百子の部屋

日々のあれこれ思いのままに。。。

電車の中で号泣!

2017年06月10日 | 本と雑誌

 

実家の近くの病院に入院中の父のところへは、

電車で行ったり、車で行ったりしていますが、

電車の時は、文庫本をバッグに入れて行きます。

 

田舎の小さな電車で、ゆっくり各駅停車で一時間。

ゴトゴト揺られながらの読書は、とても集中できるからいいのです。

 

今回読んだこの本は、のめり込むように読んでしまいました。

すごいのです!

心にぐいぐい入り込んできて、

先が気になって気になって。。。

 

そして、電車の中ではありましたが、

涙をこらえることができず、

ハンカチで、目頭を押さえながら、読み終えました。。。

 

「雪の鉄樹」 遠田潤子

庭師の雅雪は、二十歳の頃から、13年間、

両親のいない少年・遼平の面倒を見ている。

遼平の祖母から、屈辱的な扱いを受けつつも、

ただひたすら、自分を犠牲にし、献身的に尽くしている。

なぜならそれは、13年前に起った、ある事件の償いのためだった。

 

この物語では、なぜ、雅雪がここまで献身的になるのか、

13年前の事件がいったい何だったのかは、なかなか証されない。

なので、どんどん謎が深まり、余計に気になる。。。

 

そして、主人公の雅雪の気持ちが報われればいいと、願わずにはいられない。。。

 

おすすめの本です!

 

初めて読んだ作家さんでしたが、

他の作品も読みたい!と思ってしまいました。

 

私の満足度★★★★★

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琉球グラスで日本酒を | トップ | 季節を感じる果物 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ただいま (おばさん)
2017-06-12 21:41:47
クルージングから無事帰りました
まとめ読みしていますが
お父様大変でしたね
励ましてあげてくださいネ

琉球ガラス
今回私も買ってきました
以前求めたものは割ってしまったので
欲しかったものでした
Unknown (ソフィー)
2017-06-13 21:36:03
本屋で見つけちょっと立ち読み・・・・読みたいな^^と思いましたが
ただいま「みをつくし」にはまってしまい 3冊目を先に購入しました
次はこちらを読みたいな^~と思いました

本屋でこの作家の本もう一冊見つけました
(名前 わすれちゃった・・・・)
★おばさんさんへ (百子)
2017-06-13 23:07:38
お帰りなさい。

また、ゆっくり、旅の話を読ませていただきますね☆
★ソフィーさんへ (百子)
2017-06-13 23:11:16
一人の作家さんにはまると、どんどんのめり込んでしまいます。
「みおつくし」は、私も、本屋さんで見かけて気になっていました。
本屋さんへ行くと、読みたい本がたくさんあって、困っちゃいます。

コメントを投稿

本と雑誌」カテゴリの最新記事