俺祭りで行こう

JOG&読書&家庭菜園&飲み
やりたいことしかやらない俺祭り104(おれまつりとし)のへなちょこブログ

今年もしし唐、ピーマンでいく

2017-05-06 | 

 GWということで畑の季節。毎年無難にできるしし唐、ピーマンでいくことに。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/11/2a/9072bd843a88f3a97d3b3469b1c15f02.jpg

 ピーマン4株。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/65/59/1bdb232f36823beff79934caa743f6c0.jpg

 しし唐2株。後ろは3年経過した明日葉。ほとんど観賞用だが^^

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/14/65/25b8a5ea9d9bcb960a558f6a09cd5aca.jpg

 安直だが、これが去年は効いたので今年もお世話になる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西吾野-ブナ峠-椚平-都幾川四季彩館

2017-05-06 | トレイルランニング(奥武蔵)

[コース]西吾野-北川-岩井神社-ブナ峠-椚平-慈光寺入口-西平-桃木-都幾川四季彩館(19Km)

[所要時間]2時間半

 本日はブナ峠手前からブナ峠までだけトレイルで、あとはほとんどアスファルト。ブナ峠から椚平へ降りる林道もアスファルトではないがオフロードバイクが登ってこられるくらいの道なんで、シューズはアウトソールの擦り切れたINOV8のTRAILROC245で十分。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0b/51/167c23a4a62e435e4e2c5a76eee645f7.jpg

 本日最高地点のブナ峠(782m)。ここから正面の林道を下る。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/16/a5/8cc06dcdd9427c1c905884d8281976f4.jpg

 ほぼ下り切ると猫バス停と大杉がある。トトロの舞台というわけではないと思うが。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/26/1c/2557caa0eabe18919b00560331333100.jpg

 「くぬぎの七曲」とあるが、

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/15/57/b5e7627c5d72df5342055ebc84b34cc1.jpg

 写真左側に立札2番があるが、上から順に7番から1番までのミニなヘアピンをほんの数十秒で下っておしまい^^しかしこのあたり里山の雰囲気がよい。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5f/f4/b2129bb5b52cd988202c4276bf88273c.jpg

 椚平からは路線バスのコースで四季彩館まで行く。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/21/f5/48752fb46dafcf2dc1c906d25882538c.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4b/c3/a3d4b4f2435ace7d374e2b4d0ce2439f.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4c/f9/12712bc50f5811abe5c67d29416125c0.jpg

 足湯にも浸かってみた。

合掌。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三代目コーギー犬あいちゃん

2017-05-05 | つれづれ

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/23/d6/4a369454a4e690d3249a1dac84a644fc.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/24/a2/2a8711540cd3dc4f81a93aa718d8bc7e.jpg

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6d/c8/75dc9af146d7c923da6316b1f98eba9e.jpg

 昨日、久喜のモラージュ菖蒲店のコジマからウチにやってきました。2月生まれの生後3ヵ月です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涼し酒@小澤酒造

2017-05-04 | 家飲み

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/42/4a/48a2d0853c57339d6144cdb33eefd833.jpg

 近所の酒屋さんでの店頭販売。四季折々を感じる澤乃井の酒。純米を瓶詰めしたあと火入れして安定させた逸品。最初に封を開けると香りが立つ。13-14度とアルコール度数が低めで初夏には飲みやすい酒で、イケてます。

合掌。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の奥武蔵

2017-04-30 | トレイルランニング(奥武蔵)

[コース]武蔵横手-長念寺-愛宕山-水晶山-深沢山-ユガテ-エビガ坂-一本杉峠-カイ立場-諏訪神社-顔振峠-吾野-石地蔵-休暇村奥武蔵(18Km)

[所要時間]3時間ちょい

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3d/af/8c6dfc7bafcce96218b92b4880f4c248.jpg

 本日は武蔵横手から長念寺内経由で愛宕山方面へ。爽やかな気候になったんで久々にトレラン。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5a/11/ca8333ac1623dff192910c53b1ed8a15.jpg

 で、すぐに愛宕山。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/31/3d/77ff81a59365054296d2ec83ef135cdf.jpg

 ただのトレイルの途中である^^水晶山。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5d/12/daa1b97e5ed4a4d997086499bb1dd47e.jpg

 で、深沢山。ここからはユガテ方面へ向かう。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5b/9c/ac66a884e864edc8f140fedcec90bec0.jpg

 奥武蔵のシングルトラックが続く。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2a/5e/18b305103ac83eb7b9419385d32b22a1.jpg

 ユガテ手前の竹林。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/65/9d/d1cca52bc2ac3d9eee763d76698365c5.jpg

 で、ユガテ。初夏らしくのどか。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1d/e6/46194dd24a0b433d27c8225de21bb682.jpg

 一本杉峠。ここを進んで、鼻曲山方面にはいかず黒山方面へ降りて、アスファルトに出たら顔振峠方面に登り返す。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1d/f0/baec60d5e0095d674df726768d71c2d7.jpg

 途中省略で、諏訪神社。ここはだいたい結界の雰囲気があるところだが、今日の場合は爽やかすぎてすがすがしいだけ(?)

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/12/ea/018dc44bd5adf15c4aec4df844f9c2f2.jpg

 顔振峠下の摩利支天から武甲山を望む。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7e/77/d0899ad153831d9a47e169657082be8e.jpg

 石地蔵の先の民家の脇から休暇村奥武蔵へと。イノシシ除け、鹿除けのネットをくぐって降りたらおしまい。

 3時間ちょいの行程だったが、結構疲れた。が、初夏はマンキツ。

合掌。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大沢在昌「心では重すぎる」

2017-04-29 | 読書・作家ア行

 中年と若者の温度差がよく描けてるな、と。が、謎めいた美少女が終盤で普通な感じになってしまうのは少々残念。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大沢在昌「雪蛍」

2017-04-29 | 読書・作家ア行

 読み始めてからすぐに既読なことに気付いたが、エピソードを覚えているだけで話自体は覚えていなかったので面白く読めた。いい小説です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桐野夏生「抱く女」

2017-04-16 | 読書・作家カ行

 1972年の二十歳の女子大生が主人公のお話。したがってイタいわけだが、同年代の氏が描くだけにリアル。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久坂部羊「ブラック・ジャックは遠かった 阪大医学生ふらふら青春記」

2017-04-16 | 読書・作家カ行

 氏のエッセイは初めて読んだ。もとからブンガク志向だったんだね。意外な感じもした。少し上だがだいたい同年代なので、大阪という土地勘はないが、懐かしい感じはした。いずれにしろ「青春記」というのは恥ずかしいものではあるが^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村松友視「「雪国」あそび」

2017-04-08 | 読書・作家マ行

 「夜の底が白くなった。」で有名な雪国だが、駒子のモデルが亡くなった記事から始まるお話。川端先生はじめ、いろんな引用が多すぎるところが芸がないなと思うが、最後まで読むとそれなりの味わいがあるからまあいいかな、と。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大沢在昌「極悪専用」

2017-04-08 | 読書・作家ア行

 訳アリの極悪専用のマンションの管理人助手になった男の話。エンタメとしてサイコー。座布団100枚!

合掌。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉村昭「蚤と爆弾」

2017-03-26 | 読書・作家ヤ行

 731部隊隊長の話。戦時下の特殊な環境下で起きた現象のように一見見えるが、どうもそうじゃなく、医学研究者たるものできることなら動物実験などは飛ばして臨床試験で確実な研究をしたいと思う心理が働いているように感じる。「臨床試験」と言うか「人体実験」と言うかでイメージは全然違うが、どこで線引きをするかの判断をするのも人間だから、むずかしいわな。白か黒かという単純な話じゃないように思う。

 氏の語り口は他の著作同様淡々としていて、判断は読者に任せている。任されても困るんだがな^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飯能界隈

2017-03-20 | トレイルランニング(奥武蔵)

[コース]飯能-多峯主山-高麗駅(休憩)-黒尾根-物見山-日和田山-金刀比羅神社-日和田山入口(休憩)-巾着田(休憩)-ドレミファ橋-高麗峠-奥武蔵自然遊歩道-天覽山巻道-能仁寺脇のコンビニTIMES(17Km)

[所要時間]3時間弱

[行動食]おにぎり3個(不使用、走後)、水PET500ml(高麗駅で追加)

 久々のトレイル。このところ行くのが億劫でお山に足が向かなかったが、3連休最後で早く起きれたので近場に行ってみた。

 能仁寺左脇のコースから多峯主山を経由して、高麗へ降りる。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/08/7e/f3dffb8e25670aa5a831b08627058d3b.jpg

 で、お気に入りの黒尾根。今日はMTBとは遭遇なし。ハイカーのおばさん一人に会っただけ。久々のトレイルは平地と違ってキツい。というか、木の根っこなどに気を遣う。

 しかし、王道の物見山-日和田山のコースに出るとさすがに楽勝で走れる。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3e/18/b4e442f44945196e5a54255787d58b87.jpg

 で、金刀比羅神社。ここも久々。というか、王道過ぎていつもは避けるコースである。ここからの下りでハイカー渋滞。3歳児なども多数登ってくるコースだとうことを忘れていた^^もちろん、皆さんに合わせて待ちに待つ。

 あとは巾着田に降りて高麗峠まで登って飯能に向かっておしまい。3時間弱の行動だったが、結構疲れた。念のため行動食用におにぎりを持参したが、ぎりぎりで使用するまでには至らず。

 能仁寺脇のTIMESでB500ml*2を買って飯能中央公園でおにぎりを食べる。その後は奥武蔵旅館でふろを浴びておしまい。

 2週間に一回くらいはお山に行きたいところだな、と思った次第であった。

合掌。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大沢在昌「十字架の王女 特殊捜査班カルテット3」

2017-03-19 | 読書・作家ア行

 シリーズ完結編。シビアだった登場人物達が甘くなっていくのがちょっとな。だが、こういう展開にしないと後味が悪いだろうとも思う。いずれにしろ、一気に読める。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大沢在昌「解放者 特殊捜査班カルテット2」

2017-03-19 | 読書・作家ア行

 で、その続編。かなりつらい展開だが、引き込まれます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加