もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

マレーシアのインターネットはちょっと安くなった

2016-10-10 23:21:42 | マレーシアでニャー
最近、このiPadとキャサリンさんのソニースマホ、
MaxisからDigiに替えた。

データ通信料金の安いプランが出たから。
Digiに対抗してMaxisもサービスが良くなった。
最初に火をつけたのはU-mobileだった。

U-mobileはスーパーのレジのところでsimを売っている。
通信料金も安いのだけれど、
毎月トップアップするだけで1GBオマケが付く。
そうなるとsnsしか使わないスマホユーザーだと
たぶん別にインターネットのオプションを買わなくても済む。
(外国人労働者はだいたいそれで済まそうとしているよう。)

もっともU-mobileだとエリアが狭いのでいくら安くても
住む場所によってはダメ。
うちは郊外だからダメ。


Digiは普通のスマホ用プリペイドプランに加えて
Liveと言うプランを出した。
RM28でインターネット用プランを買うと
通常使用で2GB、それにYoutubeなどの動画用2GB、
さらに音楽ストリーミング用に2GBが付く。
合計8GBだ。

Maxisは毎週土曜日と日曜日に1GBづつ(各1日有効)
毎月合計で8GBオマケが付く。
だから実質毎月10GBも使える。

ただ、Maxisの欠点は、
そのオマケはLTE電波使用限ると言うところ。
カバーエリアは広いけれど、うちなんかの場合、
家の中でLTEがちょっと弱い。

そしてMaxisの致命的な欠点がもう1つ。
キャサリンさんが使っているSuperIDDと言うプランは
Maxisの新しいプランに乗り換えられないと言う事。
つまり、今の電話番号のままMaxis新プランにする事ができない。
新プランにするには電話番号を変える事が必要なのだ。


結局DigiのLiveプランを選ぶ事になった。
なぜかMaxisの電話番号をDigiには持ち出せる。
街のDegiサービスセンターでパスポートとともに申請すれば2日以内でできる。

iPadでやってみるとDigiは家の中でもLTEがMaxisより強い。
でも海に行った時は弱かった。
たまにしか行かないけれど。

ついでにDigiのLiveプランでの日本への国際電話料金、
相手が固定電話だと1分間にRM0.18…日本円で4.43円とバカ安。
相手が携帯電話だとかなり割高でRM2.38にもなる。
(普通のDigiプリペイドだとRM0.65と安い。)

と言うわけで、マレーシアに来て最初に使ったDigiにまた戻った。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 火事検出器 その2 | トップ | マネの効用 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL