スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

親知らずが引き起こすトラブルについて

2017-04-06 10:10:33 | 日記

親知らずは正式には第三大臼歯(智歯)といいます。親知らずは永久歯が生え揃った後に出てくるため、生える場所が十分にありません。スリーウェイシリンジ用 ノズルそのため根が曲がっていることも多く、親知らずが横を向いたまま隣の歯を押しながら生えてくる場合もあるため、トラブルを引き起こしがちです。

親知らずが歯ぐきから少しだけ頭を出している状態のときに、歯ぐきと親知らずの間に汚れがたまると、歯ぐきが腫れて痛みが出ます。歯ぐきの炎症が強くなると、口の中で食べ物が親知らずに当たるたびにかなり痛み、そのせいで噛みづらくなっていきます。

SINOL®歯科用エアーモーター 0024i(内部注水)

親知らずと歯ぐきの間から細菌が喉に感染すると、唾を飲み込んだだけでも痛みます。歯科レンチ式また、リンパ節に炎症が起こると発熱することもあります。

親知らずは一番奥に生えている歯ですので、歯科ドレープもし虫歯になっても気付きにくく、痛みが出た頃には虫歯が大きくなっていることもあります。

親知らずが虫歯になってしまったときにはそのまま治療する場合と、抜歯する場合に分かれます。親知らずの状態によっては抜かない方がいい場合もありますが、親知らずを残しておくことによるデメリットも大きいため、親知らずの調子が悪い場合はそのままにしておかず、なるべく早く受診していただくのが一番です。
関連記事 歯科領域でのアロマセラピーの応用

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供を虫歯にしない為にすべ... | トップ | 虫歯になりにくい人は凶悪犯... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。