ぴえぴえの雑記帳

ある家族の日々の出来事を記します

ショックアブソーバーとテンションロッド交換

2017年07月17日 07時06分36秒 | クルマの話
HCR32のメンテナンス。ここ数ヶ月、路面の荒れを大きく拾うようになりバタバタ感も出て来ました。経年劣化による足回りの部品のヤレ、どうしようもないです。ホントはメンバーやブッシュ類を総取替えしてみたいところですが、時間とコストがハンパ無いはず。結局、ショックアブソーバーを交換することに。

いちお、部品を発注する前にはディーラーでリフトアップしてもらい、ヤレ具合を確認。ショックは下の末端のゴムブッシュがもう限界に近く、偏心しているほど。テンションロッドもブッシュが死亡している感じ。う〜ん、他のブッシュも限界なんだろうな〜 やっぱり。

実は、管理人のHCR32、一度ショックアブソーバーは交換しているんです。このブログを始める前の2006年7月、車検のときです。それから彼此11年、もうヘタリが来ても全く不思議ではありまぺん

ちょうどボストン出張の期間、クルマをディーラーに預けて作業いただきました。前後のショックアブソーバーとその備品達、フロントにある左右テンションロッド、ついでにリアワイパー付け根のナット交換も。ここは錆びるんです。もうすでに何度か換えてますが、サビが進むと外れなくなる恐れがあり、定期的に換えてやっています。2007年3月、2010年4月、2012年3月の3回。おっと最後からは5年も引っ張ったか〜 ちなみに最初の交換の2007年(新車登録から16年目)のときのナット交換は大変でした。サビがヒドくてナットが外れない恐れがあり、そうなるとリアワイパーモーターは逝ってしまうし、最悪リアガラスを割らないとダメかも、と言われました。そうなっても構わないからやっちまってくれ!(いえ、作業をお願いします)とお願いして、なんとか無事に交換出来たんです。今回、作業いただいたメカの方と話をしたところ、ガラス割りそうで怖かった、でも簡単に外れて助かりました、と言われてました。

外してもらった部品達、ショックアブソーバーはオイル漏れこそ発生していませんでしたが、とにかくゴム系の備品達がバイヤ〜。テンションロッドもブッシュ終了。リアワイパー付け根のナットは思ったよりもサビはヒドくなかったです。

これは右後ろかな。なんか、スプリング、錆びてる?? コイツは丈夫なので放置します。


右の前。


お、ナットが写ってないですね。今は銀色に輝いています。


ディーラーから自宅まで運転した感想、いや〜継ぎ目通過のときに感じが良い! バタバタ感も治まりました。運転フィーリングも劇的にカイゼンしました。よかったよかった。何せ高額な作業でしたので。21.5万円。(キススペが2本買えるな)

以上、延命作業完了です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰国 | トップ | DIA到達 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クルマの話」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL