俺祭りで行こう

JOG&読書&家庭菜園&飲み
やりたいことしかやらない俺祭り104(おれまつりとし)のへなちょこブログ

野川公園で転倒!!

2012-05-28 | トレーニング

 本日は休暇を取得して嫁さんと野川公園に行ってきました。自宅のひばりから9Kmくらいの距離でした。嫁さんはチャリで伴走。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/43/de/d14153c8d43892b5913dfcf3604ff874.jpg

 初めて来ましたがいいところです。ただ残念なことに月曜は定休日ということで園内に入ることはできませんでした。

 ここまではよかったんですが、1.5Kmほど野川沿いを走ったところで石につまづき転倒。運悪く転んだ先がコンクリートの段になっていてそのカドに額をぶつける。段になっていなければ手のひらと左ひざのかすり傷だけで済んだんですが、これも運のツキ。とりあえず流血しているので血でザックや服などが汚れるのを避けて、嫁さんにザックからタオルを出してもらって拭く。こんなとき1人だったらザック等が汚れたなぁなどと筋違いな感想をいだきつつ。。手に持っていたデジカメがぶっとんで見つからないが、3mくらい先に落ちていたのに気づく。ボディが凹んでいて、電源を入れると「レンズエラーを検知しました」のエラーがでるものの、データは見られた(上の写真)。でもカメラ自体はオシャカのようです。

 とりあえず軽く顔と手を洗って流血を簡単に落としてから、嫁さんの勧めで病院に行くことに。まあ行った方がいいのかな、とうすうすは思う。で、このあたりにも病院はあるんだけど、通うとなると少々面倒なんで電車とバスを使って自宅近くの病院まで戻る。また余計なカネが掛かるということでガッカリなんで、走って戻る気力はゼロでしたね^^

 で、受診したところ左眉の上を結構深く切っているらしく4針縫う。ということで、とんだ休暇になってしまった。でも術後の昼Bがうまかったからいいか??

合掌。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ロストした山を拾いに

2012-05-26 | トレイルランニング(奥武蔵)

[コース]飯能-天覧山取付-多峯主山-久須美坂-かまど山(休憩)-三角天(休憩)-長念寺-愛宕山(休憩)-水晶山-深沢山-土山-北向地蔵-物見山-富士見茶屋(休憩)-高指山-日和田山-巾着田(休憩)-ドレミファ橋-高麗峠-宮沢湖-宮沢湖入口サンクス(23.4Km)

[所要時間]4時間

 本日は武蔵横手近辺の「かまど山」と「愛宕山」をゲットする任務^^どちらも一度失敗しています。

 武蔵横手起点では少々距離が短かすぎるので飯能から行きます。久須美坂から武蔵横手に降りる途中のところから林業用の林道を行きます。で、めざとく道標のないトレイルの取付きを発見。このトレイルをいくと、

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/40/75/31b6b47ae9d33552fd127aaa8557cb92.jpg

 出てきました。これでOKだね。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1e/f7/a189c2b16ca8550e7bfe6d2ad334b545.jpg

 かまど山ゲット!展望は悪いですがひっそり感がいい。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6c/29/882d7c5a14c2a7710eaa24676568bbbf.jpg

 そのちょっと先の「三角点」は展望まったくなし^^でもこのあたりのシングルトラックのトレイルはそんなにハイカーも来ないと思うんだけど整備されていていい感じ。

 武蔵横手には行かず里山を行って長念寺へと。少々ネイサンボトルのストックが少なくなってきたのでここで給水してから愛宕山へ向かいます。ここも林道にだまされないでトレイルを目ざとく見つける。こちらは道標がありました。とにかく林道にだまされないことです。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5d/9a/72d66c02c656cbb74bde362f4ad22234.jpg

 愛宕山ゲット。その後は宮沢湖温泉に行くため、物見山、日和田山、巾着田とハイキングの王道コースをば。途中の富士見茶屋の自販機でコーラ500mlをいって生き返ります。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/63/d8/d55636d9802646f8dd2fb8fbecbbede7.jpg

 本日の宮沢湖。新緑がいいね~

 今日は絶好のお出かけ日和でした。

合掌。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

村上春樹「sydney!」

2012-05-25 | 読書・作家マ行

 シドニーオリンピック観戦記。まあ、村上春樹なんでこむずかしい(笑) 特に「メタファー」とか「やれやれ」が出てくる前後のページは悪く言えば説明不足、良く言えば幅を持たせているといったところか。でもおもしろいんだよね。

 やれやれ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金環日食

2012-05-21 | つれづれ

 どうでもいいと思っていた金環日食ですが、それなりに盛り上がってしまいました。

 マンションの住人の方となんだか一体感を味わったりしてね。おこちゃまたちより親の方がハッスルしてましたがね^^

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7b/dd/ee2a1f9f59d248a219f20541f581c215.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7e/0b/a4d6be3a12c3f3264047d29e092c2394.jpg

 三日月から

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/00/a0/01d51ef58fb7ae622bb21e6640bc3563.jpg

金環食!!

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蕎麦粒山は遠かった

2012-05-19 | トレイルランニング(奥武蔵)

[コース]芦ヶ久保-二子山-焼山-武川岳(休憩)-妻坂峠-山中-ウノタワ(休憩)-鳥首峠-滝ノ入頭-橋小屋ノ頭(休憩)-逆川乗越-蕨山-藤棚山-大ヨケノ頭-中登坂-金比羅神社(休憩)-さわらびの湯バス停(21.8Km)

[所要時間]5時間半

 本日は9時に芦ヶ久保をスタート。今日の計画は武川岳を越えて妻坂峠、ウノタワ、有馬山経由で蕎麦粒山まで行って棒ノ嶺からさわらびの湯に下りるつもりだったけど。。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/79/9f/a19ba512726079afb6fe4e6a7ea546b5.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/21/85/ea735a10eb979304be008ec641be9f15.jpg

 二子山の雌岳と雄岳は標高が同じなんだね。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/57/71/b1e735cb75b54db02cff74040290a219.jpg

 二子山(雄岳)のちょっと先ビューポイントからの武甲山。今日は空気がさわやかです。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2d/39/47b0c11c09e2e004c5c4b38098b1ac8b.jpg

 焼山からの武甲山。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/06/28/1fd6061efe4792d00a58dcdeee17942f.jpg

 焼山と武川岳のあいだのビューポイントからの武甲山。角度によって表情が変わってきますね。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0b/75/7d726e6db9456ca9064396f4d75c8194.jpg

 武川岳からは妻坂峠経由でいったん山中まで下ります。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1b/d9/406e6cf6a5c9fa11e0cd26ea0f2bfaca.jpg

 アスファルトの終点がウノタワへの取付になっています。ココはわかりやすいですが、その先のトレイルはわかりずらい。川を何度か横切ったりします。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/35/a6/f2da595c677a9f261e8e99248fd47a6b.jpg

 赤いテープと積み石が目印です。それにしてもかなりの急坂。が、危険な箇所はありません。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/13/701a70dbc5cebfadc5f3296def40880c.jpg

 シングルトラックを登りきると、開けたウノタワに出ます。標高は1000mくらい。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/07/06679c70553e56c7893e40f2014e36d0.jpg

 鳥首峠を過ぎると、

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1c/86/dd9863e89ea4e809591ac93a192d7cd8.jpg

 このような尾根が続きます。防御ネットのあるところはいいんですが、ないところはコワイです。登山には向いていません^^

 橋小屋ノ頭に着いたのが13時ごろでタイムアウトです。蕎麦粒山はあっさりあきらめて、蕨山経由でさわらびの湯に下りることにします。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/46/86/08c980f602fe311681416fca1ebad2a8.jpg

 このさわらびの湯、日帰り入浴施設なのにアルコール類の自販機販売をやめていた。玄関で対人販売していたから助かったものの、なんか腑に落ちないね。しかし洗い場も待ち行列ができるほどの大盛況でした。帰りのバスも超満員でした。ハイカー多し。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重松清「永遠(とわ)を旅する者 ロストオデッセイ 千年の夢」

2012-05-18 | 読書・作家サ行

 短編連作集。というか「ロストオデッセイ」というゲームのために書いたものというまえがきがありました。ゲームのためのイメージ提供ということでしょうかね?

 1000年生きる男カイムが時代も場所も不肖なところでたくさんの人が生まれては死ぬ場面に立ち会う。ある土地に来たのが50年ぶりとか80年ぶりとかのスケール。この前あった子供が今ではおじいさん、おばあさんというノリ。でも自分の見かけは変わらない、と。物語は展開せず、積み重なっていく。

 ディテールにいいところが随所にあります。氏の作品としては異質ですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

志水辰夫「うしろ姿」

2012-05-16 | 読書・作家サ行

 短編集。老年期の登場人物たちがふと立ち止まって過去を振り返るお話たち。作者があとがきでこのような時代遅れの小説は二度と書くことはないと言っているが、時代遅れかな?地味な小説ではあるけど読んでよかったとは思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もろやまトレイルラン

2012-05-13 | レース

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6e/2c/4b40ef40ad2380d312af720f50de6876.jpg

 風薫る五月晴れ、なんとも爽やかな天気です。毛呂山総合公園には初めてやってまいりました。本日はもろやまトレイルラン21キロの部に参加。受付では毎度コスプレのぴのさんにご挨拶。城西大学男女駅伝部も参加ということで、華やかです。

 いい天気ではありますが、万が一の転倒に備えて上はTシャツにアームカバーと手袋、下はロンタイのいでたちで走りました。エイドが5箇所と充実しているので丸腰でGO。結果的にはトレイルの路面の状態がよく、危ない目には一度もあわずにガンガン下ることができました。トレランは下りの技術がものを言いますからね。

 おもしろかったのは城西大学女子駅伝部のメンバーたち。スタートからしばらくしてアスファルトで抜かれましたが、5Km過ぎあたりの下りのトレイルではきゃーきゃー言ってへっぴり腰でゆるゆる走。ロードとトレイルの落差がものすごい。おもしろい光景だった(笑)

 この子たちに道を譲ってもらって快適に下るんですが、未舗装路や舗装路が続くとひたひたと後ろから迫ってきて、あるときには抜かれる。の繰り返し。終盤の下りでかなり差をつけたつもりだったんですが、最後の最後毛呂山総合公園に入ってゴールまであと数百メートルのところで3人に抜かれてしまいました。トレイルというハンディがありながらあっぱれです。

 結果は2時間13分23秒で総合33位、男子の部30位、40代男子の部10位と微妙な結果でした。かなりがんばったんだけどね^^

 トレランは好きだけどトレランレースはもういいかな、なんて思っていましたが、出てみるとやっぱりおもしろい。たまには出るもんだなと強く思いました。次は去年台風の影響でショートカットを余儀なくされた秋の朝霧高原35Kmに出てみるかな、と。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重松清「疾走」

2012-05-10 | 読書・作家サ行

 いや~、すごい内容だった。それぞれの登場人物がよく描けている。読んでいる間はキツイが、読後感は悪くない。ただ楽しくはならない小説、とだけ言っておくか。語れば語るほどつまらない解釈になってしまいそうなんで。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父の老舗特産品

2012-05-08 | トレイルランニング(奥武蔵)

 GW最後の5日、6日は地元ひばりから車で長瀞オートキャンプ場へBBQをしに、ゆるゆると行ってまいりました。羊山公園近辺の道だけはかなりの渋滞だった。

 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/09/53/a73969750c6f929f5fd637eaf6b1aeb8.jpg

■秩父世界

 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/c7/5ba8e9a8935deea26bd9bdee315bca5d.jpg

 お花畑裏の「世界」(すごいネーミングだね)では豚肉味噌漬を入手。BBQで網焼きしても、残りを家でフライパンで焼いてもうまかった。生ものなので、今回のように車にクーラーボックスを積んでの移動じゃないと買いづらく、普段の電車で移動のトレランではなかなか手が出ません。でもリピーターになる味わいでした。

■武甲正宗

 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/37/1c/e2e39c29743b4a336e732cb8275798e7.jpg

 ココではお店の方に「燗で飲む」と言ったら、薦めてくれたのは一番の定番なヤツでした。武甲正宗にしろ秩父錦にしろ特別感はありませんが、地元の酒蔵で地酒を入手するのがセオリーということで。決して悪くはないお酒だと思います。

■ヤマブ味噌

 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/84/97a359fd8036659993f8fff3c161cfe2.jpg

