スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

歯を失うと頭蓋骨が脆くなる?骨粗鬆症に!?

2017-04-05 21:09:25 | 日記
自分の歯で噛むという事の重要性

噛むという行為は人が生きていくうえで、とても重要なことですエアモーターセット。もちろん噛めなかったら食事をすることが出来ないのですが噛む事で頭蓋骨に適度な刺激を与えているのです。
ある研究でこういった結果が出ました歯科用インプラント装置。歯がしっかりと残っていて、自分の歯で噛む事が出来る方の頭蓋骨は骨密度(単位体積あたりの骨量)が高いですが、すべての歯が失われしまい噛む刺激が与えられなくなった頭蓋骨の骨密度はスカスカになっていて骨粗鬆症のようであったのです。

骨粗鬆症とは、身体の中にある骨が、カルシウムが減少することによって骨がスカスカになってしまい脆くなってしまった状態をいいます歯科レンチ式
自分の歯が失われてしまうと、頭蓋骨がその骨粗鬆症のようになってしまうというのです。
噛むという運動は、毎日行われている行動ですが、実は噛むことにより歯からくる頭蓋骨に適度な圧力を加えて頭蓋骨を強くしているようです。
いつまでも自分の歯で噛めるように口腔内のメンテナンスをしっかりとしましょう。

関連記事

抜髄すると歯が脆くなり割れやすくなるのか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯周病の発症リスク、男性は... | トップ | 子供を虫歯にしない為にすべ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。