もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

韓国人に追いつくため1000時間余計に働けって?

2017-06-18 22:43:05 | マレーシアでニャー2017
2日間、家に閉じこもっていました。理由は主に2つあります。

1つはちょっと風邪気味だった事。ここ1週間、それほどひどくはなかったのですが、喉と鼻に来る風邪でした。他人からうつった感じ。でもウェルチでビタミンCを補給、ストナ・デイタイムを1日2回飲んで、リステリン紫のでうがいして(本来の用途とは違うけれど効きます)なんとか持ち直しました。

2つ目の理由は、オシロスコープです。中国から買ったオシロスコープ、こう言うのって最初だけはちょいオタクにならないとダメなんです。最初しかちゃんと覚える機会って無いものなんです。後になるとだんだんと気持ちが薄れてしまうので覚えるにも覚えられなくなったりしますから。

最初にパソコン使った時なんかもそうしました。色々なことやってみて何がどうなっているかだいたい把握すればそれで良いわけです。いろいろありますけど、1週間と決めてちょいオタクになると良いです。全部わからなくてもどこ調べれば良いかとか、ざっくりこう言う物だってだけで後の楽さが違います。


それはそうと、この2日間、ずっと猫たちと過ごしていますが、最近はあまり無かった経験です。普段は仕事に出ていますし、キャサリンさんがいる時は休日に出かける事も多いので。それで、猫についてわかった事は、これがよく寝るんです。1日24時間のうち20時間超えて寝てるんじゃ無いでしょうかね。朝5時とか6時、目覚ましが鳴る時刻の前に来て腹減ったと鳴きます。

食べて少し外に出て多分オシッコしに行ってると思うのですが、すぐに戻って来ます。それからずっと寝てます。夕方になってお腹空いてごはん食べてまたちょっと外に出ますがそれほど長くはないです。帰ってきて寝ます。人が探せないようなところで寝ます。夜、起きてきてちょっと元気になります。でもかまってやらないと床で寝てたりします。家にいないなと思うと外の車の下で寝てます。

猫ってこんなに寝るものでしたっけ?

でもまあ、寝ててくれると助かります。時々外で喧嘩の声が聞こえると助けに行かないといけないです。うちのはどっちも喧嘩の経験が浅いので怪我し易いのです。だから寝てた方が平和です。人間も戦争とかいろいろ争いなんかしてるより寝てた方が良いかも知れません。経済の仕組みから言ってそうはいきませんが。

世の中、特に日本なんかはこの時代でも時間を余計に仕事に費やさないといけない事になっているようです。それで働き過ぎとかで公休を増やすようにしてますが。そうした政策から今はあまり長時間働く事が出来なくなっているとか。そんな話をトヨタ自動車のなんとか取締役って言う人が言っていたとある記事に出ていました。

韓国に比べると日本の若者は年間にして1000時間も労働時間が少ないそうです。氏曰く、だから日本の若者にも時間を気にせずに働けるようにしてやりたい。そうでないと技術の伝承が出来ないとかなんとか。

おそらく、氏は若い頃かなり長時間働いてそれがか、その業績がかわかりませんが、認められて今の地位に上がって来られたのでしょう。言っちゃ悪いと思いますが、今もこんな長時間労働の成功体験と言う亡霊が日本には蔓延っているのでしょう。結局、今の若者にも同じ体験をさせないといけない、つまりは同じに出来ないと考えていると思われます。そこの時点で止まってしまっているのです。

でも、それ言ってるのが日本を代表するトヨタの人ですから驚きです。トヨタだってAIとか自動運転とかコネクテッドとかものすごい新しいものを積極的に取り入れようとしてる会社ですよ。この印象のギャップに吹き出してしまいそうです。つまりはそう言うものを取り入れる姿勢っても、そんな程度なんでしょうね。車乗る人の生活や意識までは変えない、他社に遅れを取らないように使って上手くオプションとして付けておけば良いような、そんなものなのじゃないでしょうか。

でも人の意識ってそんなものだと思います。今の状態が変わらなければ良いとどこかでいつも少しは思っている。

でも、今やらなきゃいけないのはそこで先に進む事じゃ無いかな。時間気にしないってでって言うのは長く働くって事ではなくて、お仕着せのタイムテーブルを気にしないで自分で決めて時間で働くって事だろうし、それでもっと効率良くできていろいろな面で良くなるようにと考えるべきだろうに。結局日本はまだそのあたりに留まり続けているわけなのか、と思ったこの2日間でした。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 突然気付いた事 | トップ | ぶつかる人、ありがとう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マレーシアでニャー2017」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL