*orange bicycle*

写真のこと、日常のことなど書いていきますですよぉ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

20.Roquebrune-dans un hotel

2006-08-27 20:18:34 | France
ふ~
ようやくフランス旅行記の
続きを書きます。

(前回までのあらすじ)
南フランスの海に面した小さな町、
Roquebrune-Cap-Martinに到着した*orangeは
炎天下の中を、宿を探して
グルグル歩き続け
やっとこさっとこ辿り着いたのでありました。

***********************

汗だくでヘトヘトになりながらも、
大きくてキレイなレセプションへ向かう。
迎えてくれたのは、黒いスーツ姿の
清楚、かつキリリとしたお姉さん。
一通り、部屋の説明を聞く。

おっ、今度の宿は
カードキーだ!
白くて、丸い穴がポコポコあいた
キーを貰う。

今晩の部屋は、今まで泊まった部屋の中では
格段にでかい。
これまたでかいダブルベッドが
どーんと置いてある。
うひゃー、一人じゃもったいないなあ。
バスルーム(シャワー)は広く
タオルはフカフカ。
わーい。

窓は縦長で、観音開きになっている。
わーい。
・・・ん?
海が見えない・・・
海側をリクエストしたし、メールの返事にも
確か「海側」って書いてあったのに・・・

キョトーン

・・・とりあえず、お姉さんに
部屋を変えてもらえるか
交渉してみよう・・・

「あの・・・、部屋を海側に変えてもらうことは
できますか?」
お姉さんは顔を曇らせ
「いいえ・・・今日は海側は満室なんです。
たぶん明日も・・・」
「そうですか・・・じゃあ、いいです!」
「申し訳ありません」
彼女は何度もそう言った。

うーん、私がメールの返事を
よく確認しないで
勝手に海側だって解釈しちゃったからだね。
まあ、しょうがないか。

おっと、このまま部屋で
ゴロゴロするわけにはいかない。
カップマルタンのoffice de tourismへ行って
明日のコルビュジェツアーの集合時間を
確認しなければ。
でも、もう時間は4時を回っている。
(フランスのoffice de tourismは
夕方5~6時くらいにはクローズ)
うーん、電話の方が早いかなあ?
でも、電話番号がわからん!!
というわけで、再びレセプションへ行き
カップマルタンの地図兼パンフレットを
もらう。
ついでに、この辺りの
スーパーの場所も聞いておく。

********************

本日はここまで・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人間ですから | トップ | 取材 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
ロワール地方 (ガリアからフランス)
ロワールというとワインが思い浮かびますが、古城もかなり有名ですね。