柿のヘタ

2016-10-31 11:04:34 | タナカ君的日常
 渋柿を吊るして出来上がった干し柿を食べる日々が始まった。 軒下にヒモに吊り下がった柿を鋏で切り離して 「美味しく出来た・・・」 と思いつつ食しているのだが、 紐を結んでいたヘタの部分に眼が向く様になった。 T字型に整形した枝の先端に在るヘタの厚さは1mmほどで、 乾燥したそれはベークライトの様な硬さを感じる物になっている。
 このほぼ四角形のヘタの周囲には緑色で葉っぱと同じ様な材質の物が縁取っているのだが、 皮を剥く際に邪魔だからむしり取ってあります。


 柿の実がくっついていた側がこの写真。 なんだか「子宮内部で赤ちゃんに栄養を供給するへその緒の胎盤側もこんなんじゃなかろうか?」 そんな想いに捕らわれます


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6号機の解体とセットアップ | トップ | 自信喪失している »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。