もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

辞めちゃうんだってっさ

2017-05-16 13:48:41 | マレーシアでニャー2017
アシスタント、辞めちゃうんだってさ。

ちょっと前に聞いた。新人さんがたくさん入って部門毎のメンバーリストを人事からもらった時にエクセルのセルの角の所に三角くじみたいな赤いマークが付いていた。何かな?と思ってクリックするとこのセルへのコメントだった。そこにX月X日付で退職と書いてあった。

その時にはまだほとんどの人が知らなかったらしい。人事とある一部以外は。


アシスタントなのでこちらに何か言って来ても良さそうなものだが、それはもとから期待していない。だって、自分で自分のやるべき仕事はわかっているから何も言わないでくれと言っていたので放っておいた。たまにどうにもならなくて尻拭いしてやるのがちょっとあるだけだったから。

まあ、マレーシア人なので他人にとやかく言われるのが嫌いなのだろうし、言われればプライドが傷付くのだから仕方ない。それでこれまでの結果はどうだったか? 言わない。特別な事は何もなく、お手柄と言えるような事は無かったかと思う。それだけ。


今辞めてしまうとはちょっと思ってはいなかったけれど、最初にこの工場に来た時に、長く続く人間じゃないとは感じていた。その理由は前の会社がここよりずっと規模が大きかったし、有名な会社だったから給料はもしかすると下がったかもしれないなと。給料を下げてでもこの、(あっちの工場もちょっと華やかさに欠ける場所にあったけれど、ここはさらに上を行ってしまう)何とも言えないところにある何とも言えない工場なんかに来るのだから何か不満とか限界とかそうしたものを感じて辞めてきたのだろうと。


そして実際に働き始めて、そして自分のところのアシスタントになって仕事を見てみると何となく最初の印象が正しそうだと感じるようになった。プライドが邪魔して知らない事を知らないと言えなかったり、だから新たに学ぶ事もできなくてすぐに限界に到達してしまうようなのだ。

まあまあ何ともホントにマレーシア人らしいと言えばこの上なくマレーシア人らしい。下に命令する立場、他人よりちょっと有利な立場とか、もちろんこれ以上勉強なんてしなくても済む立場になるとそこから先が無いのだ。それで何か楽しいのかと思うけれど、そんなものなのだと思う。


そしてきっとここでXXX位のポジションだったと言って別のところで仕事を得るのだろう。ポジションロンダリング? それもマレーシアならアリ。ある別の会社だと別に自分が何するでもなく毎日怒鳴るのが仕事みたいなのも見ているから。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きなこ、喧嘩より逃げる方法... | トップ | もらった物を大切にしないのか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL