脳出血2度目◆認知運動療法の記録

現在、両麻痺、認知聴覚障害など。ブックマークにある全記事一覧などもご覧ください。

今の痛みはよいこと?

2017-06-28 00:45:33 | 訪問リハビリ
最近、ふくらはぎが痛み出してから、身体に1日中痛みを感じない日はない。
でも痛みはわりとすぐおさまり、あまり気にはならない。
麻痺で痛みをわからなくされていたと思うと、リハビリが進めば痛みが出てくる気はしている。

痛みの状況を先生に報告し、「でも仕方がないんですよね。。。」と伝えると、先生からいろいろどういうときに痛いか質問され、たまたま?先生が押した左腰で「痛っ!」となった。
私は左側の背中が痛いと報告したが、腰も痛かった。
先生がスマフォで私の腰のレントゲン(私が退院した2012年のときのもの)を診て、このときすでに腰に異変が起きていてもおかしくないかもしれないとおっしゃった。でも仮にヘルニアであったとしても、痛みが取れれば手術の必要はないそうである。

いつも横になって行う背骨や腰を押されることがあり、でも背中で何が行われているか見えず、麻痺で感覚はわずかで押されるときに振動を感じていた。
それがこの日は、押されている間ほとんど痛かった。

いつも先生が距骨を抑え込むなどいろいろ行い、そのとき思いつきのイメージをやってみたが、この日はイメージの余裕がなかった。
どこかから痛みがあるかも・・と思ってしまったせいもあるかもしれないが、ふくらはぎ、太もも、足首に痛みがあった。

足首は、弱いかゆみのような後に、先生が足首より下を持ち右側に、足首より上を持ち左側にひねったとき痛みがあった。
このひねりは以前にも見たことがあり、自分の足の治療は難しさがあり、普通の足では起こりえない足のひねりが起きていて、今はその逆方向にひねりが必要なのだろうと思った。
今回はさほど痛くはなかったが、ここが本気で逆方向に動き始めたら、やっぱり痛みが出るのだろうか。

足関節の背屈は少しずつ良くなっていると先生はおっしゃった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坐位に徐々に自信?/雑念の... | トップ | 家族によるリハビリ スポン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

訪問リハビリ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL