もて木みち子 オレンジニュースブログ版

今年のキーワードはゆっくりやさしく社会を変える

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三木でも事業仕分けしてみたら

2009-11-12 | Weblog
 国の事業を見直す「事業仕分け」2日目今日もまちづくり交付金や、子ども未来財団の基金など、見直しの事業が相次いだ。
 結果については必ずしも全面賛成ではないが、この手法は地方自治体のほうがより重要ではないかと思う。
 以前のブログで加西市の事業仕分けを見せていただいたことを報告したと思うが
一番の効果は、行政が市民に対してどう情報公開し、説明責任を果たすかだと思う。何のための事業で、どの様な効果があるのか、それを説明する行政の職員側も、それを事業仕分けという形で判断する市民の側も、その力が試されると思う。
今は特にそうした判断力が求められていると思う。
 たとえば三木市で実施したらどうなるだろう。そのプレとしてわが会派で勉強会という形でしようという計画があるが、具体的にどの様な項目を行うのかまだ決まっていない。バーチャルな世界ではなく、実際に三木市で事業仕分けがおこなれるとしたら、どんな事業があげられるだろうか・そしてその成果は?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坂出市立病院はチームで成果 | トップ | 5万円の重み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
事業仕分けの対象となる事業をはじめから出さないようにすることも大事かと・・・ (どうぶつのつぶや記)
国の各省庁でも事業仕分けが始まり、話題になっています。 仕分け人の選考、事業の選択、仕分けのプロセス(順序)など、いろいろな問題点が浮き彫りになってきているようです。 そのへんの論評は報道機関や専門家にお任せをするとして、素人として一番違和感があったの...
事業仕分けの対象となる事業をはじめから出さないようにすることも大事かと・・・ (どうぶつのつぶや記)
国の各省庁でも事業仕分けが始まり、話題になっています。 仕分け人の選考、事業の選択、仕分けのプロセス(順序)など、いろいろな問題点が浮き彫りになってきているようです。 そのへんの論評は報道機関や専門家にお任せをするとして、素人として一番違和感があったの...