社会保険労務士日記

ほんとうのさいわいってなんだろう?
「社会保険労務士」の存在意義を探し求めて彷徨う日々

岩手ツアーの写真報告

2017-05-16 20:53:54 | 徒然

取り急ぎ、先週末の岩手岩泉ツアーの写真報告

お馴染みの盛岡駅改札前山菜売り場

 

この季節は超立派な山ウドやらタラの芽やら
コシアブラやらワラビやらウルイやらミズやら・・・

 

山菜摘みの前に昨年夏の台風10号の水害現場のひとつに立ち寄り
こんな穏やかな川ですが

 

ダルマ落としのように家の1階部分をさらい

 

コンクリート製の橋も押し流してました

 

小雨の中で現地の山菜採り名人のガイドで
山ウドやタラの芽、ワラビを収穫

 

支援団体でお借りしている民家で山菜とイワナの夕食

 

翌朝もはっきりしない天気の中
山津波(土石流)に襲われ解体予定の民家の片付け

家の中は半分以上が土砂に埋まってますが
持ち主の94歳のおばあちゃんは避難していて無事でした

 

盛岡への帰り道に立ち寄った湖にあった看板
本州ではいちばん寒い場所だそうで
冬には零下30度近くにもなり、湖は全面結氷らしいです

 



 人気ブログランキング 法律・法学へ にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ  ぽちっとな

ここまでお読みいただきありがとうございます
この「社会保険労務士日記」は 
上記2つのランキングサイトにエントリーしています 
どちらもぽちっとするとランキングがちょっと上がり
私のモチベーションもちょっとアップします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コメント御礼(877) | トップ | コメント御礼(878) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
懐かしいなあ (はっちゃん)
2017-05-17 14:22:58
オレンジさん、岩手・岩泉の写真アップ拝見しました。岩泉は私の生まれ故郷です。昨年の豪雨で川が氾濫し、姉の同級生も亡くなりました。また、私の同級生は、当地で純朴家具を造っていますが、その工場も被害を受けました。ボランティアは、個人宅救援しかできないため、後輩たちが車で6時間かけて盛岡から応援に行ってくれました。かつてはJR岩泉線もありましたが、地元出身の鈴木善幸首相(当時)が、廃止を決めてしまいました。岩泉駅前にある大きな店(・・・川商店)は、私の母の実家です。もう40年近く、岩泉には行ってませんが、オレンジさんの写真が昔を思い出させてくれました。ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。