横浜田舎物語

サザン、サッカー、ロードバイク
エイジレスばあばのパワフルな日々
をお届けします

何処かで聴いたことが・・・

2017-02-19 | お気に入り
小沢健二「さよならなんて云えないよ」MV


この冬のポカリスエットのCMで、吉田羊さんと子役の鈴木梨央ちゃんが歌ってる曲
ずっと気になってた・・昔何処かで聴いたことがある・・なんだか懐かしい

調べて見ましたら、↑↑ この曲だったんですね。

正直、良く知らなかった、小沢健二君(オザケン)はもちろん知ってるけど、彼の楽曲にはあまり興味がなかったし

でも聴き覚えがあったのね。

非常に入りやすい曲だったからでしょうか。

謎が解けました。


この記事をはてなブックマークに追加

体重が減った

2017-02-18 | ひとりごと
引っ張りましたが・・・

それはちょうど1週間前の11日、祝日と土曜日が重なった、普通に週末2連休の人にとったら
なんか損したような、休日

蒲田のM子ちゃんのお母さんの7回忌が行われました。

彼女の90歳過ぎた父上の意向で、今回までお母さんとかかわりのあった方々にも来ていただきたい
とのことで、M子ちゃんと姉妹同様の私にまで声がかかりました。

法要の後は恒例の会食、久しぶりに会う人もいて、すっかり盛り上がり
おいしい料理にお酒も進む・・

夕刻帰宅、そこからは主婦ですから、どんなにお腹いっぱいでも食事は作ります。
ここからが悲劇の始まり?
よせばいいのに夫に付き合ってまたいっぱい

そこまではよかったのですが、翌朝は娘たちとの旅行に出発する日
朝から胃の調子が悪い・・当然食欲もない

コーヒーすら飲みたくない

それでもなんとか出発、御殿場ではアウトレット内のフードコートで軽くけんちんうどんをいただきました。
なんかだんだん体調アップ

そして温泉に、楽しみな夕食、こちらでもよせばいいのに酒飲みの悲しいところ
地酒を、1合だけにしましょう、といただく

お料理も可愛いし、おいしいしでペロリ

大満足でベッドに入りました。

ところがなかなか寝付けない、どころか、そのうち胃がムカムカしてきた。
生唾が出てきた
これは・・・急いでトイレに駆け込む・・あああやってしまいました

その後、もう一度

結局よく眠れないまま朝が来て、当然朝食などもってのほか

「帰ろうか?」と心配する娘に、申し訳なくて気力を振り絞り、朝風呂に入る。

そのせいか少しすっきりして、河津に向かう

伊豆です。「稲取に金目鯛のお寿司が食べられる店があるからご馳走するね」って約束してたのに
それどころではありません。

途中、ドラッグストアに寄って胃腸薬を買い、ウィダーインゼリーを買い、2Lの水も買う

水分補給だけはしました。

吐き気が止まったおかげで飲むことができたのはラッキー

やれやれ何しに来たんだか・・

そして、翌日も、その翌日も・・食欲はない、食べるのが怖い・・拒食症か?

