体の健康とたべものについて」 

 

セミナーは、どなたでも参加お申込みできます。

セミナー終了後、Purelyで懇親会を行います(^’^)。

こちらも予約制になっております。

席数にかぎりがありますので、お早目にお申し込みくださいね。

 

☆セミナー・懇親会参加のお申込みご希望の方は、

下記にアクセスしてお申込みください。

http://kokucheese.com/event/index/256489/

 

 

※5月のお野菜販売はお休みです(生産者の地域が端境期に入ったためです)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーガニックセミナーのご案内

2015-04-05 | オーガニック講座ご案内

 

四月(卯月)

桜、さくら、サクラ・・・きれいでした・・。

先週木曜日、久しぶりに吉祥寺の井の頭公園の桜を観にいってきました〜。

お天気も良く、気持ちのいい午後のひと時、サクラと青空・・・満喫してきました(*^_^*)

 

 

さて、ブログは、定期更新は先月で終了しましたが、オーガニックセミナーと、野菜のご案内は、引き続きお届け致します(^_-)。

 

 

第三回“学んで食べて・・・楽しく賢くなるセミナー”

3月28日(土)に、第三回目「オーガニック&ナチュラル畜産物」、開催させていただきました・・・(^’^)。

主催の関ドクターも自身のブログで“満員御礼”のコメントを出していましたが、セミナーは満席でした。

参加されたみなさま、ありがとうございます。

また、セミナー後の恒例の懇親会は、オーガニックビーフの食べ比べも大変好評でした。

日ごろ食しているお肉との比較、セミナーで得た知識と体で(舌)実感する両輪・・・みなさま楽しまれたようで、何よりでした・・・。

 

あまり情報が発信されていない畜産の世界の話・・・オーガニックバンクがスタートした20年前、すでに欧米では、オーガニック畜産の基準のベースができていました。

今回は“ホンモノオーガニックビーフの基準”をベースに、牛・豚・鶏について、また、ナチュラルとオーガニックの違い、そして、現在、日本で販売されている畜産の表示の見方などお伝えいたしました。

オーガニック食品といえば、農産物の世界・・・と思っていた方には、畜産の世界こそ、オーガニック食品の原点ともいえる部分があること、ご理解いただけたようです(^_-)。

 

セミナー主催者の関由佳さんご自身の今回のセミナーの感想は、

下記ブログでお読みいただけます。

http://ameblo.jp/dr-yuka/entry-12010091649.html

 

☆次回のセミナーは、4月18日(土)です

セミナーは、どなたでも参加お申込みできます。

セミナー終了後、Purelyで懇親会を行います(^’^)。

こちらも予約制になっております。

席数にかぎりがありますので、お早目にお申し込みくださいね。

☆セミナー・懇親会参加のお申込みご希望の方は、

下記にアクセスしてお申込みください。

http://kokucheese.com/event/index/256489/

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1%をオーガニックに変えよう!

2015-04-05 | 野菜申込方法

・・・Let’s change 1% into real Organic・・・

4月のお野菜(無肥料・無農薬栽培)のご案内

地球と共存でできることのひとつ

・・・・・ホンモノオーガニックを取り入れること・・・

ホンモノのオーガニック(地球と共存できる生産方法)の産物は、健康な土づくりから

ホンモノオーガニック野菜づくりを目指す生産者からお届けします(^’^)

※無肥料無農薬栽培野菜4月お届け野菜の内容;

大根、切り干し大根、サトイモ、ブロッコリー、ネギ、人参、キャベツ、この中からお届けいたします。

(注)明記していない農産物に変わる場合もあり、収穫できる状態に応じて、生産者にお任せしておりますことご了承願います。)

 

※到着日指定ください(下記の中から日程のみご指定ください);            

注)時間指定は午後2時以降からお受けします(午前中指定はできませんご了承願います)

・4月18日、25日(土曜日着)

・4月19日、26日(日曜日着)

※代金は、送料・税込 2500円

 

※お申し込みとお支払方法について※

※お申込者は、1〜3まで明記の上、下記アドレスまでメールでお送りください。

メールアドレス「sobfng@gmail.com」(1%キャンペーン事務局/益田)宛

1.名前

2.ご住所とお電話番号

3.到着日時指定明記

*各到着日のそれぞれ一週間前までのお申し込みとなります。

(例)、4月18日(土曜日)到着希の方は、4月11日(土)までにお申し込みください。   

★時間指定は午後2時以降可能です。地域によっては時間指定お受けできない場合もあります。ご了承願います。

☆数量限定の為、ご注文日、お届け日によっては、ご希望に添えない場合があります。ご了承願います。

「お申し込み確認メール」を頂いたアドレスに返信致します。

☆お支払:「お申し込み確認メール」受取り後、3日以内に下記へお振込み願います。

(ご入金確認させて頂いた方へ発送手続きさせて頂きます)

「ゆうちょ銀行」:口座名義「1%キャンペーン事務局」

記号「10220」・番号「11990691」

 ※尚、ゆうちょ銀行以外から、ゆうちょ銀行口座にお振込み頂く場合、

 店名「〇二八」、店番「028」、「普通預金:口座番号「1199069」をご指定ください。

・・・Let’s change 1% into real Organic・・・

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1%をオーガニックに変えよう!

2015-03-15 | できることから1%

三月(弥生)

 

東日本大震災から4年

福島原発事故の影響が未だなお続く中で、

原発への再稼働に向けて動き始めた日本政府

 

先週来日していたドイツのメルケル首相のことば

「(福島第一原発の)事故のあと、ドイツは脱原発という決断をし、

現在、再生可能エネルギーに力を入れている。日本も同様の道を歩むべきだ」

 

 

今から3年前(2012年2月)、

二つの目的をもってこのブログをスタートしました 

ひとつは、ホンモノのオーガニック農産物を目指す生産者達との交流から、

被災地支援の一環として、

福島原発事故のあと、風評被害を受けていたお野菜販売の手伝いをするためでした

 

当時は、とにかく東日本で生産されたものは販売しない(できない)・買わないという流れの中で、

放射性物質検査を受けて、その結果が基準値以下だとしても、「消費者が県名を聞いたら購入しないので」と、

取引先から拒否され困っていた生産者が沢山いました。

また、福島の生産者の産物は、放射性物質検査の結果、流通にストップがかかってしまっていて、

私たちが支援したくても、ある意味、何もできない状態でした。

 

写真は、今年の3月11日の夜、駅で販売されていた福島産のリンゴです

「放射性物質検査はしています。大丈夫です」と大きな声で行き交う人に、

安全性を訴えていました・・・

          

3月11日の夜のニュースでは、

店頭で福島産と明記して販売されている生産品を、

支援の一環と思って積極的に購入する消費者の姿が映し出されていましたが、

除染に何十年かかるかわかならい地域がそのまま存在している事実、忘れてはいけないですね。

 

あの日をきっかけに、自分たちが使っているエネルギーがどのように生み出されていたのか、

知らないことが多すぎて、唖然としつつも、

身近なこととして友人たちと語ったり、勉強したりしていたのですが、

4年の歳月が過ぎ、のど元過ぎれば・・・というところにいる自分にハッとさせられます。

 

“災害列島”

 

先日何気に見ていた番組で耳にしたことば

 

東日本大震災以降も、各地で自然災害がおこり、

その度に、自然災害の被害を大きくした人災も、目にしてきました

 

私たちひとりひとりの中には、想定外で起こりうる自然災害への備えや心構え、

また、原発については、地震国の住人としてどうあるべきか、

結論が出ていない人も、心の中でくすぶり続けていると思います

 

いろんな出来事が日々起こる中で、まずは、無関心にならず、引き寄せること、

感ずることがスタートだとは思いますが、感じたら、次はどうすればいいのでしょう?

 

“自分ができることを見つけて行動する”

頭ではわかっていても

“行動する・続けること”は、

勇気と強い心、エネルギーも必要ですね。

 

想いだけを抱き、外へ向けて、不平不満の種にしてしまわないよう、

改めて、原発関連について感じていること、

できることを見つけて行きたいと思っています。

 

震災復興については、

石巻の仮設住宅にお住まいのAさんとご縁を頂いて、

仲間たちと行ってきたこと、これからも続けていきたいと思っています。

ひとりでは・・・、きっと、こちらも、のど元すぎれば・・・になっていたと思うのです。

仲間がいるってことは、ありがたいですね。

一緒にともに動いていると続けられる・・・そんなありがたみを感じています。

 

 

 

そして、このブログをスタートしたもう一つの目的は、

ホンモノのオーガニック(環境にも人にも優しい栽培・飼育方法による)の普及

「1%をオーガニックに変える」提唱の為でした

      

当初から、3年間を一つの区切りにする・・・と、決めていたので

この形式でのブログは、今回で一旦終了させていただきます(^’^)

(無肥料無農薬栽培のお野菜販売は掲載続けます)

 

 

“ホンモノのオーガニックの世界を覗いてほしい”

“できるところから関われること見つけてほしい”

という思いで、ブログスタート時に、

長年の友人であるmihoさんとLapisさんに彼女たちが届けたい世界の共有・協力をお願いしました・・・。

「花」や「色」は、毎回私自身もたのしみにしていました。

 

「花」は、お野菜販売に絡み、季節をお伝えする為に

「色」は、当初は、日本からホンモノのオーガニックを発信していきたいという思いもあり、

日本の色名の由来を私自身が知りたい(^_^;)ということでお願いしました・・・。

二人の友情のお蔭で、私自身、毎回楽しく構成にも関わらせていただきましたし、

知らない世界を共有させて頂き、本当にありがたく思っています(*^_^*)。 

 

ホンモノのオーガニックを伝えることは今後も別の形で、

或いは、単独ブログ形式でお伝えすることもあると思いますし、

現在進行形のオーガニックセミナーを通じても行っていきます(^_-)

 

実食できる体制ができたお蔭で、私も毎回楽しく

ホンモノのオーガニックについて熱く語り(笑)

参加者の皆様とセミナー後の懇親会では、

美味しく頂いております(*^_^*)

(セミナーについては、オーガニックバンクレポートをご覧ください)

 

最後に

毎月、このブログを覗いてくださったみなさま

“楽しみに待っていました”・・と云ってくださったみなさま

コメントを送ってくださったみなさま

本当にありがとうございました(^’^)

 

次世代への引き継ぎ・・・

ホンモノのオーガニックは、地球環境と密接なつながりがあること、

永続的に続けられる方法であること、

そして、何より、ホンモノは美しく、美味しいこと、

少しでもお伝えすることができたのなら、幸いです(F.M)

 

Let’s change 1% into Organic !!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記;

3年間を通じて、ブログの冒頭にはいろんなこと書いてきましたが、

私自身が一番印象にのこっているのが、昨年(2014年)五月の

『レジリエンス(Resilience逆境力・回復力)“折れない心”の育て方』でした(^_-)

 

そして、最近、はまったのは、写真の本です

子供から大人まで、誰が読んでも、ホッコリしますが、

ちょと疲れている方、

自分が他の人とどこか違っているのでは?と悩んでいる(?)方に、特ににお勧め!

「すみっこくらし」のキャラクターには癒されますよ(^_-)。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1%キャンペーンに参加しませんか?

2015-03-15 | できることから1%(お花・カラーetc.)

3月の花:スィートピー

 

英名: Sweet Pea(=香りの良い豆)

和名:「麝香連理草/ジャコウレンリソウ」

別名:「麝香豌豆/ジャコウエンドウ」、「花豌豆/ハナエンドウ」、「匂い豌豆/ニオイエンドウ」

学名: Lathyru odoratus(香りの良い連理草という意味)

原産地:地中海沿岸

花言葉:

「優しい思い出」「優美」「デリケートな喜び」「永遠の喜び」「私を覚えていて」「門出」「繊細」「別離」

 

 

スィートピーは豆科の仲間らしく、

葉軸の先端がくるくると巻きひげとなり、他の植物に絡まりながら成長します。

蝶のようにひらひらと舞うかのような可憐な花びら、

Sweet Pea という名前通り、ほのかな甘い香りも春らしさを感じさせてくれます。

 

品種改良により、様々な色が溢れているスィートピー・・・

 

 

店頭で見かけるたくさんの彩りに圧倒されてしまうのか、

実は、可憐な花びらもほのかな香りにも、魅力をあまり感じることがなく

「春色の汽車に乗って〜♬」(赤いスィートピー)

私の中ではこの歌詞がすぐに浮かぶ花・・・くらいのイメージでした。

 

ところが、先日そのイメージが大きく変わる出来事がありました!

それは母を亡くした私の為に、友人から贈られたスィートピーの花束でした。

小振りながらもたくさんの花びらと蕾がついているのですが、

ふんわりと優しく膨らんだ小さな蕾は空豆にも想えて

豆科の花であることをさり気なく(?)アピールしている姿もいじらしい(#^.^#)

 

ほんのりと淡いピンク混じりのスィートピーは初々しく、

まるで花の赤ちゃんのよう・・・

その愛らしい花姿にすっかりメロメロ♥になりました。

 

母の写真に供えながら、心がほぐれるような優しさと楽しさ、

そして何よりも友人の温かい想いを感じることができました。

 

1週間程過ぎた朝、いつものように花瓶の水を替えようとしたときのこと、

枯れかけた花びらの中に若草色の小さなサヤを発見!

新たな命を感じさせてくれたサヤもまた、たまらなく愛おしくなりました。

 

そして、この楽しいひと時を写真の母も一緒に過ごしてくれている・・・

この花を贈ってくれた友人への感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

 

 

ありがとうの言葉と一緒に赤ちゃんサヤの写メを友人へ✉

するとその友人から心のこもったコメントが届きました。

 

『今日はとても嬉しかったです。

昨日とても落ち込むことがあり、今朝も憂鬱な気持ちでした。

メッセージと写真をみて、思わず涙してしまいました。

勇気づけられ、今日一日を過ごすことが出来ました。』

 

心を込めて花を贈ること、心を込めて想いを伝えることの意味を

これまで以上に大切に感じた出来事でした❀

 

 

さて、今回でこのブログは最終回を迎えました。

花を贈るような気持ちでこのブログに参加出来れば・・・という想いでしたが

実際には、好きな花でも知らないことが沢山あって、

私自身が新たな発見と感動で一人勝手?に楽しんでいたようにも想いますが

『楽しむためにこの世にやってきた〜♪』

・・・と、感じることが出来る素敵な時間でした(#^.^#)

 

今回の友人から贈られたスィートピーのように

枯れた花から新しい命の元となるサヤが生まれる姿・・・

植物の短い命のサイクルは、

終わりと始まりが繋がっていること教えてくれました。

そして、

・・・たくさんの人々の命の繋がりの中で、今の私がいる・・・

 

『2011.3.11』がきっかけとなったこのブログを続けて、

感じた植物からのメッセージです。

 

最後になりましたが、

拙い文章にお付き合いいただいた全ての皆様に感謝の気持ちを込めて♥

「どうもありがとうございました❀」By Lapis

コメント
この記事をはてなブックマークに追加