もんく [英語ダメでもマレーシアで働いてみたよ]

インドネシアや台湾なんかにもいたのです。(since Oct. 2004)

何でもしてあげられるわけではないけれど

2017-02-13 13:58:44 | マレーシアでニャー2017
昼ご飯を食べにいつものマレー食堂に行った。
午後1時過ぎていたのでおかずが少ない。
野菜が全然無くて、高い牛肉と辛い味付けのアジだけ。
こう言う場合は牛肉を選ぶしかない。
野菜が無いのでいつもよりRM1値引きでRM5。

さて帰ろうとすると後ろから声をかけてくる者あり。
自分の管轄でない、隣の作業場でやっているマレーの若者だ。
後でちょっと話して良いか?と。

何の事かは察しがつく。
今の職場からこちらに来たいのだ。


彼は日曜日などに自分でナイトマーケットで何かを売っている。
が、あまりお金にならなくて平日は工場で働く事にした。
もう3ヶ月だったか、半年だったか。


その後話すと、やっぱりその事だ。
職場に飽きてしまったのか、もっとお金が欲しいのか。
賃金なんてそんなに上げられないが、
今の職場だと将来の収入増も見込めない。
なぜなら外国人作業員でもできる仕事しかないのだ。

こっちへ来てもすぐにどうなるわけでもない。
が、将来はちょっと考えないでもない。
そしてちょうど外国人で体調が良くないと訴える者が1名いる。
夜勤の時に1人でもマレーシア人がいてくれるのは有難いと言うのもある。
病院に連れて行ったりする事も無いとは言えないし。

どうなるかはわからないが、検討はしよう。
多少でも何か状況を変えたいのであればそれを助けるのも良いと思う。
何でもしてあげられるわけではないけれど。
『アジア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 液面維持システム その3 | トップ | みんなが中国製iPhone持って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL