紅蜘蛛の樱花

紅蜘蛛 威哥王 巨人倍増 インモラル RU486

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おとうさん 役立たず

2016-10-12 14:00:29 | 小説
発熱から回復した娘が夕食の前に母親に小さな悪態をついた。
ほんのちっちゃな。
花痴

横で聞いていた長男がその言葉を 見逃さなかった。

『あんなに優しく看病してもらって よくそんな口がきけるな!』
中国精力剤
エロおとうさん 離れた場所でエロサイト巡りの真っ最中。


皆んなにマイペースと言われている長男がそんな事を言うとは‥驚いた。


いつの間にか成長してます。
身長だけじゃなく‥‥
媚薬
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィパッサー瞑想 | トップ | アホのひとつ覚えで支持する »

小説」カテゴリの最新記事