今日も地球は周ってる

管理人の趣味や日々のことを徒然に。宇宙戦艦ヤマト好きーが現在進行形。時々、六神合体ゴッドマーズ。ALの右オタも兼務

今日も地球は周ってる

2199-12-31 23:59:59 | 日記
皆様、ようこそお立ち寄り下さいました。

こちらは「今日も地球は周ってる」、"koo(くー)"が管理人のブログです。


2010年1月末に閉鎖しましたサイト"orb"の中の1カテゴリだったブログですが、
サイト閉鎖に伴い、このブログをメインサイトとして運営することにしました。


旧サイトに掲載していたもののうち、SSをこちらに転載しました。

「ヤマトSS」と「GM_SS」です。

以前、サイトに載せていた 宇宙戦艦ヤマトと六神合体ゴッドマーズのSS(ショートストーリー) をこのブログに転載しようかと思っています。
※※二次創作について、著作者の権利を侵害する意図はございません※※

少しづつ転載していきたいと思います。
また、新たなお話も増やせたら良いなあと思っています。

※この記事は常にトップにあります。更新記事は次の記事になります※

旧サイトでお世話になりました皆様方には、改めて御礼とお詫びを申し上げます。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
当ブログと新たにリンクして下さるサイトのオーナー様へ

バナーをご用意致しました。
よろしかったら、お持帰りの上で御使用下さい。
(直接リンクは禁止させて戴きます)


基本的にリンクはフリーですが、ご連絡戴けますと、当サイトの管理人も遊びに伺えますので、
ご連絡下さいますことを推奨します。
是非とも、よろしくお願いいたします。
連絡先:befreiungshalle2001♪yahoo.co.jp ♪を@に替えて御使用下さい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

似ていなくてもかまわない

2017-04-07 04:17:02 | GM
なんたって、彼ら双子のフィギュアは販売されていない。
2回目のDVD-BOXが発売になった時に、上半身でポーズを取っている物が特典でついていた。
LD-BOXと初回のDVD-BOXを持っていた私は、さすがに特典欲しさで買うこともできず、涙を飲んだのだった。

しかし、買っておけば使えたかもしれない…と、今さらながらに思ったりも。

そしていてもたってもいられなくなり、色々なフィギュアのパーツを組み合わせて作ってしまいました(笑)


特に、弟はあの髪型がありそうで無いの(笑)
だから、ちょっと大人しめな髪型だけど、手に入った中で一番近い状態にした。



前髪部分は、元々は女性キャラのもので、頭に大きなカチューシャが付いていた。
それを外して、パテで盛って、そして髪に色を塗りなおした。

それだけでも、初めてこういう物を触る私には、なかなか難儀な事だった。
実は、パテで盛った部分は滑らかにはなりきっていない(笑)
でも、ほぼ独学で初めて手掛けたにしては上々だと自分では思っています。



猫は、元々うちにあったもの。
サイズが丁度良いので遊びにつかおうかと(笑)




ガチャで取ってきた、ツバメの幼鳥。
ちょっと大きいかもしれないけど、リペイントして、兄さんの鳥にしようと考えています。




ハクトウ鷲。
これはリペイントが面倒くさそうなので、このまま使いますが、
17伝で兄さん達がギシン星軍に奇襲を仕掛けた際に使ったギシン大鷲(の幼鳥)と、言うことで(笑)
妄想入りまくりですww





せっかく弟のヘッドが出来上がったのに、双子揃っての写真が無いのは…
ボディが一つしかないからです(笑)(笑)(笑)
気が向かないと作業しない私なので、いつ弟のヘッドが出来上がるか想像もできなかったんですよw
来月、都会に出かけますのでその時にボディを入手いたします(苦笑)

市販の物を流用したので双子にそっくりとはなりませんでしたが、それでもとても充足感を感じております。
ずっとずっと大好きだったキャラのフィギュアを自分で作ったのですから。

そうそう。顔は全く同じ物を使っています。
まだ細かい作業に自信が無いので、弟の瞳も青になっています。
(元フィギュアが青い瞳だったので)
もう少し馴れたら弟の顔パーツの瞳は茶色にするつもり。

これからは試行錯誤しつつ、少しずつ似せていけるようにしたいものです。

それにしても、自分で作れるようになるなんて、本当に良い時代になったものです(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ネタバレ】宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第一章-嚆矢篇- 第1話分…かな?

2017-03-07 03:14:41 | ヤマト
2017/02/25に公開になった『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第一章-嚆矢篇-』
ヤマトファンの皆さんはご覧になりましたか?
私は先週の水曜日に、少し出遅れて行って来ました。
それまでは、冒頭12分(完全版)でお茶を濁して…w

で、冒頭12分では若干、文句垂れてたんですよw
白色彗星の動きが、復活篇の「カスケードブラックホール」の動きや、テクスチャーに似ている感じがして、眉が寄っちゃいました( ゚д゚ )エー
回転しながら迫ってくる天体と言う物の扱い方が、白色彗星(尾を引きながら宇宙空間を移動する箒星)と、そのドテッパラに呑み込んでしまうブラックホールとで、見た目の印象が似通ってるのは無いでしょう…って。
付随するパーツが違うから、全く一緒ではないのだけれど、CGの計算やレンダリングで落とし込む数値が似てるのかな?と、思ってしまったんですよね。
それが、明らかに違う数値でテクスチャーで、タイミングで…と言うなら、私が耄碌したってことでしょうね。
そこがハッキリしないから、q( ゚д゚)pブーとなってたわけです。

あとは艦隊戦の動き。
これも2199と言うよりは復活篇だった。
宇宙空間での艦隊戦なのだから、復活篇の方が理に適っているのは判っている。
だけど、ヤマトファンが欲しいのは2199での艦隊戦なんだよね。
そこらへんは、M.K氏にはなかなかご理解いただけない部分だろうなとは判っているけどさ。
ハッキリ言うと、M.K氏は苦手。てか嫌い。意味もなくこちらのアカウントブロックするし

なーんて、文句垂れながら劇場に行ったんですよ。
実際に第一章を観たら、上のようにブー垂れていた事は吹っ飛びました(笑)
もっともっとインパクトのある事が次から次へと出てきて、メッチャ密度の濃い50分だったから(笑)

冒頭12分の中にもあったけど、古代くんが指揮する「ゆうなぎ」(沖田艦長がメ号作戦で乗っていた艦と同じ型)の動きが、まるで守兄ちゃんの「ゆきかぜ」みたいだった(*´ω`*) 知らない間に、守兄ちゃんのようになってたんだね。沖田さんの下で育つうちに。
それを見て驚いていた藤堂長官。きっと、昔の沖田さんを見ているように思ったのじゃないのかな。
こういう所に、ヤマトの世代交代がサラリと描かれているのが嬉しい。余計な説明は不要。

それにしても、「ゆうなぎ」を操艦している操舵手もなかなかの腕だなあ。
守兄さんの「ゆきかぜ」の操舵手並の腕はあるかも。
ヤマトに比べれば小型だから、まだ扱えるのかな?
やはりヤマトで高機動をしようと思ったら、島くんしかいないだろうね(笑)

大戦艦のあの、えげつない拡散しまくり砲、あれは酷ぇーーーー。
火炎直撃砲よりもえげつないてー。
対艦焼夷砲みたいな…。見てて「うえぇー」って思ったわ。

ガミラス軍の多くがその餌食になったところで、芹沢の顔圧wによって発動された『プランA』

ごめんなさい。私の脳内では「交戦規定アルファ」になってました…わはははははw
羽原さーん、ゴメンナサーイ(苦笑)

『プランA』って何よ…と思っていたら…
キタ――(゚∀゚)――!!
超人相の悪い戦艦、アンドロメダっ!!
『プランA』のAはアンドロメダのAだったのね。
芹沢さん、結構シンプルなんだw
でもアンドロメダ級の戦艦が、敵にも味方にも察知されず、どうやってあそこに潜んでいたの?
これはかなり謎。

そして放たれた、新たなメギドの火。
拡散波動砲。
旧ヤマトクルーの目には、畏れともう一つの感情がありありと浮かんでいました。
自分たちが命を懸けてイスカンダルまで行き、受け取ったCRS。
それと引き換えに封印された波動砲。
イスカンダルとの契約がいとも簡単に破棄されてしまった現実。
古代くん、怒ってたよねー。
ここで怒らなきゃ、古代進じゃないのだけどねw

そのあとがまた凄かった。

地球艦隊から離脱した2艦が航跡を追尾され、大戦艦がワープ。
大戦艦の意図に気付いた古代くんがすぐに地球へワープ。
大戦艦の真下にワープアウトした『ゆうなぎ』が大戦艦の艦首を上げて、落下地点をそらそうとする。
ここはすごい見ものだった!
ヤマト2でもあったよね。艦首の所にワープアウトして白兵戦。
それを思い起こさせるような感じで、ワクワクとハラハラが同時に。

必死に大戦艦の針路を変えようとするも、『ゆうなぎ』の推力では何ともならなかったところに、思わぬ救いの手が。

眠っていたはずのヤマトの主砲が、大戦艦を粉砕した。


その時、古代くんの脳裏に走ったものは…
『古代、ヤマトに乗れ』
そう告げるヤマト艦長、沖田の声だった。


と、ナレーション風に書いたけど、沖田さんの声がピコーーーーンと来た瞬間に
「あなたは、そこに、いますか」
って、ちがーーーう(笑)と、なった自分がいましたorz

アカン、思っていた以上にファフナーに"同化"されてる?(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新アイテム追加

2017-01-13 06:26:25 | GM
頼んでおいたブツが届きました。

え゛、ネットで見て、サイズで想像したよりも大きい…ぞ?
でも、いいや。

動物フィギュアの専門店が妹の勤め先の近くにあるので、買い物を頼みました。
私が行くと交通費がバカにならないし、通販でも送料がお高い。
なので妹に買ってもらって、「定形外」で送ってもらいました(笑)

ギシン大鷲の幼鳥と戯れる兄(17伝設定でw)



購入したのは、ハクトウワシです。アメリカの国鳥です。
動物フィギュアのカタログをwebで見ていて、翼の広げた感じが一番良かったのがコレだったので。
そして、鳥類の中でも大き目に作られているので、ギシン大鷲の幼鳥設定にピッタリだったと(^-^;;
現状は岩場に留まるか、岩場から飛び立とうとしている様子で、脚が岩場を掴んでいて、500円硬貨ぐらいの岩場が邪魔←をい
これを何とか削って外そうと考えています。


17伝設定にしなくても、アイーダ母さんが亡くなるまでの間、時間を見つけては郊外に出て大鷲達と遊んでいた。
そんな設定でもいいかもですね。
大鷲とも心を通い合わせていたから、城に幽閉された時に、あの鳥が兄さんの為に来て正に目となって働いてくれた。
大鷲はギシン星の鳥の王で、自分達と心を通わせる兄を仲間として受け入れ、実は、気付かれないように守ってもいた。
そして星都の小鳥たちにも、彼が困っていたら助けるように。と伝え、小鳥たちも同意していた。
決して豊かではない、むしろ貧しい生活の中でも、小鳥たちにパン屑や野菜や果実の欠片をくれていた幼い兄を、小鳥たちも知っていたから。
何より、この少年がこの星の将来に大きな影響を与えると、鳥たちはその能力で見抜いてもいたから。

(ΦωΦ)フフフ…
すっかり妄想に嵌っておりますよ。
ああ、楽しいったら♪

トリさんは、ネットで購入した編みぐるみがあります。これはこれで可愛らしくて気に入っていますが、何とかフィギュアで似た物を探したい。
兄さんは付随する動物アイテムを探すのが大変だわ(笑)
弟はそれが無い代わりに、弟自身のリペが大変ww
世話の焼ける双子です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちまちま

2017-01-12 05:45:50 | GM
ちまちまと作業をしています。

双子を揃えるとなると、ちゃんと服を用意せねばなりませんが、各種服を2枚づつ揃えるとそれなりにお金がかかるので、自分で作ることにしました。
家庭科の被服の成績は悲惨でしたけど…已むを得ません。
資金が無いなら手作りです。

まずは、ペンダントを作りました。
イデア・パパからアイーダ母さん、兄さんから弟へと、家族を繋いだペンダント。
六神ロボを自由に操れるというペンダント。

本当はレジンであの形にしたいのですが、レジンをやったことがないので、既製品パーツで、それらしく。
 
100均のパーツ2つで作りました(笑)
さすがに鎖の目が細かくて、ペンダントの留め具パーツを通すのに難儀しました(笑)
(おかしい、老眼鏡をかけているのに。度数が合わなくなってるのか?)
右側の写真、マス目の破線は5mm単位、実線が1cm単位です。
鎖を短くすると、服の襟の外をぐるっと回って、チョーカーみたいになるので、少し長めにしておきました。

弟の髪パーツのリペがまったく進まずです(苦笑)
不要なパーツを外したのは良かったのですが、手持ちの道具では、不要パーツの髪に残ったものが削り落とせず。
試行錯誤ちうです。
それほど力を入れて遊ぶ予定じゃないので、道具はあまり持ちたくないですし。
東京みたいに、工作室カフェみたいな場所があれば、やりたい作業だけ集中してやれるのですけどね。
地方じゃ無理です。

そして、兄さんの服が相変わらずワンピース状態(^-^;;
ジェニーちゃんのTシャツがこんなにジャストフィットとは(笑)
ギシン星の服て、男性でもスカートみたいな物とピチピチタイツのようなのを合わせたりしてるから、別に違和感はないのだけど。
でも、そろそろ借りものじゃない服を作ってあげたいです。
靴もぶかぶかなのを履いているので、合うサイズを買うか作るかせねば。



そうそう。
シン・ゴジラの蒲田くん(第二形態)のぬいぐるみを作りました。
作りなれてる人だと、サッサと作れるのでしょうが、こういうのを作ったなんてン十年ぶりなので、勝手が分からない(^-^;;
とりあえず適当に縫い付けて作りました(笑)
 
縫い目の酷いこと(笑) かなり疲れて飽きてますww
ドールの服作りの手馴らしにしようかと思ったのですが、手馴らしの手馴らしにしかならなかったような。
…がんがります(苦笑)


最近買ったお気に入り。
イングリッシュ・ブレックファストのミニチュア。

トースト、ビーンズ、ソーセージ、目玉焼き、ベーコン!!
ガッツリ油ギトギトの英国労働者の朝食です(笑)
個人的にはソーセージよりもブラック・プディングが良かったなあ。
昔、ロンドンの安ホテルで食べたイングリッシュ・ブレックファストはいかにも庶民的で好きでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加