 皆野駅裏のスーパーヤマブで味噌を入手。これは奥武蔵あじさい館やあしがくぼ道の駅や武甲温泉帰りの横瀬のJAでも入手できますが、なぜかジモティー向けの飯能ぺぺのスーパーには置いてなかったりして^^ まあ、そんなもんかもね。

 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/03/aa/89f974f955936f977abde39faf8bc716.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/32/2a/a7ccea947687890835ba59af6c8901e7.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3a/00/977e7f3ffef2ba3ce554a43663eea167.jpg

 暗くなってからせっかくなんで武甲正宗の燗をいきましたが、飲みすぎまして翌日は二日酔いのヘタレ^^ 早朝にカップめんを食べて二度寝した後、キャンプ場近くのロードから蓬来島公園のトレイルを5Km弱走っておしまいでしたとさ。

合掌。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武蔵横手バリエーションコース

2012-05-04 | トレイルランニング(奥武蔵)

[コース]武蔵横手-水晶山-深沢山-土山-北向地蔵-鎌北湖-宿谷の滝(休憩)-宿谷川-富士山(休憩)-白銀平(休憩)-高麗神社(コーラ休憩)-宮沢湖-宮沢湖温泉喜楽里別邸(18Km)

[所要時間]3時間

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/61/6c/b59fa96c4582de4a0dbc168265f56e5f.jpg

  やっと天気も回復しましたが、武蔵横手脇の高麗川は増水中。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6c/8d/2b46a5b99b6fcdb380b70b6f6783eade.jpg

 今日は五常の滝方面に行かず、この長念禅寺から。ちょっと迷いましたが、お寺の奥さん(?)がちょうどいたので愛宕山方面へ行くにはこれでいいのか確認。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/39/ee/3f7bff69018cc5cb50daa0551e9400ac.jpg

 お墓の奥に道標がでてきました。OK。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/4d/f7f0e81ab610dbf68e3c0f0cb22730ce.jpg

 が、林業用の林道があってトレイルがわかりずらく、愛宕山はスルーしてしまった。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/ba/4cb500ec4367951d2ed62c1a04ab51b6.jpg

 で、昭文社地図にはない水晶山。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1d/2a/6ae6e937e92d6c9b7cc3c6b5609b055d.jpg

 深沢山はちゃんと地図にあります。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1b/94/d4e51b8668007e2683faeb93d557a386.jpg

 北向地蔵に向かうトレイルにはこんな通知があった。このもろやまトレイルランにはエントリーしています。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/70/76/15d8a09896144f790cb146b2ae98a62c.jpg

 宿谷の滝も今日は勢いがいい。水量豊富です。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/07/14/185f18faca1bbc98d2f501632d7bee2c.jpg

 で、ここが宿谷川方面から富士山へ登る取付き。道標はありません。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3c/2b/20f877b3ca1c834a0a7c5225e9166802.jpg

 鬱蒼としたトレイルを行きますが、富士山に出ると急に展望よし。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3f/36/452c75d82c17cb2b05cdaad11ce97f27.jpg

 御師岩。この岩の上に立ち、足踏みをすると不思議な音色が聞こえるとのことですが、修行がたりず遠くの電車の音しか聞こえませんでしたね^^

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6c/35/5993a84175b03506d8a38e206184ae8f.jpg

 白銀平からの展望。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/56/51/1ba1960b7b0b5f05c7d04cca464f7bfc.jpg

 で、本日の宮沢湖。宮沢湖温泉は大繁盛で、女性は待ち状態。温泉自体はそんなに混雑していなかったけど、食事処はものすごい混雑で、いつものBはパス。バスも40分後なんで、宮沢湖入口のサンクスでさっそくBを買って、歩いて飯能へと。

合掌。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

羽根田治「生還 山岳遭難からの救出」

2012-05-03 | 読書・作家ハ行

 GW中日は連続雨。というわけで読書が進む君。本書は実際に山岳救助された7つのドキュメンタリー。どのケースも遭難してから救出されるまで数日から半月くらいかかっているが、皆救出されるまで動かずに待つことがよかったようなのが印象的。またどのケースも事故後も登山をやめないのが、こういっちゃあなんだがおもしろい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加