百子の部屋

日々のあれこれ思いのままに。。。

本屋大賞

2016年12月13日 | 本と雑誌

★「羊と鋼の森」 宮下奈都

 

話題の本だったので、読みたいと思いつつ。。。

積ん読本の中に埋もれて、数ヶ月たってしまいました。

 

新米のピアノの調律師の物語です。

物語の中で、これといった大きな事件は起りません。。。

それなのに、先が気になる。。。

 

一人前の調律師になりたい青年の思いや、先輩からの教え。。。

いろんな言葉に、心がほんわり温かくなります。

本のタイトルの羊って何?鋼って何?という疑問が解けていきます。

読み終えて本を閉じる時に、満足の「ほっ。。。」というため息が出ます。

 

私の満足度★★★★★

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスローズ | トップ | 紅白なます »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ソフィー)
2016-12-13 21:44:45
私も気になっていた本です
私の中で羊と 鋼はこれのことかなって予想はあるのですが。。。。。どうなるのかな
百子さんの紹介でよりいっそう読みたくなりました
図書館にあるかなあ  探してみるけど・・・キット人気だからないね・・・
★ソフィーさんへ (百子)
2016-12-13 22:31:41
どちらかと言うと刺激的な?本が好きな私ですが、
この本みたいに静かで優しくて、映画のワンシーンみたいな物語もいいな。。。って思いました。
おすすめですよ。
今年の (ぐり)
2016-12-14 07:53:55
本屋大賞は知りませんでした
私も読んでみましょう
毎年とちょっと趣の違う本ですね
図書館だと何か月も待つことになります
忘れたころに連絡が来て
何の本だったかしらということになります
★ぐりさんへ (百子)
2016-12-14 20:40:28
ぐりさんにもおすすめの本です。
怖い本ではないので安心してお読みください(笑)

私は、最近、図書館を利用していません、
返却期限の2週間で読めなかったりするので。。。
仕事を辞めて、のんびりできるようになったら、
図書館に入り浸りそうですけどね~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む