横浜田舎物語

サザン、サッカー、ロードバイク
エイジレスばあばのパワフルな日々
をお届けします

アーティチョーク

2016-06-27 | 草・花・木




このアザミのような花、”アーティチョーク”といいます。
和名は”チョウセンアザミ”

語源は分かりませんが、実はこれ、食用で、欧米ではポピュラーな野菜なのだそうです。

花の大きさは15cmくらい?

去年初めて見つけて、今年は咲くのを楽しみに待っていました。



調べたら、

つぼみを茹でて、少し肉厚になった萼やつぼみの芯を食べます。
萼をすべてひっぺがえした芯の部分「アーティチョーク・ハート」は軟らかくてたっぷり食べ応えがあります。

デンプン質でほくほくしており、ソラマメとクリを合わせような風味があります。古くから野菜として親しまれ、
改良された品種もたくさんあります。
                 (ヤサシイエンゲイより)


とのこと、他人様の畑にありましたから、勝手に取ることもできませんし、
実際、買うことができても戸惑ってしまうでしょうね。

やはり、このきれいな花だけを楽しめばいい、となってしまいそうです。





これはヤマモモを煮たものです。

近所の公園から夫が袋一杯取ってきました。

一応ジャムのつもりだったのですが、作り方も見ないで適当に作ったので
タネはそのまま、食べにくいったら

取ってきた本人も食べないので、もったいないと思いヨーグルトに入れて一人頑張ってます。
タネを吐き出しながら・・・

味はいいんです。その上ポリフェノールが  

ようやくネット検索してみたら、砂糖などを入れる前によく煮て、そこで裏ごしをするとありました。

やっぱりね

裏ごししたら砂糖を入れて煮詰めるんですって

「来年は取ってこなくていいからね」って宣言しちゃったけど、もう一度作ってみようかしら

この記事をはてなブックマークに追加

鎌倉散歩

2016-06-25 | ともだち
刺し子教室の先生、Oさんはもう、半分はイタリア人かというくらいのイタリアフリークの人
もちろん長年の努力でイタリア語もマスターしてしまいました。

そんなOさんお薦めのイタリアンの店が鎌倉にあると聞いて、予約してもらいました。

この時期の鎌倉はあまり近寄りたくないのですが・・・

藤沢から江ノ電に乗ります。1日乗車券(600円)を購入して

始発ですから座れますけど、それほど早い時間でもないのにこの空き具合は?

長谷で下車、それなりに人はいましたけど、地面が見えてる(笑)

ランチには時間があったので、まずは混雑を覚悟で長谷寺に・・ところが・・



先週、Oさんがご主人と来たときは90分待ちだったそうです。

ラッキ~  

もちろん、普段のような落ち着いた、と言うことはなかったけど、ほんと、よかった

紫陽花はと言うと、まだ十分楽しめました。




















↑この花は”匂蕃茉莉(においばんまつり)”という名前で、花びらが紫から白に変色していくそうです。
ジャスミンの匂いがするって聞いたけど???でしたね。

長谷寺の花たち



紫陽花を見た後は、去年オープンしたばかりと言う”観音ミュージアム”に

こんな文化財を身近で見られるというのはうれしいですね。
上野あたりに展示したら、また何時間待ち、なんてことになりかねませんから。

雨が僅かに降っていましたが、これは負け惜しみでなく、やはり紫陽花には雨です

この時期の晴天は、時としてかんかん照りになりますから、暑い日に紫陽花はやはり似合いません。

そして、もう定番になってしまった、長谷寺~光則寺、すぐお隣なんですけど、初めての観光客は知らないと思うし
ツアーでは連れてきてくれないから、長谷寺の賑わいが嘘のように静かな花の寺です。

「半夏生の時期だから」と、お仲間の一人、Yさんは全く知らなかったお寺だとのこと、
一人でも初めての人がいたというだけでうれしくなってしまいます。

今度、ご主人と来てみようかな?なんて言ってました。

去年も紹介しましたが、こちらは花の寺と言うだけあって、変わった紫陽花がいっぱい



そして半夏生



ハスもつぼみから咲き終わりかけまで







4月には満開だったはずの海棠の棚、来年は来るぞ、とつぶやきました。

初めて見た葉っぱたち





「調べてみるね」と、そのときは言いましたが、まだ調べていません

さて、そろそろランチタイムです。

場所は長谷から鎌倉よりのお隣由比ガ浜から徒歩4分

MANNA マンナ

女性シェフが一人で料理を作り、イケメンのフロア係と二人で切り盛りしているおしゃれな店でした。



生野菜も使ってますが、ピクルスにしたものをあえてあったりして、面白い味?
本格的なのかもしれません
なんといっても、すでに何度イタリアに行ったかわからないOさんのお勧めですから

このころには雨も上がって、どころか、お日様燦々、腹ごなしに海を見ましょう

極楽寺に電車で移動しました。

極楽寺と言えば、紫陽花越しに海の見える成就院は、ただ今改装中、普段なら狭い改札に並んで、
電車の発車が遅れるのではないかと思うくらいの乗降客の数のはずですが・・

江ノ電~~~



いっぱいいっぱい歩きました

皆さんから「ほんとに元気になったのね、手術してよかったね」

「いつも気を遣わせてすみませんでした、でも、もう大丈夫だから」

まだまだ、この会話は続くのでしょうね。

鎌倉は自転車で行くところ・・ずっと思ってましたけど、たまにはこんな散歩も楽しいですね。

ひとつ学んだことは、紫陽花は最盛期を過ぎてから見に行くべし、90分待ちなんて、絶対しないわ

万歩計は14342歩を記してました。



この記事をはてなブックマークに追加

大根おろしに苦戦していませんか?

2016-06-20 | お気に入り
料理、特に日本料理に欠かせない大根おろし

老化と共に、力が入りづらくなり、むやみに力を入れれば味は悪くなり
ずっと悩んでいたのです。

いろいろ調べて、電動式のにしようか、しかし、これはあまり使い勝手がよさそうではない上に
価格も高い

そこで友人にも相談、結果これAMAZONで取り寄せました。





使ってみてよかったら教えてね、ってブログ友からも言われていましたがようやく報告

はい、今までのより、力が半減、速度も速い、なかなかのものでした

AMAZONは最近、2000円以上じゃないと送料がかかってしまうので、
一緒に注文したのが



お気に入り、ペンテルのブラマンボールペン、文房具屋さんで買うと500円なのですが、コチラでは364円で購入できます。

値段の事ばかりですが、おろし器も、先日築地に行ったとき道具屋さんで同じものを見つけました。
2500円でした。

そう、2000円以上じゃないと送料がかかるってことは、おろし器、AMAZONではそれ以下だったってこと

確かに今までどんなに安いものでも送料無料は助かりましたが、販売するほうは大変だったでしょう。
購入する側からしたら、2000円にするために、安いものでこれならあっても、っていうものを探すのが
大変なこともありますけど、やはりお買い得です。

これから加齢とともに、だんだん体のあちこちに不具合が出てきます。
そのためも、少しでも楽して使える道具はありがたいです。


この記事をはてなブックマークに追加

六月大歌舞伎へ

2016-06-18 | 趣味
義姉の誘いで歌舞伎鑑賞に行ってきました。



新生なった歌舞伎座、ずっとずっと行ってみたかった。

できればこけら落としの時期に・・でもねえ、敷居が高かった。

先日の迎賓館ツアーでは、初めて中に入りましたけど、正面からではなかった。

今回は堂々と真正面からチケット持って入れました。

6月公演は



11時からの午前の部です。

演目は”碇 知盛”

平家が滅亡するころのお話、悲劇ですね。

出演者は主演の染五郎、その妻役に猿之助、そして平家と言ったら源氏、源義経役には尾上松也
その他、知っている人もいれば、全く知らなかった人もいて・・・

中でも市川右近は有名ですが、その長男”武田タケル”君、御年6歳の初お目見えです。

平家、安徳天皇の幼少期の役なのですが、長いセリフをかむこともなく、そつなくこなしていました。
あのくらい幼い時から、こんな難しい役をやるのですからすごいことです。

3時間は(幕間30分)あっという間に過ぎ、余韻に浸って、義姉お薦めのお茶処に



銀座4丁目の”松崎煎餅”のティールームへ

老舗のお煎餅屋さんです。
義姉と一緒じゃなかったら知らなかったし行くこともなかったでしょう。

おいしそうなお煎餅をお土産に買ってきました。

行きは京急と都営地下鉄で東銀座下車でしたが、帰りは少々暑い中、銀ブラしながら有楽町へ

新しいビルができて景色が変わったような、でも昔ながらの景色もあったりして



銀座4丁目交差点、三愛ビル、服部時計店、三越がそれぞれの角ですがこれは、最後の一角
日産のショ-ルームがあった場所にこんなすてきなビルができてました。

そして



こちらは昔ながらの東京交通会館、全国のアンテナショップがたくさん入ってますね。

向かい側には



丸井の新しいビル

そしてそして、1番驚いたのが



有楽町駅です。変わってない、補修はしているようですが、この佇まいには安心しました。

これも義姉に教えてもらったのですが



そうだったんですか~ここがね。勉強になりました。

歌舞伎は敷居が高いと書きましたが、こんな鑑賞の仕方もあるんですね



当日券ですが、ご贔屓の役者さん目当てに一幕だけ見たい、とか、雰囲気を味わうだけでいいから格安料金でとか
勤務先が近い方は、お仕事帰りにちょっととか
うまく利用すれば、古典芸能が気楽に楽しめそうです。

でも本当は1階の桟敷席が1番の希望なんですけどね



この記事をはてなブックマークに追加

初参戦・・小田和正ライブ・インさいたまスーパーアアリーナ

2016-06-16 | 趣味

上野東京ラインが開通したのは去年の3月、
東京駅が始発にならなくなったことは少々不具合もあるけど
おかげで埼玉県に行くのが非常に便利になりました。

昨夜は誘っていただいて、小田和正”君住む街へ”ライブに行ってきました。



会場は”さいたまスーパーアリーナ”

横浜から上野東京ライン1本、1時間弱で到着します。

さいたまスーパーアリーナは2度目、最初は2012年11月の桑田佳祐ライブ
あれからもう3年半経ったんですね。

手術前で、やっとこさたどり着けたという頃でした。

電車は乗り換えなくちゃならなかったし、その分時間はかかったし遠いところでした。

ところが、今回はずっとおしゃべりしてたってこともあるけど、あっという間の1時間
乗り換えなしで気分も楽々

さて、早晩御飯をいただいて、いよいよ小田さんライブ、お初です。

どちらかというとロック系のガンガンのほうが好みの私ですが、たまには癒されたい・・・
それには小田さんは最適

夫は「眠くなっちゃうよ」なんて無礼なことを言ってましたが、わかってないなあ

いろんな人のライブに行ってきましたが、興味深いのはファンの反応

その年齢層にもよりますが、それぞれに雰囲気が違って、そこが面白いのです。

さて、小田さんのファンはいかに

一言で言うと、”おとなしい”です。

お上品と言うか、大人の集まり、彼のキャラもそんな感じですから当然ですが

キャーキャー、ワーワーはなし、

男性の「ウオォ~~」という声もなし

でも、彼のスタイルなのでしょうね、舞台と客席が近い、センターフロアに設置された花道のような舞台装置
おかげで、正面ステージより離れた場所でも彼の方から近づいて来てくれるので
ファンにとったら大感激、うれしいことです。

小田さんは御年68歳、団塊1期生です。
優秀な頭脳と、優れた音楽的感性で長年ファンを魅了してきました。

私のような特別なファンでなくても、知っている、一緒に歌える歌は数多く
初めてでも十分楽しめました。

それになんといってもあの透き通る高音の歌声、癒されますね

ある意味、桑田さんの声とは真逆ですけど、なんかクラシックを聴いているような
清々しい気持ちになれました。

6時半から、アンコールを入れて3時間、68歳頑張りました。
最後の方は相当疲れた表情が見られましたが

思わず「ガンバレ~~」声を張り上げてしまいました。
つい同志のような気持ちになってしまうのです。

まだまだライブは続くとのこと、どうかご自愛のほどツアーファイナルまで乗り切ってくださいね。

Kさん、お誘いありがとう 
いろいろ気を遣わせて申し訳なかったです。が、これに懲りずにまたお誘いくださいね。

これからの人生を楽しむために頑張った手術、また一つ楽しかったことが増えました。


この記事をはてなブックマークに追加

湘南モノレール

2016-06-13 | 写真散歩
何度も見ていながら1度も乗ったことのなかった湘南モノレール

観光地江の島に行く交通手段、一般的には小田急江ノ島線、江ノ電が有名ですが

近所に住んでいても意外と利用しなかった”湘南モノレール”

