もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

映画「NIKITA」 -愛は人を完成に導く

2006-01-08 20:21:47 | 映画って !
愛とを知る事は人を完成に導くものだろうか。

フランスでは子供は人間ではないものとして扱われると聞いたことがあります。人間として完成していないからです。NIKITAは20歳近くになっても人間になれなかったのです。愛と言うピースが足りなかったから。

充分な母の愛を享受できずに育ったNIKITAはそれ故に殺人マシーンの素質を持つのだが、皮肉にもマシーンとして完成してから愛を知る事で今度は人間としての完成の過程に入ってしまう。そうなればもう、殺人マシーンでいる事とは両立しない。

さらにその愛を与えた男とも分かれなければならない運命。さらなる皮肉。愛の悲しみまで知ることになるとは。



(結果:サスペンスでありながら詩情豊かな作品だと思いました。)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「BLOW」 -時間が無い | トップ | 映画「NIKITA」とそのリメイ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (楽蜻庵別館 みのり)
2006-01-09 20:37:37
TBありがとうございました。

orang-uさんの見方、面白いと思いました。

コメントを投稿

映画って !」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

ニキータ (のんびりと映画日記)
 何とも物悲しい話であった。序盤は子憎たらしいニキータに対して同情することも出来ず、何故、ボブがそこまで見込んだのか理解に苦しんだ。警官3人を殺した犯罪者に対してである。ところが、プレゼントに銃を渡され、殺害を命じられるあたりから物語が加速していく。
映画「NIKITA」とそのリメイク2作品 (もんく-秘密の映画生活-日本を後に...)
「NIKITA」とそのリメイク2作品を見ることができたのでまとめておこうと思います。 最後に「NIKITA」を見たことで、これをリメイクしたくなる気持ちが少しはわかったような気がします。 まず、「POINT OF NO RETURN」(アサシン)ですが、主人公の逃れられない生い立ち、特に
<ニキータ>  (楽蜻庵別館)
1990年 フランス 118分 監督 リュック・ベッソン 脚本 リュック・ベッソン 撮影 ティエリー・アルボガスト 音楽 エリック・セラ 出演 ニキータ:アンヌ・パリロー    マルコ:ジャン=ユーグ・アングラード    ボブ:チェッキー・カリョ    アマン