そらのおらんだ通信

HP「そらのおらんだ通信」でお伝えしているオランダからの日々のひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大混乱のスキポール行き

2006-01-14 | オランダの生活
昨日のスキポール行きの線路内の故障は一日中続いたらしく、
多くの人が大混乱!だったのではないだろうか。姉と甥っ子も
後で聞いてみたところ、それはそれは大変だったらしく、もうダメだ、
と思ったのだそう。。。でも、ほんと、よく間に合ったわ。間に合った
のはラッキーだった、といっていいのかも。ライデン駅で彼女たちは
他の乗客と共に途方に暮れていたらしいのだけれど、そこで親切
なオランダ人に会い、ハーレム経由のバスの行き方を見つけ出して
くれて、その上スーツケースも途中ずーっと持ってくれたのだとか。
私も間に合った、と聞いたとき、きっと親切なオランダ人が助けて
くれたのではないか…となんとなく思っていたのだが、本当に
そうだったとは。こういう時、やさしいオランダ人が多いなあ、
といつも思う。日本では電車が1分でも遅れたりしたら、皆、いらいら
して人のことを手伝うなんて余裕はないものね。2mくらいのスティング
似の人に会ったら、お礼を言っておいて、と言われたが…会うかなあ?

今日はりすちゃんの1ヶ月のアニバーサリー。長かったような、
早かったような…。りすちゃんは最初から元気一杯であったが、この1ヶ月
でさらにパワーアップ。昨日は朝7時から夕方5時までほぼずーっと
起きていたので、ほとんどつきっきりであった。だんなが帰ってきて
今日はどうだった?と聞くので、「今日はねえ、うつ伏せで歩いたり
ソファでお話したり、階段を上ったり、ダンスしたり、、、私のお腹の
上でトランポリンをしたり、、、最後はプロレスをしてねえ、、、
興奮して泣いちゃった」と言ったらだんなは目を白黒させて
「夢の話をしているの?」。いやぁねえ。もちろん、私が色々手伝って、
に決まっているではないかい(?!)。

夜は最初の頃からまとめて寝る子であったが、ここ2日間は連続9時間!!
お陰で私もぐっすり8時間も寝てしまい…私も元気一杯である。

小野選手のフェイエ退団…悲しいなー。。。あと残るは平山か。
頑張ってくれぃ…。誰か新しい日本人選手、来ないかな~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車のドア

2006-01-11 | オランダの生活
月曜日はりすちゃんの耳の検査だった。
赤ちゃんの耳がちゃんと聞こえているのかどうか、
検査をしなければいけないんだそうで。。。で。耳の検査、
というと、「ぴー」と鳴ったらボタンを押せ!という
イメージがあるのだが…赤ちゃんにはボタンは押せんだろう?
どうやって検査するのかいな?と思いきや、今はもっと世の中
進化していて、ウルトラサウンドだかなんだかのサウンドを送ると、
聞こえれば人間の体から反応がぴろぴろ(?)と返る仕組みに
なっているらしい。

赤ちゃんが静かにしていないとダメなんだそうで、もし
予約時間に大泣きしていたらどうしよう…しかも、外出は
初めてだぞ?と色々心配し、だんなのおかあさんに車で送迎して
もらうことにした。車だったら、さっと行って、さっと
帰ってこれるものね。

連れて行ってもらったところは、私の産院と同じ場所だった。
車を止めて、リスちゃんの乗ったベビーシートを取り出そうとする、
だんなママ。しかも、ドアを思いっきり、隣の車に当てている。
そこへその車の持ち主らしき人たちが現れた。りすちゃんと同じ
くらいの赤ちゃんを連れた母親と、おじいちゃん(?)らしき人。
げ、ドアは大丈夫か?と私がちょっと心配になると、
その母親らしき人が「ちょっと、あなた。あなた。」とだんな
ママに向かって大声をあげている。げげげ。やっぱり、ドアが
当たっていることを文句言おうとしているのか?と私は青く
なった。ここで、口論なんかされちゃあ、、、大変だぞ?

そこにおじいちゃんと思われる人も「おいおい」と来る。
げげげげげ、、、。しかし、だんなママは全然聞こえている風も
なく、必至にベビーシートをはずし、ドアから出そうとしている。
しかもちょっと狭くって出せないんじゃないの?というくらいの
間隔しかドアは開いていない。。。

ところが近寄ってきたおじいちゃんは車に赤ちゃん二人が
乗っているのを見て(りすちゃんとりすちゃんの従兄弟くんも
乗っていたので)、「おやまあ、赤ちゃんが二人もいるね」と、
大声で声をかけ、この間隔じゃ、そのシートは出せないよ、と、
必至になっているだんなママを手伝ってくれた。結局、ちょこっと
車を動かしてくれて、ベビーシートをようやく外に出すことが
できたのだった。

うーむ。子供がいたから親切になったのか、はたまた最初から
そんなつもりはなかったのか。よく分からないが、日本だったら
絶対文句言われそうだなあ。いや、下手すると文句どころか、
ここにキズが!などと弁償させられるに違いない!とおののく
私なのであった。

あ。ちなみにりすちゃんはとっても静かで耳は大丈夫でした。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大失敗…とほほ

2006-01-07 | オランダで妊娠・育児・教育
姉と甥っ子を乗せた飛行機は数分前に無事スキポールに着陸
したようである。自分の飛行機が到着するのもうれしいけど、
誰かを乗せた飛行機が到着するのはもっとワクワクするね。
その逆、誰かを見送るのはもっと寂しいのだけれど。

本当は私が迎えに行きたかったのだけれど、まだまだ一人で遠距離
は辞めといたほうが無難かも…ということで、だんなに迎えにいって
もらった。甥っ子はだんなに会えるのをずーっと楽しみにしていた
みたいなので、興奮かな。それとも、緊張かな。。。
甥っ子は前回日本でだんなに会ったとき、最初は「気持ち悪い!」だ
なんて(ショックだ…)、すごく嫌がっていたのに、お別れした
後は私のことなんぞ忘れてだんなのことばかりいつも姉に話して
いたらしい。。。どーいうことよ?!背が高くって、色が白くって
目が青い人はやっぱり日本男児(?)からすれば、宇宙人なの
かなぁ~。そうだとすると、ここは宇宙人だらけだな(笑)。

というわけで、いつもと変わらず、りすちゃんと家でお留守番の
私。すっごく泣き叫ぶので、どうしたこうした?と一通り、
オロオロした後、ミルクをあげてみた。りすちゃんはミルクを
拒否したことは今だかつてなく、いつもすごい勢いで飲み干す
ので、「落ち着いて!落ち着いて!」がいつもの私の言葉である。

今日もすごい勢い。最初はぐぼ、ぐぼ。ミルクボトルは誰にも
渡さん!とばかりにボトル掴みまでしている。しかし、最後は
ぜぃ~はぁ~。。。最初は興奮で目がまん丸なのに、だんだんと眠く
なるのか、目が細くなって、最後は「もう、私、どうにでも
して~」というように手もだらんとさせて、とっても幸せそうである。
しかし、その姿を見ると、私はいつも、ビールを飲み干すおやじ
のようだなあ。。。と思ってしまうのである。可愛い顔した
赤ちゃんなはずなのに、なぜビールおやじを連想してしまうのだ?

ミルクを飲んだ後、オムツをチェックする場合は15分おいたほうが
いいですよ、と、クラームゾルフ(出産後にお手伝いに来てくださる
方)に言われたのだが、今日はこの眠たそうにしているミルク直後
にベッドにりすちゃんを運んじゃおう!と、ちょっと焦ってしまった。
で。ミルクのあと、5分後くらいにささっとオムツチェックをしたの
だが…。「どれどれ。あー。うんち、出てるねー。良かったねー。」
とうれしくなってオムツをはずした途端…ぎゃーーーー!

はい。もう。お分かりですね。そう。続けて、うんちがトローンと
出てきちゃったのだった。犬と馬がうんちをする瞬間を見たことが
あっても…人間のその瞬間は見たことがなかった私。ああ…(クラッ)。
お陰であれもこれも変えて…とやることが増えて、りすちゃんの目は
すっかり大きくなってしまった。。。(でも、今は寝ている)。
人間、焦りは禁物ですな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとズレてるお正月

2006-01-01 | オランダの生活
あけましておめでとうございます♪♪♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨日は久しぶりにオランダの大晦日&大花火大会を
経験いたしました。去年は大晦日はパリ、一昨年は
大晦日はこちらにいたけれど、翌お正月の朝からパリだった
ので、大晦日をじっくり家で過ごす、というのはオランダに
来た年以来だったのです。

最初の年は、こんな大晦日&お正月は絶対イヤだ!
と思ったのですが、今回は…。絶対イヤだ!とは
思わないまでも、やっぱり…。なーんていうか。
今回、ああ、こういうことがイヤなんだな、とはっきり
分かりました。それは、ズバリ!!

感覚が完全にズレてるんですよね。日本人の私とオランダの
セレブレーションが。大晦日の私ははっきり言いまして、
「ああ…今年もあと残すところ○○時間だなあ~。今年は
私にとって、○○な年だったなあ。。。ああ、もう2005年
も残りわずか。なんだか寂しいなあ~。」という感覚。
つい昨日も「あと3時間で今年も終わりだね。寂しいね。」
とだんなに言うと、だんなはきょとんとして、「一体、
何が寂しいの?」という。だんな曰く、大晦日はいつもと
違う日で完全にエキサイティングなワクワクする日、なんだ
そうな。オランダの大晦日の夜には、今年面白かったことを
笑い飛ばそうと、特別なお笑いプログラムが用意されていて、
外では花火がボンボンと朝から断続的に鳴り響き…、皆で
シャンペンかビール、そしてオリボーレンを食べながら飲んで笑って…。

おいおい。ちょっと待った~。お笑いプログラムはやっぱ、
「新春初笑い」でしょう?甘酒、お酒は新春でしょう?大晦日から
飲んで笑ってどうするんやーーーー???

そして翌日のお正月。オランダは何もなく…本当に何もなく。
単なる前日のお疲れ休みとなっているのである。だんなはこの日
初めて「ああ、エキサイティングな日が終わってしまって、
さびしいなあー」と思うんだそうな。え?ちょっと待って?
お正月は新しい年の始まりで、それこそすべてが「新!」で、
エキサイティングなんじゃないのぉ~???私なんかお正月番組、
日本では楽しみにしてるものもたくさんあるしぃ…。

…。と、まあ。こんなわけで、お正月と大晦日の感覚が完全に
入れ替わっている、というか、ズレちゃっているんです。私と
オランダ。そういうわけで、イヤだなあ、つまらんなあ、と
思うのだ!ということがはっきり分かりましたわ。

昨日上がっている花火は綺麗だったけれど…なんだかひゅーっと
いう音が物悲しげに聞こえ。。。こんな感覚で花火を見ている人は
きっと私くらいしかいないに違いない!と思いつつ。。。
ちょっと「もののあはれ」的な感情になっていた私なのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男女の違い?

2005-12-29 | オランダで妊娠・育児・教育


オランダはずいぶん寒いみたいで、朝起きたら白かった?
私はかれこれ3週間も外にでていないので、外の様子がさっぱり
分からず…。外に出ないと、天気予報もチェックしないし。

私は…といえば、やっぱり疲れたのか、昨日は体がぼー…。
食欲もなくなってイライラが収まらず、こりゃ、ダメだ。。。と
いう感じでした。考えてみると、リスちゃんが生まれる前から、
やれ蕁麻疹だ、やれお腹が痛くなるだ、と浅い眠りばかり。
生まれてからは、リスちゃんとの生活に慣れていないのか、
これまた寝るチャンスがあっても、すぐに目が覚めてしまい、
2時間以上ぐっすり寝た、という記憶がないような。。。今も、
「赤ちゃんが今泣いた気がする?」と過剰反応になっていて、
ちょっとした音に反応してしまう自分がいる。

これではよくないわ…と、昨日は、夜中にリスちゃんが起きた場合
はだんなに面倒見てもらうことにして(うちはミルクなのでそれが
可能なの)、私は心置きなく3階のゲストルーム兼私のお部屋で
寝かせてもらうことにした。。。その結果。私も、リスちゃんも
朝までぐっすり!おお~、久しぶりに5時間ぶっ通しで寝たよ。
リスちゃんも昨日は、昼過ぎからずっとぐずっていた(最後は、
ぐずりというか、絶叫?)せいか、疲れたのね。。。