JR大船駅に併設されているモノレール大船駅~江の島をつないでいる、多分全国区ではない路線です。

江の島は当然、自転車で行くところですから、なかなか乗る機会はありませんでしたが



モノレールに乗るのは何十年か前に羽田から浜松町まで乗った東京モノレール以来です。

正直、楽しかったです。

かなりのスピードで鎌倉の住宅街を縫って進みます。

トンネルが1か所あるのですが、まるでディズニーランドのスペースマウンテン

いい年をして興奮してしまいました。
毎日交通手段にしている方が見たら、なんのこっちゃでしょうね(笑)



終点江の島駅です。

この駅前の道は、いつも自転車で江の島、鎌倉方面に向かう時、必ず通るところ

右下のガラスの部分、駅下の喫茶店ですが・・こちらこそがあの時のあの店なんです。

今は完全に蕎麦部門封鎖されてました、それはそうでしょうねえ

いつもなら自転車で進む道を、ひたすら歩きます。

日曜日ですから確かに混んではいるけど、おそらく鎌倉はもっとすごいことになっているだろうなあ
ちょうど1年前のこの日、静岡から来た兄たちと長谷寺などに行きました。

夫の希望で”岩屋”に向かいました。

船に乗ります。この船も立派になりました。

海から見る江の島、めったにないことです。



10分ほどで岩屋の下に到着

こちらも観光化されて、歩きやすく、大勢の方が見学に来ていました。







その後、崖を上って海の見える食堂へ



当然これですね。

この店には看板猫ちゃんがいて、大人気でした

江の島はどこに行っても猫だらけのはずだけど、この人の数に猫もどこかにお隠れだったかもしれません。

その後歩いて反対側の山道を登って行ったのですが、これが大変
歩けるようになったから仕方がないと思ったけど

そもそも、行きに船に乗ったことが間違いの元

行きはエスカーという、有料のエスカレーターに乗って、そこから岩屋に徒歩で下る
帰りは岩屋から船に乗る、そのほうがずっと楽でした。

船に乗る時係の男性に聞いたんですけどね。
どちらが楽かって・・・でもその人、どうしても行きから船に乗せたかったんでしょう
あまり考えもせず答えたんだわ

なんとか歩けたからいいんだけど、今度行ったら一言、言いたい・・あ、また言っちゃった
文句はできるだけ減らしましょうって先日書いたばかりでした。

おかげでこんな景色が見れましたから許してあげよう(笑)



紫陽花はこれからのようでした。



写真ではわかりにくいけど、かなり大きな紫陽花の木、これから行く方はラッキーですね。

江の島、以前は寂れかかってました

それがいつの間にか、こんなに賑合うようになって、地元の住民の熱意なのか、藤沢市の観光課の努力なのか
素晴らしいことだと思います

江ノ電の駅から134号線につながる商店街も、次々に新しい店ができて活気にあふれています。

梅雨が明けると夏の海のシーズン、これからもますます元気な街になってほしいと願いながら
再びモノレールに乗り込みました。




この記事をはてなブックマークに追加

梅雨の晴れ間に山手散策

2016-06-11 | 写真散歩
朝からいいお天気  久々のお日様なのに洗濯物が干せない

イライラしつつ、こんな日は家にいてもストレスたまるだけ

そうだ、鎌倉に行こう、自転車で~

と思ってたらネットのニュースで、山手のイベントのお知らせが

花と器のハーモニー

期間は今度の日曜日まで、土、日はきっと混む、行くなら今日しかないわ

思い立ったらすぐ行動・・これも手術のおかげです。

急だったけどだれか誘おう~  結局都合が悪かったり、メールに気づかなかったりで同行人はなし

では一人でも行きますわよ、結果これがよかった

写真を撮りに行きます。それには一人が一番、気を遣わないで好きなだけ気に入った場所に行けるし
同じ場所にどれだけいたってかまわない

最短で我が家から35分くらいで元町中華街駅に行けます。

改札出たら、アメリカ山に行くエレベーターに乗ります。

そこから外人墓地の脇を通って山手のメイン通りに出る



まずは山手234番館











思えば去年の暮れ、タイムアウトで入れませんでした



制作者の方がたまたまいらっしゃいました。

生のお花ですから、期間中、交換することもあるそうです。

お花に負けないくらい素敵な方でした。

続いてエリスマン邸、そしてすぐお隣のベーリックホールへ

ピアノの生演奏を聴くことができました。











 



 



トートバッグ?











港の見える丘公園に移動



何度も来てますけど、初めてきたときの驚き(感動ではない)は、いまだに忘れられません。

港が見えるんだ・・ネーミングから誰しもが思います。

たしかに海はちらっと見えるけど、どこが港?と言う感じでした。
正直、少しがっかりしました。期待してましたからね。

ただ、何年かしてベイブリッジができたら景色も一変、少し港らしくなったような気がします。



こちらの公園はバラが有名ですが、紫陽花もわずかながらきれいに咲きそろっていました。











花の中を歩いて行くと、山手111番館



と、横浜市イギリス館





初めてでした。

以前は歩けなかったからここまで来ようとは思わなかったのでしょう。

歩くことができる、当たり前のようで私にとって当たり前ではなかったこと、うれしいですね。









 

















港の見える丘公園を後にして、フランス山から帰路に着きます。



ここで、カメラの電池切れ

撮りに撮ったり300枚以上、やっぱり写真は一人に限る(笑)

さて、鎌倉はどうしましょう?

友人が平日の長谷寺に行ったら、45分待ちだったそうです。

また気が向いたら、一人でふらっと出かけましょう。

そして今日もいいお天気でした。
うれしいことに、洗濯物干しても、早朝から大物、小物、3回も回してしまいました。

こんなことで一喜一憂、あと2カ月は続きそうです


この記事をはてなブックマークに追加

6月8日・・天気回復?

2016-06-08 | ひとりごと
夫が大腸検査をやってきました。

半年前にやったばかりなのに、ハガキが来たからと・・

朝早くから大騒ぎで2リットルの液体を飲み干しました。

やったことがないので何ともですが、相当きついらしい?

昼過ぎに帰宅したので、どんなだったか聞いたら、ポリープを取ったと

「手術したしたんだから、たいへんなことなんだ

はいはい、私だって、胃ですけど2度もポリープ取りましたよ
その上、ポリープの跡がある、って言われたし

その時話したはずなんだけど、すっかり忘れているようでびっくりしてました。

こんなのが手術なんていったら、まあ、大きな手術をしたことがない人に何を言ってもね

「ちょっと~手術って言ったわね?もしかして保険下りるんじゃないの?」

さっそく保険会社に電話したら、しっかり保障されるらしい
よかったね

「私が教えてあげたんだから1割頂戴ね」ちゃっかり請求してやりました。

意外と知られていないこういう時の保険請求、これも以前同じことで請求できたという
友人の話を聞いていたからです。

だから友好は大切なのです。

数日間は消化のいいもの、刺激のないものを食し、アルコール類は厳禁

今朝も「酒が飲めないなんて、なんのために働くんだ」と愚痴りながら出勤して行きました。
<大丈夫、その分私が飲んであげるから>心の中で呟きました

さて、梅雨に入った横浜の田舎ですが、さっきから青空が

しかし、家の中からは見えない、なぜって、外壁塗装のため、すべてのガラスに養生が施されて
外が全く見えないからです。

この2週間ほど、洗濯物が出せない、どんなに晴れていても・・・

昨日のようなお天気ならあきらめもつくけど、仕方ないけどストレスが・・

乾燥機は異様な臭いが付くのでやめました。

以前メーカーに電話したけど、どうしようもないって、これってリコール問題にならないのかな?

やっぱり部屋干し用の洗剤がいいみたいです。
早速買ってきましょう。

文鳥のクックウも毎日浴室暮らし、今、毛が抜ける時期なので部屋には置いてやれない
彼女も空が見えなくてストレスたまってるんだろうな

人間は出かければいいけど、籠の鳥は可哀想、あとちょっとの辛抱だからね。
一緒に我慢しましょう

さてさて、今日もこれからセントラル、元気に通えることに感謝です。



この記事をはてなブックマークに追加

昨日は2016/6/6

2016-06-07 | ひとりごと
1日経過してしまいましたが、10年ぶりに6が3つ並びました。

その昔はこう言われたものです。

<芸事は6歳の6月6日に始めると良い>とか・・いわれは諸説あるようですが

そんな6月6日、今さら芸事を始めても無駄な私は、朝一で歯医者に
定期検診です。

きれいに磨けてます、異常なし、問題なし、ということで、予定より早く終わってしまった。

そのままセントラルに、すると何人ものおば様方から「あら、今日は早いのね」って言われる。

泳いで、ウォーキングのプログラム(これがけっこうきつい)
そしてアクアアタック(水中ボクササイズ)以上で約2時間余り・・疲れた

でも、その後電車に乗って横浜に出る

高島屋で買い物、8階の催場では”山形物産展”が開催中

なぜか米沢牛の店からはがきが届いて、ハガキ持参で10%引きですって

そういえば、一昨年、この店で米沢牛の切り落としを買いました。
さすが米沢牛、切り落としでも十分おいしかった

ブランド牛です。めったに食べられるものでもないし
10%引きですから・・・今回も切り落としを買いました。

塩コショウだけで食べてくださいって、お店の人に言われました。

その後、高島屋ランチしようと思ったら、1時過ぎてるのに、平日なのに、どこも行列

仕方がないのでジョイナスに、さて何を食べましょう。

大戸屋の前を通りました。そうだ、ポイントが貯まってるんだわ

たしか、いっぱいになると無料でランチが食べられたはず

カウンターがあって、お一人様も手軽に入れるので、けっこういっぱいです。

注文したのは定番の”鶏と野菜の黒酢あん定食”



写真より少しさびしいサラダが付いてます。
そのサラダに味がない・・ちょっと注意すれば小さな器に入ったドレッシングがあったのに

すると、お隣さんに運んできたお店の人「サラダにはこちらのドレッシングをかけて召し上がってください」ですって

ちょっと~私のところに来た従業員(怒ってるからこんなふうに言う)何も言ってくれなかったじゃないの

ま、体の為には余計な塩分摂らなくて済んだから結果、よかったんだけど・・・

クレーム付けてやろうかと思ったけど、待って、これくらいのことでだめよ~

今朝読んだ小冊子に書いてあったでしょ

<「怒り」の感情を上手にコントロール>って

うまくコントロールできるとこんなメリットがあるよって

① 人間関係のトラブルが少なくなる

② 伝え上手になれる

③ 後悔が少なくなる

④ 美容と健康へのダメージが防げる

年を取る~人生経験が豊富になる~ちょっとくらいの事では腹を立てなくなる(気力も無くなる?)
っていうのが当たり前と思ってきたけど・・・

巷では怒って怒鳴ってるお年寄り、特に男性がいますね。

怒る気力を別の方に回せないものかと思う時もありますが・・
なにかたまってるんでしょうね。

そういう私も、なるべく穏やかにと思いますが、本当に理不尽なことには腹を立てる
それも大事なのではないかと、
できるだけそんな場面に出会わないように願うだけですが・・

そんなことで6が3つ並んだ日が過ぎて行きました。


この記事をはてなブックマークに追加

迎賓館一般公開ツアー

2016-06-04 | 旅行
それは4月の刺し子教室の日

「新聞見た?迎賓館の中に入れるっていうツアーあったでしょ、行ってみない?」

私からの提案でした。

すると、一人を除いて全員が食いついてきた。

「見たわよ~行きたいって思ってたの」即決でした。

翌日すぐに申し込みの電話

すると「見学の許可がこれから出るのと、申込者多数の場合は抽選になりますので
催行されるかどうかは、しばらくたってからでないとお答えできませんが、よろしいですか?」と言う返事

