落とした財布が戻った話

2016-12-31 16:20:36 | タナカ君的日常
 昨晩(30日)ショージ君の山荘で嬉しい話を聞いた。

 「今夜は留学生達が遊びに来ています、 ベトナム料理の夕飯を一緒にどうですか?」 昼間にそんな内容のメールがショージ君からあった。 その夜は降雪の期待も持てない気象条件だったから、 雪の結晶撮影は期待薄。 喜んで夕食の時間に山荘に出かけて行ったのです。

 そこで聞いた嬉しい話。 初めてのスノーボードを楽しみにやって来たベトナム人4人組、 一人が鹿島槍のゲレンデで転んだ際にどうやらチャックをきちんと閉めていなかったスキーウエアのポケットから、 知らぬ内に財布が落ちてしまったらしいのだ。 しかし、 そのゲレンデに落ちていた財布を拾った人がパトロール辺りへ届けて呉れた様で、 無事に落とし主のベトナムから来ている20代の若者の手に戻ったのです。

 「日本と言う国、 そこに住む日本人に対して、 とても好印象を持った事」を語ってくれました。 日本人全員がそんなに良い人ばかりじゃ無い筈だけど、 喜んでもらえて本当に良かったです。

 夕食後には 「また遊びに来たら会いましょう!」 とお別れして全天・星空の中を”ひのみのの家”に戻って来た。


 ところで「29・30日の2日間は長野県では降雪が見込める」との予報で写真撮影目的で出かけて来たのだけれど、 実態は29日の夜から30日の未明に掛けての、 言って見れば「一晩だけの降雪」 だった。  30日の日中は陽射しが燦々、 引き続く31日の今日も降雪の見込めない一日で、 午前中は四季山荘のオヤジの所を再訪したり、 午後もこんなブログを書いて暇を潰して居るのです。 明日の元旦以降も降雪予報は暫く無し。 渋滞の酷く無い明日の内には東京へ戻る事にします。

 「皆様 良いお年を!!」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6号機で本番撮影 | トップ | 照明条件の実験開始 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

タナカ君的日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。