それにしても。だんなは音には敏感ではないのだなー、というのが
ここ数日でよぉく分かった。私はもともと将来は泥棒家業?という
程、ソロソロと音を立てないように家を歩く癖がある。特にリス
ちゃんが生まれてからは、人一倍音に気をつけてるのにぃ。
だんなはお構いナシに、がちゃんどちゃん。。。もちろん、
ラジオの音もお構いなし!!私は、寝不足でイライラしている
ためか、もうそんなだんなにイライラ~!!!…たぶん、今は
私のほうがリスちゃんより音に敏感になっていると思ふ。。。

夜寝ているときも、リスちゃんが泣き始めると私はすぐに「お!」
と起きるのだが、これがだんなは…泣き声が大きくなっても起きる
ことはなく。。。この繊細さと図太さの違いって、やっぱり、
男女(というか母親と父親)の違いなのかしらん?それとも
だんなだけ?どーなんでしょ?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オランダ人監督たち

2005-12-11 | オランダサッカー
抽選会の次の日、だんなはさっそく新聞に載っていた
対戦表で嬉々とW杯予想を立てていた…。結果。
日本→グループリーグ敗退(オーストラリアを2位に選んでいた)
オランダ→準優勝
ちなみに優勝はイングランド
…で。ケンカ。ま、大したケンカにもならなかったが、
そうでなくとも体が言うことを聞かず、機嫌が悪いのに、
なんでまた土曜日の朝からこう機嫌を悪くさせるのさ?

まぁねえ。ほんと、ヒディング・マジックは今年のPSVの試合でも
まざまざと見せてもらっているからさぁ~…日本、やばいぞ、
とは思うんだけどー。でも、ちょっとは妻の顔を立てても
いいんでないの?ぷんぷん(←けっこう根に持っている)。

しかし。このヒディングさんという人は、現在PSVの監督と
オーストラリアの代表監督と両方を兼任しているんだけれど、
およそオランダ人とは思えない多忙ぶりだね。これほど忙しいの
が好きなオランダ人って…あんまりいないんじゃ?仕事しなくて
よいのならしないぞ、てのがオランダ人だもんねぇ~。普通。
今日は試合もあって、夜はスポーツ番組のコメンテーターにも
出て…ぺらぺらとご親切にあれこれしゃべって。いったい
いつ休んでるの?て感じ。絶対影武者がいるか、双子なんだよ、
きっと!とついついそんなことを考えちゃうわ。。。
(ジーコ、呑気に休暇で国に帰ってる場合ではないって~…。)

今日はPSVとフェイエノールトの試合があって、オランダの代表
監督とコーチも見に来ていたんだけど、彼等が試合中パタット
(フライドポテト)にかじりついているシーンが映ってバカウケ。
普通、こういう人たちはスポンサー席かガラスに囲まれた特別
席かそういうところにえらそうに座っているのが普通じゃなぁい?
なのに二人してちょこんと座って試合もそっちのけで、フライド
ポテトの袋をほじくるようにして必至になって食べているん
だからねえ(日本で言うとカップラーメンをすすってる感じ?)。

この試合にはプレミアリーグのチェルシーからも視察の人たちが
きてたけど、この人たちはえらそうに座ってたなあ。やっぱ、
紳士国イギリスと庶民国オランダの差かしら?…というか、それが
普通なのか。まぁ。でも。私はそんな飾らないオランダ人が
好きだわ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

W杯抽選会

2005-12-09 | オランダサッカー
いやぁ。W杯の抽選会…ドキドキで楽しかったです。
朝からけっこうドキドキしていて、私ってもしや暇人…?!と
自分で納得してしまいました。最近、寝る&食べる&本を読む&
お風呂(シャワー)に入る、ことくらいしかしてないもんなぁ~。
笑っちゃうけど。まぁ、こんなに呑気なのもあと○○日だ、と
いうことで…この生活を満喫することにしませう。

オランダでは夜8時30分の抽選会開始とともにテレビ中継が始まった
のですが、最初はドイツ語ばかりで全然分からん!て感じ。。。
たまにオランダ語で訳されたりするけど、そこで訳して貰っても
ねえ。この抽選会では英語は完全に第二、いや、第三外国語に
なっているのでした。。。(最後の抽選段階ではドイツ語訛りの
英語の説明があったけれど)。あまり面白くない抽選前の
パフォーマンスが終わった時点でホッとした私なのでした。

で。抽選。オランダは「死の組」といわれるC組になりました。
日本のポットが抽選される前にセルビア&モンテネグロがこの組に
入ることが決定し、私はがっくし。ここに日本が入れば面白かった
のになぁ。残念だ…。オランダが引かれる前、「ここにオランダ
が来る!」となんだかピピピという直感が働き、本当にオランダ
が来たので、びっくりしました。妊婦の直感?…違うか。

だんなはオランダが「死の組」になってけっこうがっくりしてた
みたいだけど、監督はとってもうれしそうでしたねぇ。どこも
攻撃的なサッカーをする国ばかりで、楽しい試合になりますねぇ~
てな感じに。。。少年みたいな顔してるなぁ、この人、本当に
楽しそうだ、と思っちゃいました。

抽選会が終わったあとにはオランダの4人の監督(トリニダード
トバコ、オーストラリア、韓国、オランダ)とヨハンクライフが
勢ぞろいで、皆で番組会談。日本でもこんな風に監督がリラックスして、
出てくるかねえ?オランダってやっぱサッカー王国なんだな、と
改めて思ってしまいました。日本にとっては、オーストラリアの
ヒディング監督が大きな壁になりそうですねぇ。初戦ですしねぇ。

なんだか思いつくまま、ぽんぽんと書いたので、まとまりのない
ひとりごとになってますがー…。W杯、楽しみだな。時差なく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

W杯抽選まであと2日

2005-12-07 | オランダサッカー
昨日W杯のシード権が決まりましたねえ~。もう抽選会の日を、
楽しみに、楽しみにしていた私としては、ついに明後日だぁ~!!
とワクワクドキドキです。前回はそれ程ドキドキしなかったので…
それだけ私がまたサッカーが好きになった、ということでしょうか?
やっぱりこちらに来て、色んなサッカー(特に欧州)が身近になった
からなあ。日本にいたときは、日本だけに関心あり、て感じだったから。。。

どういう組み合わせになると最強グループになるのだ?とか、どこに
日本が入ると面白いのだ?とか、オランダはどうなるのだ?とか…
考え出すと止まらない~。。。!たとえば、最強グループの可能性
としてはブラジル、コートジボワール、オランダ、アメリカなんかの
組み合わせでこうなるとほんと死の○組になっちゃいますね。。。

まあ、こうやって私が今日ジタバタ!としたところで、どうにもなる
わけでもありません。明後日までおとなしく待たなければ。
日本とオランダが当たれば面白いんだけどなー。日本にとっては
最悪かもしれないけど(日本はオランダには勝てないと思うので。。。)。
でも、オランダが日本にとって身近になるビックチャンスだものね。
当たらないかなー。当たりますように!!

時々
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耐震強度?

2005-12-01 | 日々のつぶやき
ずいぶん、寒くなってきましたね。最近、なーんだ、
それ程寒く無いじゃん?と思うことが多かったため、きっと
寒さに弱い私もオランダの天気に慣れたんだー、なんて呑気に
思っていたのだけれど、そんなことはなかった!寒い!!
お天気情報を見ると、確かに最高気温3度…。寒いハズです。

最近、外に出るのが大変になってきた。何がどう大変なのか、と
いうと、靴が履けないのだ!!ここ1-2週間で足がものすごく
むくんでしまったようで、自分の足を自分で見ても、うぎゃー、
なんだこれは?という感じ。もともと足は冷えるタイプでは
ないため、本格的にむくんだ経験(?)ってなかったみたいで
そうかあ、これがむくみか…と、なんだか実感…してる場合では
ないのだって!一生懸命足をさすったりしつつ…えいやぁ~!
と靴を履く日々なのであります。

ところで日本は今耐震強度の偽装問題で大揺れですな。近頃
ほんと毎日のようにアチコチで地震がある中で起きたこの問題、
住んでいる人の心境はいかに…という気がいたします。私が
こちらに来る前に住んでいた同じ町内のマンションも思いっきり
そうだったらしく、ええ、あそこが!!とびっくり。新築の
マンションをようやく手に入れた、と思ったら出て行ってください
だなんて、ほんと酷すぎるわ。私も結婚せずに日本にいたら
マンションを購入していたと思うけど(お家は前々から欲しかった)
こういう問題があると高いお金出して、えいやぁ~!と一発
買いするほど恐ろしいこともないね。まぁ、私の場合、値段も
安い中古を買っていたと思うので、これらのマンションに当たる
ことはなかったと思うけど…。

しかし、地震国ってコワイなあ、と思う。オランダに来て
3年ちょっと。やれ天気が悪いだぁ、寒いだぁ、不便だぁ、
と色々文句はあるけれど、地震がない!という程素晴らしいこと
はないと思う。普段、毎日「ふふふ、ここは地震がないから」
と実感することはないけれど、でも、心のどこかでは安心感が
ほにゃー、と広がって生活しているような気がする。もちろん、
温暖化が進めば、海水が上昇して土地が、洪水が…と色々問題
もあるが、それでも、突如やってくる地震がないのはかなりの
アドバンテージである。

というわけで、自分の身の危険の心配はそれ程ないのだが、
やっぱり家族や友達が大勢住む東京に大地震が来たら、どうなる
んだろう~?とそれはかなり心配。きっとここから連絡なんて
容易に取れないだろうし、緊急時の身元確認だっけ?なんだか
そんなのが電話やテレビで出来るらしいけど、それって国内の
人専用でここからじゃ、にっちもさっちもいかないものね。
阪神大震災のときは、皆どうしたんだろう?あの時は海外に住んで
いなかったから、海外から見る目、ということを考えたこと
なかったな…。

ともかく。耐震強度偽装のマンションだけでなく、実際に大きな
地震が来たらどんな家やアパートが倒れるとも限らない。きっと
今日本に住んでいる人たちは皆そんな気分で一杯だろう。
願わくは地震が来ませんように…。来ても建物は倒れません
ように…。遠くオランダからもそんなことを願ってしまう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本食材店

2005-11-23 | 日々のつぶやき
ソフトバンクの城島選手がシアトルマリナーズに入団することに
したポイントが日本食材店の存在だ、という記事をインターネットで
見た。ご丁寧にもその食材店のリンクまで貼ってあり、ついつい
リンク先に飛んでしまう。「宇和島屋」と呼ばれるそのスーパー
は、オランダの片田舎に住んでいる私からすると「す、すごい…」
の一言。さ、さすが、アメリカはちゃうなー…(←っていっても
私が住んでいた町、バッファローにはそんなものはなかったが…)。
シアトルといえば、日系人が多いことでも知られるが、今や、なぬ?
6,000人も住んでいるの~?そりゃ、すごいや。オランダ
なんて全部で6,000人ちょっとだもんねえ。。。びっくり。
充実した食材店があって当たり前なのかも…。

オランダに来る前は、住むのは別にどこでもいいや~、と思ってた
けど、今だったらどこもかしこも遠すぎる…という場所は選ばない
かも。来た当初は日本食なんてあんまりこだわりもなかったけど、
妊婦になったり、つわりになったりしている間はやっぱり…
懐かしい美味しいものが食べたいもんねぇ。あ、私の言っている
日本食って、そんなすごいものじゃなく、しょうゆとかお酒を
使ったベーシックなものなので、あしからず…。

私の住んでいる町からロッテルダムまでは地下鉄でいけるし、
だんなが毎日ロッテルダムに出ているので、ロッテルダムの
食材店で基本的なものは手に入るのがうれしい。最近、中華店
でも日本食の扱いがどんどん大きくなっていて、この間行ったら
棚が3棚に増えていた。比較的値段も高くなく、うれしくなって
ドレッシングやらふりかけなんかを購入したんだけど…。前は
期限切れの怪しげなものしか売ってなかっただけに、おお~!
と喜びもひとしお…。あ、こんなことで喜んでるくらいじゃ、
宇和島屋もまだまだ遠し…てか???

コメント
この記事をはてなブックマークに追加