もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

猫の証明写真

2017-04-04 13:44:27 | マレーシアでニャー2017
猫の証明写真はやはり胸上なのか?
それとも全身の柄が写っていないといけないのか?

猫も時々飛行機に乗って国境を超えたりする。
昔は人間もそうだったけれど、超えるまえに注射が必要だ。
狂犬病(猫でも病名は犬)を持って入るなと言う事だ。

人間の場合は飛行機のチケットが取れるか取れないか
程度が問題で、取れたらさっさと乗ってしまえば良いが、
猫の場合は"年"単位の旅行計画が必要になる。

注射して、しばらくしてまた注射、少し置いてから採血。
それを検査機関に送ってOKをもらって(採血から)180日待つ。
その間にかその後にか、飛行機の予約を入れるが
これが何と40日ほど前じゃないといけない。
格安航空券なんてのは無いそうだ。

と、うちのキナコとツブアンは渡航するかもしれないと言うことで
その準備に入っている。
しないかも知れないが準備だけしている。
去年ICチップを埋め込んでサイバーキャットにトランスフォームしたのはその一環だ。

そしてその履歴を残すための台帳は、
人間のようにパスポートのようなのが無いので
前の獣医さんでもらった猫手帳だ。

猫手帳には打った注射のステッカー、ICチップのステッカーなどが貼られる。
正式な書類でないのでマジックでいい加減に名前を書いたりしている。
表紙の裏に写真を貼るところがあって、貼ればよかったのだけど、
別に他人に見せるでもないので貼っていなかった。

今回、この準備をするようになって貼ることにした。


写真、たくさん撮っているようでなかなか良いのがない。
ちゃんと正面かそれに近い角度を向いていて特徴がよくわかる写真となると
ちょっと難しい。


選ぶ段になってちょっと考えた。
メガネなし、それは大丈夫。
背景色...何でも良い。
スーツとか....なわけない。
あれっ? 胸上写真なのか? 全身なのか?
猫の肩って???





猫の写真集「おーい田中」をエイプリールフール期間に
とても多くのみなさんにダウンロードしていただきました。
どうもありがとうございました。
引き続きどうかよろしくお願いいたします。
レビューに何か書いていただけるとさらに嬉しいです。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最後に食べたいのはKFC | トップ | やっとできたカード交換 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL