八方塞がり

2017-05-11 09:39:21 | タナカ君的日常
 今朝は囲碁仲間や地域センターなる公的な施設の3人と1ヶ所に電話を掛けた。 今から30分ほど前、9時過ぎての事だ。 しかし12回ほども呼び出し音を鳴らしても電話を取ってもらえなかったり、 伝言モードに切り替わったりしたために、全ての通話を諦めた。

 いつもなら木曜日の囲碁対局は公民館のロビーのテーブルで行っていたのだが、 春季の「公民館祭り」なる催しを目前にして、 ロビーは 写真・生花・習字・水墨画などの 公民館で活動するクラブの展示のためにスペースが占拠されて。 囲碁で遊ぶ事が出来ないのだ。 それで、別の施設を利用させてもらえないか? 囲碁仲間の誰かの家で遊ばせて貰えないか? 問い合わせるために電話を掛けたのだった。 しかし誰とも連絡が取れなくて。

 「誰も電話に出ないよ・・・」 そんなぼやき言葉を呟いたら、

 それを聞いた妻の口からは 「四面楚歌だわね」 の言葉が出たが・・・

 ちょいと適切な感じがしない 「八方塞がり」 じゃあないかな?!

 でもこれも少し大袈裟かな? でも白髪三千丈の国からの借り物だから、良しとしようか。 それとももっと適切な熟語があるかなあ?!

 仕方が無いから、 安曇野から車に摘んで持ち帰り、 まだ車室内に積みっぱなしになっているゴミの類を片づけたり、 損傷している車のウインドウワイパーを交換、 そんな事で暇つぶしをしましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 強風の中での火事多発 | トップ | カッコー初鳴き@2017 ・ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。