横浜田舎物語

サザン、サッカー、ロードバイク
エイジレスばあばのパワフルな日々
をお届けします

確認

2017-06-18 | 自転車
毎年必ず見ている場所は、その確認を怠ると非常に気になるものです。

6月も半ばを過ぎ、テレビからあちこちの紫陽花情報が流れるたび、<さていつ行こうかしら>となるわけで

大した時間がかかるわけでもないのに、疲れているのなら原チャリで行けばいいものを
ここは自転車で行くところ・・もう半ば強迫観念に陥っているのです。

”境川サイクリングロードの紫陽花”

当たり前のように乗り回していたころは、わざわざ行くところではなくて、通り道に立ち寄るところでした。

情けないことに、夫婦そろって出不精になり、いつか遠出をのトレーニングも儘ならないこの頃

花は季節、時期を逃したら枯れてしまう・・今日こそはと自分を励まして行ってきました。
ほんと情けないわ、往復たった23km、トレーニングにもならない距離です。

あげくボーっと走っていたら、追い越しざまに「もっと左!」と、体格のいいローディーさんに叱られるし
いつも自分がぶつぶつ言ってることなのにね

ようやくたどり着いたときは、なんだかかなり疲れた、こんなことでもっと長距離走れるだろうかと心配になったくらいです。

それでも









まだつぼみの多い木もありましたが、そこそこ咲いていました。

今年は鎌倉に気持ちが行きません、あの人混みを想像しただけで具合が悪くなりそうで
シーズン終わりに、チャンスがあったら行ってもいいとは思っていますけど

その参道から海の見える極楽寺の成就院、しばらく参道の補修工事を行っていましたが
今年春には完了、では今年こそあの紫陽花を・・

と、思っていましたら、以前から植えてあった紫陽花は、工事前に、宮城県南三陸町に贈られたそうです。
きっと今頃は被災地復興のお役にたっていることでしょう。

残念ですが、またいつか”紫陽花越しの由比ガ浜”を楽しみに待ちたいと思います。



<2010 6.20の記事より>

行きの疲れの原因がわかりました。
かなり向い風だったみたい、みたいって、おかしな話ですよね。
自分で走っていながら、だって帰り、すごく楽だったのです。
追い風ですから当然です。

こんなことも気付かないくらい乗ってなかった、ほんと、だめだなあ

『写真』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 切腹最中 | トップ | 今度こそ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。