もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

ベッドが無い、水が無い、後は何が無い?

2016-11-02 13:51:53 | マレーシアでニャー
昨日、変な事を聞いてしまった。

バングラデシュから来ている作業員、
最近、と言っても2~3か月ほどか?、前に入ったのだけれど、
寮にしているアパートにベッドが無いと言う。

何度か人事に言ったが持って来てくれないとか。

それで人事に聞きに行くとこんな事を言う。
近所の店に買って用意してあるので作業員たちに取りに行くように言ってある。
が、一向に取りに行かないとか。

これ、どっちの言い分を信じるかと言う事になってしまうが、
どう見てもバングラデシュの勝ちのように思える。



ちょっと前、新しく入ったこれもバングラデシュ人、
会社に入るときに泊まる部屋を提供されると聞いていたがまだだと言う。
その彼、服は今着ているTシャツ1枚しかない。
仕事に来て、汚れて、兄弟の働いている宿泊所にもぐり込んで寝る。
そのままのTシャツで。
そしてまた朝出てくる。

これも人事に言う。
もう宿舎は用意してあるが彼が勝手に来ないと言う。
その彼、英語はちょっとだけわかる。
マレー語もほんの少しわかる。
なのでどう見てもそんな事で誤解するようには思えない。

これもきっとバングラデシュの勝ちじゃないだろうか?



マレーシアのKL近郊、
たまに断水がある。
今年も雨季の始まりの時期なのに新聞に断水の記事があった。
ちょっと前の事だ。

そしてこの工場も少し前に1回あった。
しかも夜勤の開始時刻前だった。

前年に同じような事があったので今年はペットボトルの水を用意している。
確認のために水が十分あるかを見に行く。
何と、1.5Lのボトルが4本程度しかない。
1人に0.5Lも無い。
この時は車を持っている者に買に行ってもらった。

が、昨日、また1本しかない。
断水ではないがまた断水したら確実に足りない。


と、こう言う事を目にしていると、
どうもマレーシア人、他人に対して全く共感しない性質らしい。
不思議な事にハジのお祭りの時には同じムスリムと言う事で外国人にも肉は配ったりする。
神様の前でだけなのか?
(神様はいつでも見ているはずだが...)


まあ、人によっては共感なんてものは薄いかもしれないし、
お金もらって与えられた仕事やっているだけだから
上司に怒られでもしなければそれで良いと言う事かもしれない。
それにしても、ベッドや水、最も基本的な事のはず。

日本だとあまり経験していないからわからないが、
もし人を呼んで仕事をしてもらうなら
少なくとも部屋に布団があって、食事位はできるようになっていないだろうか?


何となくマレーシアで人身売買やら子供の誘拐やらが騒がれるのがわかるような気がする。


(今日は何だか奴隷の話をしているみたいで嫌だ。)
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 委縮 | トップ | いろいろ限界がある »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マレーシアでニャー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL