スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

エアコンをつけたまま寝ると朝だるい理由 熱帯夜対策を再考する

2017-07-13 14:05:41 | 日記

エアコンをつけたままにしたがらない理由

 

夜間も気温が25℃を下回らない「熱帯夜」の季節がやってきた。2007年夏に東京23区実施されたアンケート調査では、25℃を下回らない熱帯夜条件になると睡眠障害の人が増加し、特に暑さの厳しい都心・内陸部では、30%近くにも上った(1)。省エネルギー意識が高まっているとは言え、エアコンの冷房なしに夏の夜を過ごすことは考えにくくなっている。歯科用オイルレス エアーコンプレッサー

 

一昔前ならば、エアコンは寝つくときだけつけておき、寝ついたところの時間でオフになるようにタイマーをセットしておくのが、一般的だった。しかし昨今のこの暑さでは、エアコンが切れれば、暑さのあまりたまらず目覚めてしまう人も多いだろう。寒くなりすぎないようにやや高めの温度に設定して、一晩中エアコンをつけておくというアドバイスが、最近では主流である。

 

ただこのように助言すると、

「エアコンつけっぱなしで寝ると、次の朝だるいんですよね」

と返されることがある。超音波スケーラー用チップ

 

特に外来診察での患者に対する睡眠衛生指導では、患者からのこの質問に科学的な根拠を持って答えることができず、「冷えすぎなんでしょうね」と経験則で対処していた。ただ、このようにエアコンをつけっぱなしで寝て、翌朝からだがだるいという経験をしたひとは多いだろうし、ちゃんとした理由を知りたい人も多いはずだ。電気代よりもこのなんともいえない倦怠感が、一晩中エアコンをつけることに二の足を踏ませているように思える。特に、女性・高齢者に、エアコンを一晩中つけて寝ることに難色を示す人が多い。高齢者でエアコンを無理に辛抱してしまうと、脱水・熱中症のリスクが上がる。エアコンつけっぱなし問題については、きとんとした検証が必要だと考えた。

 

なぜ、エアコンをつけっぱなしで寝ると、次の朝からだがだるいのだろうか。その前に、高温多湿なところでは睡眠がどうなるかをまとめておく。

 

http://yaplog.jp/luccye/archive/64

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 審査基準の統一に向け、コン... | トップ | 最初のコア睡眠期は、エアコ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。