帆船模型で遊ぼう!!

1から始める木造帆船

4湯目

2016-10-18 06:58:36 | 温泉

あちこちの温泉を体験しようと、前回のスパポートと一緒に、大枚払ってこんな冊子も買ってます。

 

                                   

 

事細かに各温泉の情報が、1湯毎に載っています。

 

                                   

 

当然、その場所の地図もあり、駅からの移動距離もほぼ分かります。

おらっちゃのターゲットは、先ずは駅から徒歩圏内の湯です。それが完了した後、次の方法考えたいが、多分それまでには・・・・。

この駅周辺にはかなりの温泉があり、次の方法考える必要なさそうです。

その選択方法は、先ずは安価な銭湯代、次に泉質の種類、駅からの距離を勘案して温泉を選択します。

今回はここです。

この地の典型泉質で、駅からもそこそこ、さらにはあのラーメン屋にも近いと、3拍子揃っています。

地図があるとはいえ、初めての場所そー簡単には・・・・。

と思っていたら、こんな感じで容易に見つけました。

 

                                           

 

流石、湯の街、真昼間から人が温泉前のベンチに屯しています。

 

                                    

 

入口の様子はこんな感じで、貸し切りも可能な様です。

 

                                                      

 

ここの湯、金気とエグミはここの温泉地の典型と書かれているので、期待して入ります。

当然入湯料も考慮して、ピン、キリの値段が上の冊子に書かれているため、キリを先ず制覇の思いで選んで行ってます。

ここの風呂の形状が、この温泉地における風呂様式の典型の様です。

 

                                     

 

飲用もOKですが、2L以上は飲むな!!と書いています。

そんなに飲む人いるのかな?と思うが、いるから注意書きがあるんでしょうね。

 

                                     

 

飲んでみると、思ったほどの金気もエグミもありません。

ただ、湯の温度が予想以上に熱く、1分も浸かっておれません。

ものの10分もおらずに上がります。結果、B/C的にはちょっと高いかな?

とはいえ、僅かな時間浸かっただけでも、湯冷めはしません、これぞ温泉です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旨いかな? | トップ | 新たな観光 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。