俺祭りで行こう

JOG&読書&家庭菜園&飲み
やりたいことしかやらない俺祭り104(おれまつりとし)のへなちょこブログ

またまた宮沢湖

2010-08-30 | トレイルランニング(奥武蔵)

【宮沢湖温泉から宮沢湖を望む】

[コース]飯能-天覧山-多主峯山(休憩)-マミーマート(休憩)-宮沢湖(休憩)-宮沢湖トレイル半周-宮沢湖入口のサンクス(11.9㌔)

[所要時間]2時間

 暑くて遠くまで遠征する気力なし、でも山には行きたし、ってなわけでまたまた安易に宮沢湖へGO。

 いつものようにこの夏得意のへろへろ走でたらたら走っていたら、宮沢湖へ向かう途中のトレイルでうしろから来たねーちゃんに抜かれてしまった(笑)そこそこ走ってるタイプのようにお見受けしたけど、シューズがランニングシューズなんだよね。なんぼなんでも、トレランのカッコをしてる俺が負けてはまずいわな。とは言え、抜き返すというのも当然ながらあまりにも大人げありません。どうしたもんかなーと思ってたら、下りに入ってへっぴり腰モードに入ってくれたので、イッキに抜き去ることにしました。あ~どうでもいい。。

 でもおかげでその後は調子を取り戻して快調ラン。宮沢湖まで快適に走ることができました。

 で、宮沢湖周辺のトレイルを走ったあと、先日の宮沢湖ランと同様に温泉までのガマンがきかずサンクスでB(笑)

 で、温泉でまったり。今日気づいたけど、白湯がぬる湯(34度-36度)になっていて夏にはサイコーの設定。まったりできました。水風呂もよく冷えてるし、毎度ながら炭酸泉も露天の掛け流しも塩サウナもよろしい。さっぱりしたところでテラスで生。

 

合掌。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ジャンボカラーピーマン

2010-08-29 | 

 花は咲くけどぜんぜん実が着かなかったカラーピーマンですが、8月も終わりに来てようやく実が着き始めました。めでたしめでたし。

 それにしても、カラーと言いながら紫以外は赤・黄・オレンジともに下の写真のように緑のまま。土の成分が悪いのか?まあ、別にこれならこれでもいいけどね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乙一「天帝妖狐」

2010-08-27 | 読書・作家ア行
 短編2編。「A MASKED BALL-及びトイレのタバコさんの出現と消失」は幼稚っぽい文体が板についた乙一らしい感じの小説。この人の文章は高感度大。「天帝妖狐」はモノトーンの感じがいい。こういう感性はサラリーマンじゃ出てこないだろうな(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜庭一樹「青年のための読書クラブ」

2010-08-23 | 読書・作家サ行
 「青年」というと普通は男を連想しますが、ここはミッション系のお嬢様学校。フランスの宣教師が学校を設立した由来から2019年の近未来の顛末までを読書クラブ員が語る裏学園史。独特の文体で語られる学園のアレやコレ。桜庭ワールドを堪能しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芦ヶ久保から丸山展望台

2010-08-22 | トレイルランニング(奥武蔵)

【丸山展望台からうっすら見える武甲山】

 肉眼では、もう少し見えました。

[コース]芦ヶ久保-赤谷-大野峠-丸山(休憩)-木の子茶屋(休憩)-道の駅あしがくぼ(11㌔)

[所要時間]2時間半

 今日も暑いんで早出早上がりの予定でトレイル中心のショートコースを選択。赤谷から先の沢沿いのトレイルだけは涼しかった。7時半に始めて、10時前には道の駅で終了(笑)

 道の駅のシャワーをはじめて使ってみた。10分200円。今の季節は重宝しますね。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鷺沢萠「ビューティフル・ネーム」

2010-08-19 | 読書・作家サ行
 「ウェルカム・ホーム」と同様なごみ系のこころやさしい小説。「サルでもわかる在日韓国人」の体裁にもなっている。作者死去のため未完の2作も収録。最近、選んでるわけでもないのに遺作に多く当たる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤原伊織「蚊トンボ白鬚の冒険」

2010-08-18 | 読書・作家ハ行
 いきなり伊織節炸裂。
 今回はめずらしく主人公が19歳の若者だったけど、脇を固めるおじさんやおじさんにあこがれる×イチのおねいさんがいつものとおりでイケてます。「デスコでフェーバー家~」てなくらいおもしろかったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白滝沢コースで試走

2010-08-15 | トレイルランニング(奥武蔵)

[白滝]

[不動滝]

[大滝]

 体感的にはこの夏最高の暑さの中、滝のところだけは別天地。特に白滝は風に乗った水の涼しさが格別でした。ちなみに「大滝」といってもミニな滝なので悪しからず。

[コース]吾野-石地蔵分岐からトレイルコース-不動茶屋(休憩)-関八州見晴台(休憩)-不動茶屋(またまた水分補給で休憩)-西吾野の里山(またまた自販機休憩)-あじさい館(13.9㌔)

[所要時間]2時間45分

 今日は走れる下りの白滝沢コースでブラーの試走。はいいが、とにかく暑い。持参したPETの水500mlは不動茶屋でまた追加。関八州見晴台から下りてまた不動茶屋でCCレモン500ml追加。白滝沢コースを下ったところでシューズにたまったたぷたぷの汗を流して、ついでにソックスを脱いで雑巾しぼり。で、西吾野の里山の自販機でダメ押しのオレンジジュース500ml追加と、人間汗製造機と化しました。

 で、肝心の白滝沢コースの下りは、

 こんな感じの走って下れるトレイルで、好きなコースのひとつです。ブラーの詳細レポは後日にまわすとして、一言で言うと、まずまず悪くはない感じでした。

 で、あじさい館に着いてソッコーB。風呂から上がってソッコーB。一服ついでにまたまたB^^

 流動食の採りすぎかイマイチ食欲がわかなかったんですが、今日のレストランはランチバイキングということで、気づいてみたらけっこう食ってしまった。

合掌。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

宮沢湖で試走

2010-08-13 | トレイルランニング(奥武蔵)

[コース]飯能-天覧山-多主峯山(休憩)-マミーマート(休憩)-宮沢湖(休憩)-宮沢湖トレイル1周-宮沢湖入口のサンクス(13.3㌔)

[所要時間]2:17:48

 今日は台風の影響で蒸し暑かったですが、ピーカンじゃなかっただけマシか。まあ今日の場合、ブラーSL(ゴアテックス版)のデビューなんで、暑さなどものともしませんがね^^

 試走に行くなら走れるトレイルってんで、宮沢湖コースでいってみます。

 大半がこんな感じで、走れないところはほぼありませんので試走にはバッチリです。ブラー君の評価については後日。

 とにかく暑くてマミーマートでコーラ500ml、宮沢湖で7UP350ml飲んで、もう炭酸飲料は飲みたくなくなり、宮沢湖外周のトレイルをおりまぜて1周してからサンクスに直行して、とにかくB一発。宮沢湖温泉に着く頃には新品シューズの中が汗でたぷたぷいってます。シューズを脱いで逆さにすると水がどぼどぼ~、ソックスもいったん脱いで雑巾しぼり。ブラー君、この程度のことはほんのあいさつ代わりの余興でしかありません。これで泣きが入るようではあかんよ。

 で、家に着いたらソッコーでインソールを外して陰干し。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中島らも「ロカ」 【近未来私小説】

2010-08-09 | 読書・作家ナ行
 サブタイトルが【近未来私小説】ということで、67歳のご自分を想定した私小説ということなんでしょうね。いつもながら、自分の考えを小説の中でうまく表現するなぁと感心します。この歳までは生きられませんでしたが、いつ死んでもよしとするだけの腹は据わっている雰囲気を感じます。それにしても小説がこれから盛り上がるところで急逝のため唐突に中断してしまっているのが残念でもあり、らも氏らしくもあり。。

合掌。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごくろう!!

2010-08-08 | ギア

 2007年6月から3年以上にわたってお山を供にしてきたモントレイルのハリケーンリッジだが、これ以上トレイルでの使用はむずかしい。まあ、ここまで履いたんだから成仏できるでしょう。ごくろうさん!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雲取山

2010-08-07 | トレイルランニング(奥多摩)

 昨日の雲取山山頂。残念ながらガスってました。

[コース]奥多摩(7:01スタート)-六ツ石山(休憩)-鷹ノ巣山(休憩)-鷹ノ巣山水場(給水)-七ッ石山(昼食)-雲取山(休憩)-奥多摩小屋水場(給水)-七ッ石山水場(給水)-鴨沢バス停(33㌔)

[所要時間]7時間半

 そろそろロングトレイル再開ってなわけで、雲取山に行ってきました。平日のせいか、出会ったのは10人ちょいくらいのハイカーと野ザル2匹(笑)のみ。雲取山山頂も独占しました。

 下界はいい天気なんですが、高度が上がるにつれてガスってくる。

 六つ石山山頂から。なにも見えません、ちょっと残念。その割には暑い。1600m程度では下界よりはマシってなくらいでした。とにかく大汗かいて、水場の給水が必須になります。鷹ノ巣山小屋の下と七ッ石小屋の上と奥多摩小屋の下の最低3箇所が給水ポイントになります。このコースだと、ちょっと自販機まで下りるとかそういうことができないので、各自体力等に合わせた事前の計画が必要になります。

 鷹ノ巣山山頂から。実際は写真よりは見えましたが、それでもガスってます。

 七ッ石山もこんな感じ。1700m程度でもそんなに涼しくない。写真ではわかりませんが、ハチやらトンボやら蝶やらハエやらがやたら多い。ハチはかなりうっとうしかったですね。やはり富士山までいかなきゃダメか(笑)

 少し晴れ間が見えるときもありました。このジグザグを登りきれば雲取山山頂です。

 下山時にジグザグから。涼しそうに見えますが、そうでもない(笑)


 で、下界に下りて奥多摩湖。ハンパない暑さの中、バスを1時間半待ちました。コンビニひとつなく、かろうじて自販機がある程度で木陰もほとんどなく、鴨沢に下りるのはよした方がいいと思いました。長距離が久々だったので、奥多摩に戻らず鴨沢に下りる方を選択したんですが、若干失敗やもしれん。

 それにしても丸3年使ったハリケーンリッジがこの日の一撃でほぼお釈迦。頑丈なヤツだったがやはり不死身ということはありえない。そろそろ新しい相棒を探すとしますかね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藤原伊織「名残り火 てのひらの闇Ⅱ」

2010-08-01 | 読書・作家ハ行
 中年のサラリーマン崩れのおじさんの大活躍第2弾。ある意味、男のロマン炸裂といえなくもない(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加