それにしても、ずいぶんバスツアーに参加してるけど、こんなことは初めてです。
当然と言えば当然、庶民が簡単に入れるところではありませんから

まずは、参加メンバーの個人情報を簡単に知らせます。

それから待つこと半月、催行決定の連絡がありました。

それと同時に、もっと詳しい個人情報を知らせなくてはいけません。
生年月日、それに住所ですが、当日、本人確認のための証明書(免許証やパスポート)が必要なので
そこに記載されている住所を一文一句違わず知らせるのです。

4人で行くことになりました。
この4人は、同じ地域に住んでいます。

町名までは一緒です。マンション名も一緒
ただ、番地とそれぞれの部屋番号が違うだけなのですが
その表記が全員違って、例えば○○番地の○番を○○の○とか、○○-○とか
面白かったというか、めんどくさかった(笑)

当日、お天気も良く、真夏のような暑さもなく、絶好のツアー日和です。

横浜駅東口から出発したバスは、この会社だけで8台だとか、
でもほとんど時差ありで出発でしたから、それぞれ立ち寄り場所で混乱はありませんでした。

我々の目的は迎賓館のみでしたが、それではツアーにならないのか
都内の、もうすでに行ったことがあるような場所に寄ります。

浅草、築地、歌舞伎座、

どうでもいいやって思っていたけど、それぞれリニューアルした場所に行くことができて
それなりに楽しめました。
どちらも以前より外国の方が増えたことは、あえて言うまでもありませんが



特に歌舞伎座は、新築なってから初めて入りましたから楽しめました。




(屋上庭園)

池袋のホテルでランチバイキングの後、いよいよ本日のメインイベントの始まりです。

迎賓館は以前自転車で都内めぐりをしたとき、近くを通ったことはありますが
我々庶民とは全く関係のない場所、という認識があったので
あまり関心もなかった・・けど

中に入れるとなったらそれはまた違う意味で関心が持てます。

観光バスを降りて、学習院初等科前の西門から入場します。
そこで、先の本人確認、その後、空港にある探知機があって、そこをくぐります。

「私の人工股関節反応したらどうしよう」多分大丈夫と思ってましたけど
一応友人たちに話しました。

手荷物検査の後、くぐるのですが・・はたして・・
当然大丈夫でした(笑)

それでも少し緊張してしまった・・

すべてクリアしてようやく進みます。

まず裏庭から



こちらは迎賓館の裏側になります。





その後、迎賓館の中に入るわけですが、当然撮影禁止ですので映像はありません。

こちらをご参考に・・・

だいたい想像はついていましたが、やはりすばらしい
同行のOさん、イタリアフリークの人ですが、「海外はこんなにきれいじゃないわよ、シミなんかあるし」って

税金の無駄と言う声も聞きますが、やはり独立した国として、このような場所は必要不可欠と思いました。

歴代の総理の外交写真が飾ってありましたが・・・

なぜか悪評の思い出ばかり浮かんでしまって・・

唯一感動したのは、やはり天皇皇后のお写真でした。
お二人を見ると胸がいっぱいになります。

残念ながら政治家にはいませんね、胸が熱くなる人なんて・・

外はそこそこの風が気持ちいい日でしたが、中に入ると蒸し暑い、
冷房入れてないのかと思ったら、一応風は出てました。

それでも暑いので、係の男性に言ったら

「僕たちもたまらないんですよ、ぜひ訴えてくださいよ、お願いします」ですって

みなさん、場所が場所ですから、きちんとした服装で我々を迎えてくれます。
これでは暑いはず、さてどこに訴えればいいのでしょうか?

もしかして内閣府?

見学が終わって今度は正面の広場に出てきました。









この正面入り口から国賓が入場します。







パノラマ撮影じゃないと入りきらないほどの広さです。

よく歩きました。 万歩計は10km、14758歩を記録していました。

この一般公開、まだしばらくは続くようです。

ツアーで行くのが一番簡単ですが、個人的に行こうと思われる方、参考のために・・・

せっかくの機会です。ぜひ行かれてみては


この記事をはてなブックマークに追加