あっという間に体重が2㎏落ちました。

運動不足で心配した下っ腹がうれしい?ことに元通り、どころかパンツが緩くなってきた。

いやいや、こんなことで喜んではいられません

水曜日、いつもの内科に行きました。

胃の検査をお願いしようと思ったからです。

胃カメラが嫌で、もう8年?9年?くらいやってません。

その時も不調が続き、結局精神的なものから来てるようだと、みつかったポリープを取ってもらった覚えがあります。

こちらの医院ではできないので専門医を紹介してもらいました。

かなり混んでいるらしく、来月初めに決まりました。

平気じゃないです。注射も、歯医者も平気だけど、胃カメラはいやだ~
でもそんなこと言ってられない

二人に一人がガンの時代、早く分かれば・・・って、ほんとに見かけ倒しのネガティブ思考ですねえ

<インプラント入れたとき25年生きるんだ>とつぶやいたことを思い出しました。

インプラントも、人工股関節も、これからの人生を楽しむためにやったこと
それを無駄にしてなるものか・・・なあんて大げさですけど

この二つをクリアしたせいでしょうか、今回は意外と冷静です。

ベテランの先生で、お上手だと聞いたし、おまかせしようと思います。

毎日離乳食みたいな食事をしてます。間食もしたくないから胃は休まったのではと思いますが

思えばこのところいろんなことが続きましたから、疲れが出たのかもしれません。
会食の機会も多かったし、年を考えませんとね。

ところで、昨日ギプスが取れた指ですけど、2本ともすごくむくんできました、腫れてきました。
曲げなければ痛くはないのですが・・・

ネット検索したら、腫れることは普通にあるようです。
2,3日様子を見て、気になったら病院に行ってみましょう。

小指を使うのはまだ怖いけど、薬指が使えるだけで全く違います。
日常で使っていくことによって、リハビリになるのではと思いますが、気が付くとグーパー、グーパーをやってます。

ギプス、ギブスではなくて”ギプス”だったんですね。

アボガドじゃなくてアボカドもあります。横文字はわかりにくいわ




この記事をはてなブックマークに追加

本家本元の河津桜

2017-02-17 | 旅行
前回の夜の出来事はまた改めてと言うことで(ひっぱります)

伊豆旅行2日目です。

この日の目的は河津桜を見ること

河津桜は、今やあちこちに名所ができて、きれいな花を見せてくれてますけど、ここは河津
つまりここが発祥の地です。
だから、本家本元、原木もあります。
ちなみに河津桜と言うのはオオシマサクラとカンヒサクラの自然交配種だそうです。

個人旅行のここがいいところ、団体だったらあそこもここも、あっちもこっちもになりますが
そんなことはしない

ひたすらそこにだけ集中です。
ほんとは稲取の吊るし雛も見たかったけど、ま、いいか何度も行ってるし

大仁から修善寺を抜けて、一気に河津に出ました.


駐車場はかなり混雑、それでも平日、少し離れたところが空いてました。















まだ4分咲き?全部つぼみもありました。

地元の人の話だと、例年より早いとのことでした。
一昨年、ご近所さんと来たのが3月に入ってからでしたから確かに早いのでしょう。

あの時は、術後まだ7カ月でしたが、電車乗り継いでよく歩きました。

もちろん今回も歩きましたけど、全然気持ちが違います。もう普通

3時半ころ河津を出て、東伊豆海岸沿いをひたすら走り帰路につきました。

帰り道、稲取や伊東辺りで、「この辺もいいね、来年はこっちにしようか」などと話しながら

家に帰ると夫が一人、崎陽軒のシウマイ弁当を食べておりました。

《追記》

骨折小指のギブスが外れました。

3週間と3日、内出血の名残があり、長い間曲げてなかったため曲げるのが怖いし痛い
でも、曲げなくてはいけないそうです。

なんともないのに、添え木代わりにされてしまった薬指、可哀想で、一生懸命さすってあげました。

1週間後にまた通院ですが、プールもウォーキングならが出たので、週明けからぼちぼち再開しようと思います。

一応順調らしい、注意することは・・ぶつけないこと、ですって・・そりゃそうです。


この記事をはてなブックマークに追加

春いっぱいの伊豆へ

2017-02-16 | 旅行
いろいろあってご無沙汰しましたが・・・

今週初め、遅い冬休みの取れた娘と孫と3人で伊豆に行ってきました。

このところ毎年のようにこの時期出かけていますが、今年のお宿はどこにしましょう

で、結局、中伊豆畑毛温泉の”大仙家”

何と言っても湯治温泉が魅力、30℃、35℃、40℃の3種類の温泉が魅力、リピート5度目です。
今回も1番お気に入りの35℃に計100分は浸かってきました。

まずは去年、断念した御殿場アウトレットへ、冬の大バーゲンは終了しましたが
相変わらず観光客が多くて、特に海外組ですが・・賑わっていました。



御殿場です。富士山が大きい~

目的は一つ、COACHの財布かバッグが欲しい

ブランドバッグなんてめったに買えないし、執着もないので、使いやすければ、軽ければって
レスポばかり買ってましたけど、(それもネットで)
何年か前に友人たちと行ったとき、みんなで買ったCOACHのバッグ、気に入った上に大変お買い得だったのです。

直営店だから偽物つかまされるわけないし

娘も財布が目的なようで探していましたが、いろいろ見て最後に気に入ったのが同じもの
さあ、こんな時、普通の母親なら娘に譲る?

私は普通じゃないですから「いいよ、私が諦める」その言葉を待ってました。

ところが・・・運命の出会い・・一目ぼれしてしまったバッグに出会ったのです。

予算オーバーだけど仕方ない両方買おう、と、しばらく両手に商品を持っていたのですが
歩いているうちに、横にいた娘を見てなんだか申し訳なくなってきた。

「やっぱりこれいいわ、あなたに譲る」上から目線で偉そうに言いました。

今月誕生日だから買ってあげようかなって思ったけど、それこそ予算オーバー
自分で買ってください

一目ぼれバッグは手持ちにもショルダーにもなる、使い勝手のよさそうなもの

ブランドと言っても、COACHは比較的飛びつきやすい価格帯が多いので、ちょっと頑張れば買えますけど
もっとお高いブランドはとても手が出ませんし、欲しいとも思わないというのが本音かな?

初日はほとんどの時間をアウトレットで過ごしてしまったので、そのまま温泉へ・・

湯治湯にゆっくり浸かって、おいしい料理をいただきました。

骨折の手は相変わらず包帯ぐるぐるですが、いつものようにポリ袋掛けて・・結局お湯が入ってしまって
包帯はびしょびしょ、傷じゃないからいいけど、その夜はタオルハンカチを巻いて休みました。

しかし・・・その夜・・・???


この記事をはてなブックマークに追加

雪が降ってきましたよ~

2017-02-10 | ひとりごと
天気予報、夕方ちょっとは崩れるけど、ここまでなんて言ってなかったわよ



もうびっくりです。

こんなになる寸前、整形に行ってきました。

1週間に1度のレントゲン検査、撮る前に、看護師さんから
「今日の結果次第で先生からお話がありますよ」と言われました。

診察室に呼ばれて、緊張・・

医師「順調に骨、付いてますね。あと少しかな、来週の金曜日、このまま行ったらギブス外しましょう」

やったあ~

なんだかんだ言っても、出来合いを嫌う夫ですから、包丁も使って食事作ってました

掃除もやったし、洗濯物も干すし、
できないことと言ったら、お箸が持てないくらい?

お風呂掃除も左手で何とかやる時もありましたし

時々ギブスの先端をどこかにぶつけて、思わず「やばっ」なんて言葉を発したりしたけど

それでも結果オーライ、よかったです。
まだ油断はできないからしばらくは要注意です。

先が見えてきたことは確かで、気分が違う

そして、今日は今年初めての刺し子教室でした。

不自由な3本指で少しだけ刺すことができましたが、完成まではもう少し
できあがったら写真載せます。

家でやらないから、いつまでたっても完成しないのです。

「マイペースでいいのよ」やさしいO先生は今日もこう言ってくれます。

と言うことで、今年もマイペースで続けて行こうと思います。

雪積もるのかなあ、明日は出かけなくちゃならないのに


この記事をはてなブックマークに追加

運動不足なので

2017-02-07 | ひとりごと
あの日からちょうど2週間

できることならあの日の事故前に戻りたい、今度はもっと足上げて段差を上りますから・・・

今朝、みーすけ先生にメールしました。

「運動不足なので、歩いてトマト取りに行きます」

思えば、パソコン教室とご縁があってから、一度たりとも自宅から歩いたことなどありません。

一駅隣のその先、30分あれば歩けるかな~
平坦なら問題無し、なのですが、ゆるやかとはいえ、坂を上がって下ってまた上がる

当然、段差を踏み外した、転んでしまった八百屋の前も通ります。
何ゆえこんなところで・・


<いい運動になるぞ>

運動不足です。いつもあんなに体使ってるのに、せいぜい駅向こうの整形外科に行って
その帰りについでに買い物をしてくるくらい

歩いても2000歩、これではねえ

家ではできるだけ筋トレらしきことやってますけど、プールの中で思い切り体動かすことなんかとは
比較にならないどの熱消費量です。

心持ち下っ腹に違和感が・・・

確かにデブなんですけど、普通のおばさんに比べたら下っ腹が出てないのが自己満足だったのに
自転車に乗れればすぐわかることなんですけどね。

自転車って言えば、セントラルでジムのバイクくらいできるだろうと考えました。
確かに手は使わないからできると思うけど・・・

セントラルに行く・・知り合いのおばさまたちに会う・・「どうしたの?その手」って必ず聞かれる

その都度説明せざるを得ない・・ああめんどくさい

そこまでで終わればいいけど、その後、根掘り葉掘り聞かれる・・もうだめ

おばさんたちってなぜ根掘り葉掘り聞くんだろう・・そりゃ私だっておばさんで、知ってる人がけがしたら気になるけど
人のことなんて言えなかった

電車で行かなくちゃと思ったら面倒で、これは単なる言い訳だわ

あの日から2週間、もっと経っている気がするけどまだ半分来たところ、長いなあ

先週金曜日にレントゲン撮ってきました。
順調のようでした。

一週間ぶりの診察だったので、ちょっと早いと思ったけど、ギブスが取れた後のことを聞きました。

ここの整形はリハビリ施設も併設してるので、最初はそちらでリハビリか?と聞いたけど
特別なことはしないのだそうです。

おそらく曲げにくくなっているでしょう、怖いでしょうね。最初に動かすとき

ギブスを長くやり過ぎても、早く取り過ぎてもだめなのだそうで、その見極め時期があるみたいです。

その日がいつなのか、予想としては早くて来週金曜日、遅ければその次の金曜日
火曜日に怪我したのだから火曜日にしてもらいたいけど・・

今週も金曜日にレントゲン撮って、それ次第かな?

若い時なら早かったでしょうけど、骨の再生にも時間がかかります。

そうです。歩いてトマトを取りに行った話・・・

ほんとに、おかげさまです。信じられないくらいスイスイ歩けて、坂道もなんてことなくクリア
いいお天気ですから気持ち良くて、汗ばんできたくらい

往復6600歩、歩きました。

教室に行くと、kobaさんのお元気な顔が見えました。

心配おかけしました。

ちょうど授業終了時だったので、帰りはご一緒させていただきました。

ちゃっかり”koba新聞 1月号”もいただきました。

kobaさんがご自分やご家族の近況を記事にした新聞です。

たまにまとめていただくのですが、ファイル保存してます。

kobaさんのお人柄が出ていて気持ちがホッコリするのです。・・ってみーすけ先生もおっしゃってました。
もちろん私もね

kobaさん、実家の義姉と同い年なんですけど、すごいですよね。
いまだに向学心があって、パソコンの勉強に励んでらっしゃいます。

なんといっても目標ですから、今年もお元気で”koba新聞”の更新を楽しみにしています。

横浜地方、一昨日、昨日と久しぶりに崩れましたが、今日はまた快晴

久しぶりに富士山スポットに行って写してきました



駅への道すがら、右を見ると、家々の間から大きな富士を見ることができます。

立春も過ぎて、あと少しで暖かくなる?いや、毎年、雪はこれからです。
油断はできません。

それでも、日中暖房がいらないというのはありがたいですね。
やはり寒いところには住めないのです。

敷地内の河津桜も間もなく満開です。
また撮影してきましょう。


この記事をはてなブックマークに追加

ふつう

2017-02-03 | ひとりごと
わたしの「ふつう」と、あなたの「ふつう」はちがう。
それを、わたしたちの「ふつう」にしよう。


愛知県の今年度の人権啓発ポスター 

昨日の朝刊”折々のことば”から

”ふつう”

そういえば、今年成人式を迎えた孫が、小学5年生のころ、
ある場所で七夕のたんざくを書く機会があって

「みんながふつうでいてほしい」と書いたことを思い出しました。

当時、彼女の周りの大人は普通ではなかったのでしょう、彼女の目から見て

相当ショックを受けた私は、それ以来「普通でいいのよ、普通が一番」と言い続けてきました。

最近では「普通の人と、普通の結婚をしてね」なんて、本人にしたらまだまったく眼中にない結婚観まで押しつけている。

”ふつう”

深く考えたことなかったけど、この記事を見て改めて考えさせられました。

ちょっと前までの日本は中流意識が強くて、自分は普通だと思っている人が多かった?

夫婦がいて、子供が平均2人いて、っていうのが普通の家庭像だったような

それが今では、周りを見回しても独身の多いこと、一人っ子の多いこと、単身親の多いこと

そのすべてが市民権を得て、いまやすべてが普通に見えるし、不思議だとは思わない

いろんな意味で生き易くなったのか、

こうなると何が普通で、何が異常なのか、なんでもの時代

でもそれだからこそ、責任も重い

自分の価値観と違う人はみんな普通じゃない・・って今時そんな人がいるとは思えないけど、いるのかなあ

こんなふうに考えると”ふつう”って本当に奥が深くてむずかしい

骨折で何もできないし、どこにも行く気分ではないので、こんなどうでもいいことに食いついてしまったけど

それにしても驚いたというか、呆れたというか

東京オリンピックのゴルフ会場に決まっていたというゴルフ場

女性の正会員は禁止 <女人禁制

何時代のどこのお寺の話?

21世紀ですよ、安部総理も「女性の時代」と声高に叫んでいるではありませんか。

IOCのおかげで、こんなところが、今時、あるんだ~、って

これこそまさに”ふつうじゃない”ですよねえ

さて、暇人のつぶやきはこのくらいにして、今日は1週間ぶりにレントゲン撮ってきます。

どんなふうになったかな?

何か変化があったら報告しますね・・どうでもいいか




この記事をはてなブックマークに追加

突然の訃報

2017-02-01 | 出来事
静岡に住む、義兄が亡くなりました。
夫の兄です。

あまりに突然でした。未明の電話、母が存命のころは、いつかは来るかもといつも覚悟していたのですが

まさかの・・・「父が先ほど息を引き取りました」姪のkちゃんからでした。

「ちょっとまって」すぐ夫を起こし電話を替わりましたが・・

義兄は昭和19年生まれ、まだ72歳です。

十数年前、大腸がんを患い、闘病、見事に復活したのですが、その後癌とは別の、
内蔵系の病気と闘っていました。

それでも定年後、別の仕事をしつつ、日常生活には困らないようでした。

一時、かなり悪化して、その上親友の死というショックも重なり、生きる気力を無くしそうになったこともありましたが
ちょうどそのころ、ロードバイクを手に入れた夫が、今まで乗っていたバイクを兄にプレゼント
すると、それまでの不調が嘘のように、元気になって行ったのです。

もともと自転車で遠出することが大好きな人でした。

夫が自転車好きになったのも、この兄の影響かと思います。

足のむくみが酷かったのですが、自転車のおかげでしょう、すっかり良くなって
その話を聞いた私たち夫婦も喜び合ったものです。

しばらく元気な日々が続いていたのですが、昨年秋ごろ、体調が悪くなり入院
11月初めに夫が一人でお見舞いに行ったのですが、来週あたり、私が来る、と話をしたところ
拒否反応を示したらしい(笑)

なんですって!

そんなことにもめげずに、私はお見舞いに行きました。

言いたいことを言う人でした。でもそれはお互い様

夫の兄なのに、全然気を遣う必要のない人でした。

<義兄さん、気を遣ってほしかった?そんなことないよね>

義兄の結婚式に招待された、私の母親、私のことを「生まれたままの子で、申し訳ありません」って
夫の兄弟に謝ってました。

元々4人も兄がいる環境で育った私ですから、義兄に対しても、実の兄のように何の遠慮もしませんでした。

食事中もたばこを吸うので「ご飯がまずくなるからやめてよね」と言って、本気で怒らせたこともありますが
自分が正しいって思ってるから、全く気にしない

それくらい気の置けない相手でした。

実際、義兄がどう思っていたのか聞く機会がありませんでしたけど、
きっと、わがままでどうにもならない義妹だと思っていたことでしょう

でもね、いつだって気にしてたのよ

ちょっとでも具合悪いって聞けば心配したし、顔見に行ったし

11月にお見舞いしたのが最後になってしまったけど、会いに行ってよかった。
行かなかったらきっと後悔したと思う。

お通夜、告別式、無事送ることができました。

義兄妻のKさん、私と一つ違いのお姉さん、去年からある程度覚悟していたらしく、
気丈にふるまっていましたけど、本当にさびしくなるのはこれからでしょう

口の悪い義兄だったけど、奥さんにだけは優しかった。

病気悪化で大変な時、Kさんから言われた言葉忘れられません

「わたしより、さくらえびちゃんの方がたいへんね」って

病気の夫より、元気だけど口うるさい夫といる私の方が大変なんですって

そうなのか、そんなふうに見えるんだね。
夫にその話をしたら怒ってましたけど、少しは反省したかしら?するわけないわね

仲良し夫婦でしたね。だから別れが早かったのかな?

帰りの電車で向かいに座った夫の顔を見て、つい兄と重なってしまいました。

たった4歳しか違わないのです。

今のところは元気ですが、いつ何時何が起こるかわかりません。

昨年は私が、今度は夫が、こうして一人ずつ兄弟が少なくなって行くのです。
もしかしたら今度は自分かもしれない

年が一番近い義兄の死は、私たち夫婦にもいろいろ考えさせられる出来事でした。

お義兄さん、お疲れ様でした。安らかにお休みください

これからも家族、そして私たちのことも見守ってくださいね。

可愛がってくれてありがとうございました。  さようなら





この記事をはてなブックマークに追加

骨折経過

2017-01-28 | 出来事
昨日は小指骨折から4日目、診察に行ってきました。

当日のレントゲンの様子では手術はしなくてよさそうだとのことでしたが
日にちが経って、折れた所が動いたりすると、骨が付く段階で変形してしまう可能性があるとか

昨日の診察はその確認でした。

ドキドキしましたよ、小心者なんで、これ以上、体に傷が付くのは嫌だったし
何と言っても怖いし・・

股関節置換のような大きな手術の時は怖いなんて思わなかったけど、先生曰く「簡単な手術だから」
そうは言ってもできれば避けたい

結果、今の所手術は避けられた・・安心しました。

レントゲン写真を撮りました。包帯はかなり汚れているので交換してもらいますが
ギブスも外すのかと思ったら、付けたまま撮影できるんですね。
と言うことは、このギブス、放射線を通すということです。

木片で押さえるなんて、いつの時代の話なんでしょう。

手術となれば完治がまた先に延びるし、とにかく不便で不便で

食器を洗うこともできないので、何とかならないものかと病院の帰り、ダイソーに寄ってみました。

こんな手袋がありました。



5本指になっていてもはめられないけど、長くてゴムが入っているから水が入る心配はありません。



これでなんとか洗い物ができそうです。

しかし、寒い時期でよかった、もし真夏だったら・・ああ、想像するのも恐ろしい

しばらく包帯交換と、週1の診察が続きます。


この記事をはてなブックマークに追加

10年目の想い

2017-01-26 | ともだち
骨折騒ぎでずれ込んでしまいましたが

毎年恒例のお墓参りに行ってきました。

毎年、この日に合わせて1泊し、旧交を深めている我々ですが、
今年はうれしいことに、実家の美容院を継いで美容師になったH美、
お墓参りには参加していたものの仕事柄、休みが取れなくて、
宿泊ができなかったのですが、ようやく自由な時間が持てるようになったらしい

一緒に楽しい時間を過ごすことができました。



お天気に恵まれて、お決まりの富士山

今回は3度目の”かんぽの宿焼津”

思えば3年前、インプラントを含む、歯科治療中のことです。

口の中が酷い口内炎で荒れて、ほとんど料理が食べられなかった
いやーな思い出があるホテルです。

でも今年は大丈夫、焼津です。おいしいお魚、楽しみでした。

いつも幹事をしてくれてるTちゃんが最寄駅まで車で迎えに来てくれて
2日間の始まりです。



先日の記事にも書きましたが、今年は10年、
10年前「一緒に還暦を迎えたかったのに・・」と嘆いてから10年

もう今度は古稀です。

今年も全員元気に集まれたこと、各々報告しました。
そして、これからも見守ってねと

こうして毎年同じような思いでお参りするのですが、この同じような思いこそ
全員が健康で集い会えた証であるし、彼女への感謝でもあるのです。

翌朝、ホテル前で記念撮影



顔が隠れていると若く見えますね(笑)

午後の解散までTちゃんの案内で

以前にも来たことがある通りがかりの











両方ともいい香りを放っていました。

そして、岡部町にある<玉露の里>へ

素敵な庭園と



こんなお部屋で、玉露とお抹茶をいただきます。









こちらも何年か前に来たことがありますが、驚いたことに

外国人観光客対応になっていました。

静岡空港が近いせいか、中国からの観光客が主のようですが、クチコミなのかインターネットの影響なのか
日本のお作法が体験できるこちらが人気のようです。

来年もまた元気に集まれるよう願いながら、今年の墓参りは終了です。

<絶対最後に逝くのはいやだよね>

思いは同じだけど、こればかりはどうしようもない


その後、慌ただしく実家に10分くらい滞在して、急ぎ帰宅しました


この記事をはてなブックマークに追加