もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

付け払いで昼飯 116円

2017-06-22 13:38:40 | マレーシアでニャー2017
さっき昼ご飯を食べにでた。

いつも行っているマレー食堂はラマダン中で今日も休みなので、その先のインド食堂...食堂って言うのが良いのか屋台なのかわからないが、何しろそこで食べようと車を出した。数百mのところなのだけれど、歩くと往復で10分ほどかかってしまうかもしれないので車だ。

さて、到着、とポケットが軽い。財布忘れた。近所なのでいつもバッグは仕事場に置いて来る。財布と車のキーだけで出るが、なぜか財布忘れて出た。車なので取りに帰ろうかとふと思ったけれど、そうだ、付けがきくかな?、と思いおばさんに言ってみた。

今お金持って来てないんだけど、明日払うから食べてっていい?

快くOKしてくれた。普段あまり笑うとかニコリともしないインドおばさん、今日はニッコリ大丈夫、大丈夫と。ありがたい。

鶏レバーと砂肝の揚げ物と野菜の煮たのをご飯にのせていただいた。氷水と合わせてRM4.5 (116円)。明日払おう。



最近、プレジデント社のメルマガを読んでいる。プレジデントのは日経とちがって項目がそう多くないから読みやすい。それに日経や他の新聞社と違って新聞風に先を競って新しい出来事を記事にする必要が無いって事なんだろう。毎朝記事はたぶん10個以内位かな? でもタイトルを見て面白そうなのしか読まない。だから1日に1つとか2つとか、たまにはゼロ。

で、プレジデントで面白いのは、クラブのママとかホステスが出世する男はこうだ、みたいなのをよく出してくる事。お金ある人がそう言う店に行くのは間違いないかもしれないけれど、それだけの視点で一方向にこうだって結論出して良いのかなと、ちょっと思ったりもする。

もしかして、プレジデントの記者ってそう言う店で飲んで経費で落とすのかな?


それで、その中に(しっかり読んでるじゃん)、付けで飲むのも出世する人だってのがあった。お金が無いからってわけじゃなくて、付けにしてもキチンキチンと払ってくれる人の方がちゃんとしてるって言う事らしい。お金持ってて現金でバッサリ払うってのは長続きしない客だったりとも。

自分の場合もともとお酒なんか飲めないからお酒にお金払うなんてもったいないとしか思えないし、まして注いでもらうだけで何倍とかになってしまうと言うのは想像を絶する世界なのだ。貧乏性だから高額の付けなんてもっての外。車程度ならローンなしに現金で買いたい派なので、プレジデントで出てくるような人の仲間にはとうてい入れそうもない。

せいぜいインド食堂で財布忘れて付けにしてもらうのが関の山なのである。


でも、プレジデントが話題にしないところには出世する人っていないのかな? Googleのシュミット氏とかビルゲイツ氏とかって飲み屋で付け払いするんだろうか? どうもプレジデントの取材範囲から外れてる気がするけど。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リストラ候補、ずっと座らせて | トップ | いよいよ仕事クビか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マレーシアでニャー2017」カテゴリの最新記事