オレンジな日々

広島在住のシンガーソングライター&ピアニスト
三輪真理(マリ)のブログです。
音楽大好きな日常を綴っています。

映画『プラダを着た悪魔』

2013-01-06 | おすすめ映画

年末のタワレコのセールでゲットしたDVD『プラダを着た悪魔』。
年末に大掃除しながら観ました。やっぱり面白かった。

「大学を卒業したばかりのアンディの夢は、ジャーナリストだ。しかしそんな彼女が、ひょんなことから就いたのは、NYの一流ファッション誌の編集長アシスタント。多くの女性が憧れる職業かもしれない。でも当のアンディには興味ゼロの世界。果てはジャーナリストになるため!と職場に向かったのは良いけれど、彼女が手にしたアシスタント職は、生易しいモノではなかった。超カリスマ的な存在として君臨する編集長のミランダは、まさに「プラダを着た悪魔」だったのだ。」(goo映画『プラダを着た悪魔』あらすじより)

2006年に公開のこの映画、当時大好きだったんですよね。
アン・ハサウェイが可愛いのとメリル・ストリープの鬼上司ぶりがサイコー。ファッションも音楽もオシャレで、観ていてとっても楽しい映画。

監督は『Sex and The City』のデイヴィッド・フランケル。
さすが現代時代の女性の心をグッと掴む術を心得てます。
ウィットに富んだリズミカルな台詞は、英会話の勉強にもなりますね。

アン・ハサウェイ扮するアンディのように、高い志を持って就職しても周囲の価値観に知らず知らずに染まっていくことって往々にしてあるもの。そうしてある日気付くのです。「これは自分が望んでいたものと違う!」って。
その時に「まあいいか」ってそのまま染まっていく生き方と、そこでちゃんと今の自分に決別して志に戻る生き方。どちらもありだろうけど、私は、アンディのように自分の志を思い出せる自分でいたいなと思います。

ファッションセンスがまるでないアンディは学生時代の自分とかぶるところもあったり(笑)。
就職したての頃、周りの女子大出身の同期女子のバーゲンへのものすごい意気込みにタジタジになってたことを思い出します。



オープニング曲のKT Tanstallの『Suddenly I See』も大好きな曲。



 KT、やっぱカッコイイわ〜〜。
アルバム買いたい。 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | ほうらいの里「宮島」新年互礼会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL