スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

スリーウェイシリンジ用、人気カテゴリ、 歯科医療従事者向けの歯科器材紹介

子どもの虫歯予防にフッ素は効く?最新の研究データから

2017-05-27 09:54:19 | 日記

フッ素が虫歯予防に効くと聞いたことはありますか?フッ素を使った虫歯予防は日本でも対策として取り入れられています。一方、副作用も知られています。最近の研究結果を含めて、これまでに報告されている内容がまとめられました。

未成年者を対象にした研究のまとめ

ここで紹介する研究は、未成年者を対象に、フッ素の入った液体で口をゆすぐことで虫歯を予防する効果について調べた過去の研究結果をまとめたものです。

同様の調査は2003年にも行われていましたが、その後に報告された研究も含めるよう改めて調査がなされました口腔内照明器

研究班は文献データベースの中から最新で2016年にわたる範囲を検索し、関係する37件の研究報告を見つけました。

虫歯などの増加数が27%減

見つかった研究のすべてが、学校で指導のもとにフッ素液で口をゆすぐ方法を調べていました。2件の研究は家庭でフッ素を使う方法も調べていました。

虫歯が予防される効果について次の結果が得られました。

COXO®歯科コードレス口腔内用照明装置MaxBiteDB-138

35件の試験が(15,305人の参加者)、永久歯の表面についての解析においてメタアナリシスにデータとして寄与し、齲蝕(喪失)処置歯表面のプールした予防率は27%(95%信頼区間23%-30%、I(2)=42%、中等度の質のエビデンス)だった。

フッ素を使うことで、虫歯や抜歯などが新たに起こる歯の数を27%ほど減らせると見られました。
副作用については次の結果でした。

オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2169-b0-切削研磨セット.html

3件の試験が不完全に歯の染色について報告し、1件の試験が粘膜刺激/アレルギー反応についての情報を不完全に報告していた。治療中の急性有害症状について報告した試験はなかった。

一部の研究から、歯に色が付く、粘膜刺激症状、アレルギー反応など、副作用の可能性があることが報告されていました。


フッ素は使うべき?

フッ素で口をゆすぐことで歯の問題をある程度減らせるという証拠が得られました。なお、フッ素入り歯磨きについては別の研究があります。

フッ素で口をゆすぐ薬は市販薬としても買えます。子供が使っても効果が期待できそうです。

ただし、ここで報告された「27%」という数字は、「使えば虫歯にならない」と言えるほどではありません。きちんと歯磨きをするなど常識的な予防策はやはり大切です。

薬には副作用もまったくないとは言えません。使用上の注意もよく読んだうえで使ってください。

関連記事

『口腔がん対策、データ収集などで実態把握を』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虫歯10本以上も、「口腔崩壊」児童346人 背景に無料制度知らず、貧困・家庭環境も影響

2017-05-26 14:27:15 | 日記

兵庫県内の小中高校、特別支援学校の歯科検診で、平成28年度に虫歯などで「要受診」と診断された児童・生徒のうち、65%が歯科を受診していない可能性のあることが22日、県保険医協会の調査で分かった歯科用切削研磨セット 。ほとんどの自治体で中学生以下は医療費無料が制度化されているが、同協会は「その制度を知らず、貧困などの理由で受診させていない家庭があるようだ」と分析している。

歯科技工用ポリッシング研磨バー(100本入)

 ■虫歯1人10本以上の児童・生徒続出…「パン食べられない」

 学校歯科検診は全国の小中高校などで毎年行われている。調査は「要受診」の診断を受けた子供の受診動向や、歯科保健指導の状況を把握するのを目的に、県保険医協会が3月に初めて実施ボトル付きスケーラー 。県内全ての公立私立小中高校・特別支援学校計1409校のうち274校から回答があり、回答率は19.4%だった。

 調査によると、検診を受けた児童・生徒11万415人のうち31.6%にあたる3万4869人が要受診と診断された。未受診か受診を確認できなかったのが小学生で46%、中学生64%、高校生は84%に達した。

関連記事

「高齢期における口腔機能低下症」の概念と診断基準 学会見解の報道発表および報道説明会,開催される

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地域包括ケアでの多職種連携 自民厚労部会で日歯の考え示す

2017-05-26 13:25:48 | 日記

自民党政策調査会厚生労働部会が5月17日(水)、都内の自民党本部で開催され、地域包括ケアにおける多職種連携について、日本歯科医師会を始め、日本医師会、日本薬剤師会、日本看護協会、日本理学療法士協会、日本栄養士会の6団体に対してヒアリングを行い、堀憲郎会長と髙野直久常務理事が日本歯科医師会の考えを説明しました。

 堀会長は、歯科界が過去10年来、超高齢社会における新しい歯科医療の役割について議論し、発信を続けてきた結果、「いわゆる口腔ケア、口腔健康管理の有用性や重要性は広く知られてきている」との認識を示しました歯科手術用照明LEDライト 。その上で、「地域包括ケアにおいて歯科医療が目指すのは、在宅歯科医療の推進、それに伴う多職種連携、医科歯科連携の充実に集約される」と説明しました。

 髙野常務理事は、地域包括ケアシステムの中で、歯科は医療、介護、予防、生活支援に大きく関わっており、特に「在宅医療の推進」「医科歯科連携、多職種連携」がその推進に欠かせない最重要項目の一つであることから、日本歯科医師会は地域における取り組みを従来から推進してきたことを説明。また、▽現状は全歯科診療所の2割程度しか訪問歯科診療を実施していない▽歯科診療所当たりの訪問歯科診療の実施件数は増加しているものの、施設系の増加に比べて居宅への増加は微増▽地域包括ケア推進会議への歯科医師の参加が県によって実現していない―などの現状の問題点を指摘しました。

COXO®直照射型歯科治療用照明LEDライトAZS

 その上で、特に①病院歯科の配置推進。歯科のない病院では地元歯科医師会との連携推進②デイサービスやデイケアでの訪問歯科診療の提供③地域包括支援センターへの歯科衛生士の参画④連携に特化したシステム構築などの基盤整備並びにこれに伴う人材育成―などへの対応を要望しました。

オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2082-b0-レンチ式.html

 質疑応答では、長尾敬衆院議員(比例近畿)が口の中の衛生状態を保つことについて、「今後の日本の医療のみならず保険制度全体に良い影響を及ぼす」「国民全員に歯科健診などを実施しても良い」などの考えを述べた上で、日本歯科医師会などに取り組み状況を質しました。

 これに対して堀会長は、歯科健診は学童期まで義務化されているものの、特定健診、後期高齢者歯科健診等は任意であることから、その義務化を要望するとともに、仮に任意のままでも取り組みが進むよう求めました。また、髙野常務理事は日本歯科医師会が5月20日(土)にシンポジウム「いつまでも口から食べるための健口づくり」を開催することを紹介。口腔健康管理(口腔機能管理、口腔衛生管理、口腔ケア)の概念と重要性などを一般国民を始め多職種に対して啓発する方向性を示しました。

関連記事

“朝の歯磨き”はインフルエンザ予防の新習慣!《歯科医師推奨》

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

“朝の歯磨き”はインフルエンザ予防の新習慣!《歯科医師推奨》

2017-05-25 10:20:07 | 日記

全国的にインフルエンザが流行しており、予防接種や徹底した感染対策が必要とされています。 しかし、インフルエンザを予防するために実は歯磨きが有効であることをご存知でしょうか。 今回はインフルエンザ予防に歯磨きが効果的な理由や、予防に有効な歯の磨き方、歯磨きによる健康効果などを歯科医師の彦坂先生に解説していただきました。

インフルエンザ予防に歯磨きが効果的な理由

口腔内が乾燥したり、菌やウイルスが増えることで風邪やインフルエンザに感染しやすくなります。特に夜の間は唾液の分泌が減り、口腔が乾燥しやすく、口腔内に爆発的に菌が増殖しますエアモーターセット 。 歯磨きすることで、口腔内の菌やウイルスの数を減らしたり、感染予防につながります。感染予防の点からみると、うがいや口をゆすぐことでも効果はあります。
インフルエンザ予防に効果的な歯の磨き方

朝必ず歯磨きする

朝は寝ている間に口の中に爆発的に菌が増殖するため、口腔内が不潔な状態です。菌を減らすには歯ブラシが効果的なので、朝食の摂取に関わらず、朝は歯を磨く習慣を持ちましょう。

Being® Rose201低速ハンドピース セット

朝起きたときに口をゆすぐ

睡眠中に唾液が減り、口腔の乾燥とともに口の中には菌が増えます。朝はうがいや口をゆすいでから食事をとると、口の中の菌を体に入れずに済みます。

オススメ商品をご覧ください:

http://www.athenadental.jp/category-2057-b0-歯科用インプラント装置.html

歯磨きすることによって得られる健康効果

リラックス効果

歯みがきによって、口腔内を刺激し、リラックス効果や爽快感を得られます。

美容効果

正しい歯磨きを続けることで健康で綺麗なピンク色の歯ぐきと白い歯をキープできます。アメリカでは白く輝く歯と、健康な歯ぐきが高く評価されます。

虫歯予防

歯磨きをしないと口の中の細菌が糖分を利用して酸を作り、その酸が歯を溶かしてしまい虫歯になります。予防のために歯磨きを習慣化しましょう。

歯周病予防

歯と歯ぐきの境目、つまり歯周ポケットを磨くことで歯茎にも良い刺激を与えるので歯周病予防効果があります。

ダイエット

食後すぐ歯磨きを行うことで、だらだら食べを防ぎます。口腔内がスッキリすることで無駄な食欲を抑える効果も期待できます。
やってしまいがちな間違った歯磨き習慣

歯ブラシの交換が遅い

歯ブラシは毛先が開いて来たら積極歴に交換する必要があります。毛先の開いた歯ブラシでは十分なブラッシング効果が得られないです。 また、何カ月も歯ブラシを使い続けることで歯ブラシ自体に雑菌がわきますので、1カ月程度で新しいブラシに交換する習慣を持ちましょう。

歯ブラシのみで歯磨き

歯と歯の間のプラーク除去は歯ブラシだけでは不十分です。フロスや歯間ブラシを併用する必要があります。

歯磨きは朝と寝る前のみ

朝から寝るまでの間、歯に長時間プラークが付いたままの状態でいるとむし歯や歯周病にかかりやすくなります。朝昼晩と3回歯磨きするか、1日2回になってしまう場合は夜夕食後すぐに歯磨きを行う必要があります。

大きく動かして歯ブラシをする

歯ブラシ時、一歯一歯細かく磨くのが正しい歯磨き方法です。一歯につき歯ブラシを30往復程度させ、細かく動かすことで歯についた汚れやプラークを取り除けます。

歯磨き粉をたくさんつける

口の中が泡だらけになり、磨いたと錯覚しやすいです。歯磨き粉は少量をおすすめします。

インフルエンザ予防に歯磨きガムは有効?

ガムを噛む事で、唾液が多く分泌されます。唾液には自浄作用つまり自然に口腔内を綺麗に洗い流し清潔に保つ力や、抗菌作用があり、唾液で口の中が満たされた状態は重要です。 特にストレスの多い環境や、集中した状態で唾液の分泌は減り、口腔内は乾燥しやすくなります。 乾燥は風邪やインフルエンザを引き起こしやすいため、口腔内を乾燥させないという面で歯磨きガムは効果が期待できます。 頬をマッサージしたり、大きく口を開けることでも唾液の分泌を即することが出来ます。

関連記事

歯科治療で突然のむくみ!? 「遺伝性血管性浮腫」の危険性と予防

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

治療は何歳まで可能ですか?

2017-05-25 09:49:27 | 日記

よくいただくご質問の一つに、「インプラントは何歳くらいまで出来ますか?」というものがあります。60歳以上の方は、治療できる年齢の上限を気になさっている方が多いようです。

実はインプラント治療は、何歳までという風に年齢で決められるものではありません。

一般的に、全身疾患や麻酔によるアレルギーや呼吸器の疾患がない方でしたら、スリーウェイシリンジ用 ノズルどなたでもインプラントは可能です。(ヘビースモーカーの方は治療の間は禁煙していただく必要があります)

全身の疾患がなければ、90歳の方でも出来ますが、骨量や骨質が足りない場合は、年齢に関わらずインプラントが難しいです。

骨量が少ない方の場合は、まず骨を増やす治療を行い、骨量が十分になった時点で、インプラント手術を行います。

Being®Rose202エアーモーター

このように、インプラントが可能かどうかは、一概に年齢では決められず、あくまでもお一人おひとりの健康状態によります。

持病のある方、骨粗鬆症の方も、インプラントをお考えの方は、ぜひ一度ご相談ください。

さて、治療後のご感想をお聞きすると、「固いものでも気にせずに食べられるようになって嬉しい」とおっしゃる方がダントツで多いです。

昔治療した虫歯が段々駄目になり、歯科用インプラント装置奥歯を抜かなければならなくなる度にインプラントにされ、近々3本目(3回目)のインプラント手術を受けられる方もおられます。

1本目、2本目のインプラントが安定していて快適であるからこそ、3本目の手術をしようと思われたのでしょう。

多くの方にインプラントをお勧めしている当センターとしてはうれしい限りです。

関連記事:歯ぐきを指でマッサージ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加