名古屋から発するブログつぶて・凡人のひとりごと

身の回り、世間のできごとをを日記風に記す(紙つぶてならぬブログつぶて)。

核禁止条約の交渉開始へ国連委員会採択、日本はこれに反対

2016-10-29 22:04:58 | Weblog
2016.10.29(土)
 国連総会第一委員会(軍縮)は27日(日本時間28日)、2017年の「核兵器禁止条約」制定交渉開始を定めた決議案を賛成多数で採択した。
 ここでいう核兵器禁止条約とは、核兵器の開発や実験、保有、使用などを全面禁止しようという条約で、現段階ではまだ構想段階に過ぎない。しかし、核兵器を非合法化する作業が始動し、核廃絶に向けた具体的な取り組みが本格化する点で画期的な動きである。
 採決では、途上国を中心に123か国が賛成、米、英、仏、露など核保有国など38か国が反対し、中国など16か国は棄権した。
 問題は日本の態度である。唯一の被爆国として、また原発事故を引き起こした日本がアメリカの核の傘から抜け切れず、本来なら先頭を切って賛成すべきところ、棄権でもなく、何と反対にまわったのである。その言い分は、北朝鮮情勢が緊迫化しており、米国の「核の傘」に守られている現実から、「核軍縮は核保有国の関与が不可欠であり、国際社会の総意の下で進めるべく現実的な議論の積み重ねが必要で、空論に与しない」というものである。
 一方で日本は、各国指導者らへ被爆地訪問を呼びかけた別の核兵器廃絶決議案を主導し、採択された。核兵器禁止条約に反対しながら廃絶を訴えるという実に分かりにくい態度である。これでは被爆国としての存在感はどこかへ行ってしまう。
 広島と長崎の被爆者たちは、決議案の採択に「一歩前進」としつつも、日本が反対に回ったことには「裏切り行為」と怒りを込めた。核保有国と非保有国との亀裂が深まり、対立が激しくなることが予想される中、日本は唯一の被爆国として本来、両者の橋渡し役を果たすことが期待されているはずである。被爆者たちも「本来先頭になって廃絶を叫ぶべきだ」と主張している。
 何もかもアメリカの言うままになっている日本政府のあり方、その自立心のなさには情けないというしかない。
 この日、中日新聞に載った平和の俳句は「しあわせの人はせんそうしたくない」(野口しずゑ(69)ソドニー市在住)であった。選者の一人のいとうせいこう氏は「まさに箴言。そこで不幸せを多発させて権力者は戦争へと人を導く」と解説している。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三笠宮さま逝く | トップ | グランパス 屈辱のJ2降格 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL